新着Pick
SPD2FJRK1OQ32QYE
組込みシステム開発
JPN

組込みシステム開発 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
システム開発
>
組込みシステム開発
携帯電話などのモバイル通信端末や家電製品、自動車、産業用機器など様々な分野のハードウェアに組み込まれ、特定の機能を実現するためのソフトウェアやシステムを開発する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
8Picks
TLS1.3はIoTデバイスに最適な暗号化技術、キヤノンITSがデモを披露
MONOist
|
キヤノンITソリューションズ(以下、キヤノンITS)は、「第21回 組込みシステム開発技術展(ESEC2018)」(2018年5月9〜11日、東京ビッグサイト)において、同年3月末に仕様が確定したTLS(Transport Layer Security)1.3のデモを披露した。
8Picks
指先にのる小型モジュール、7種のセンサーを搭載
EE Times Japan
|
エレックス工業は「第20回 組込みシステム開発技術展(ESEC2017)」(2017年5月10〜12日、東京ビッグサイト)で、5.2×9.0mmという超小型のセンサーモジュールを参考展示した。7種類のセンサーとBluetooth Low Energy(BLE)通信チップ、ARMマイコンを集積する。
7Picks
AI自動運転の実現化支援! PFU社、車載組込みシステム開発用のコントローラの提供開始へ
自動運転ラボ
|
業務用スキャナー大手として知られる株式会社PFU(横浜本社:横浜市西区/代表取締役社長:半田清)は2018年10月10日、AI(人工知能)やIoTなどを活用した自動運転や運転支援の開発が世界的に進んでいることなどを受け、新機能の実用化に向けた開発を支援するために「車載組込みシステム開発用コントローラ」を発売開始すると発表した。
6Picks
中小企業とサステナビリティ(CSR調達・健康経営の観点から) - 三菱UFJリサーチ&コンサルティング
BLOGOS - 最新記事
|
2019年6月24日社会システム共創部 ESGコンサルティング室 コンサルタント 櫻井洋介近年、SDGs(国連「持続可能な開発目標」1)への関心の高まりや、ESG投資(環境・社会・ガバナンスといった非財務情報を投資判断に組み込む投資)の伸長を背景として、企業活動におけるサステナビリティ2の重要性が高まっている。しかし、「SDGsの経営戦略への組込み」、「ESG評価向上も目指した非財務情報の開...
5Picks
BLEに対応した幼児のライフログツール、村田製作所がデモ展示
MONOist
|
村田製作所は「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC2014)」(会期:2014年5月14〜16日)に、Bluetooth Smartモジュールとモーションセンサーを組み合せた乳幼のライフログツールをデモ展示した。子どもの睡眠や食事記録をスマートフォンやタブレットPCに送信し、友人や医師とデータ共有する使い方を提案している。
5Picks
ソフトウェアPLCが加速させるIoTやIndustry 4.0の具体化
MONOist
|
リンクスが2016年5月11〜13日に開催される「第19回 組込みシステム開発技術展」「第5回 IoT/M2M」に出展、生産現場の“つながる化”を加速させるソフトウェアPLC「CODESYS」を紹介、IoTやIndustry 4.0の具体例を示す。
4Picks
ESEC2019&IoT/M2M展レポートまとめ
EE Times Japan
|
人気過去連載や特集記事を1冊に再編集して無料ダウンロード提供する「エンジニア電子ブックレット」。今回は2019年4月10~12日に開催された「第22回 組込みシステム開発技術展(ESEC2019)」と「第8回 IoT/M2M展 春」の記事をぎゅっとまとめた「ESEC2019&IoT/M2M展レポートまとめ」をお届けします。
4Picks
組み込み機器向け「Ryzen」の演算性能は最大3.6TFLOPS、AIも動かせる
MONOist
|
日本AMDは、「第21回 組込みシステム開発技術展(ESEC2018)」において、組み込み機器向けのプロセッサ製品「AMD Ryzen Embedded V1000ファミリー」を展示した。
4Picks
オムロンソフトウェアとNTTドコモ、「ウェアラブル 伝票認識システム」を参考展示
MONOist
|
オムロンソフトウェアは「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC2014)」(会期:2014年5月14〜16日)に出展し、「画像認識ソリューション」を披露。その具体的な活用例として、NTTドコモと共同開発を進めている「ウェアラブル 伝票認識システム」(参考出品)のデモを実演してみせた。
4Picks
スタンドアロン型BLEモジュールとiPhoneとの連動デモを公開
MONOist
|
組み込みシステム開発に必要なハードウェア/ソフトウェア/コンポーネントから開発環境までが一堂に集結する「第20回 組込みシステム開発技術展(以下、ESEC2017)」と「第6回 IoT/M2M展」。ESEC2017で、ユーブロックスジャパン(u-blox)はLTE通信モジュール、Wi-Fi/Bluetoothモジュール、GNSS(全球測位衛星システム)モジュールを展示。未来の製品ではなく、現...
4Picks
IoT機器向け無線モジュール、複数の無線通信規格に1個で対応
EE Times Japan
|
u-blox(ユーブロックス)は、「第18回 組込みシステム開発技術展」(ESEC2015/2015年5月13〜15日、東京ビッグサイト)で、GPSやセルラー、Wi-Fi/Bluetoothなど主要な無線通信技術に対応できるIoT(モノのインターネット)機器向け「ワイヤレス&測位ソリューション」を提案した。
4Picks
全方位の磁界検知で“盗電防止”? 村田製作所のAMRセンサー
EE Times Japan
|
村田製作所が「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC2014)」で展示したAMR(Anisotropic Magneto Resistance)センサーは、360度どの方向の磁界も検出できるものだ。電気/水道/ガスメーターなどで不正な外部磁界を検知するといった用途を想定している。
4Picks
PLCとIPCの1台2役、拡張性も信頼性も追い求めた新コンセプト産業用PC
MONOist
|
リコーインダストリアルソリューションズは「第20回 組込みシステム開発技術展(ESEC2017)」に出展し、PLCをハードウェアとして統合した新コンセプトの産業用PC新製品を紹介した。
4Picks
H.265/HEVC方式準拠の8K映像、4コア並列処理でリアルタイム表示
EE Times Japan
|
テクノマセマティカルは、「第18回 組込みシステム開発技術展」(ESEC2015/2015年5月13〜15日、東京ビッグサイト)で、独自アルゴリズム「DMNA(Digital Media New Algorithm)」を応用したエンコーダ/デコーダを用いて、4K/8Kの高精細映像をリアルタイムに表示するデモ展示を行った。
4Picks
「e-F@ctory」、次世代のものづくりを提案
EE Times Japan
|
三菱電機は、「第20回 組込みシステム開発技術展(ESEC 2017)」で、FA-IT統合ソリューション「e-F@ctory」をコンセプトに、C言語コントローラや関連するパートナー製品などを展示した。
4Picks
IoTはバズワードからビジネストレンドへ――インテルが米国最新事例を報告
MONOist
|
インテルは、「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC2014)」(会期:2014年5月14〜16日)への出展に先立ち、傘下のマカフィー、ウインドリバーとともに、東京都内で事前記者説明会を開催。同社のIoT(Internet of Things)戦略と最新事例の紹介に加え、マカフィーとウインドリバーの製品/ソリューションを活用した新製品について発表した。
4Picks
ディープラーニングによる画像認識を組み込み機器へ、「Atom」で動作可能
MONOist
|
インテルは、「第20回 組込みシステム開発技術展(ESEC2017)」において、組み込み機器に特化した画像認識ソフトウェアを紹介。ディープラーニングで学習済みのアルゴリズムを、組み込み機器向けプロセッサ「Atom」や制限されたメモリ容量でも利用できるようにコンパクトにしたものだ。
3Picks
組み込みLinuxとRTOS「ThreadX」を1個のSoC上で共存「IoT化のニーズ取り込む」
MONOist
|
サイバートラストは、「第22回 組込みシステム開発技術展(ESEC2019)」のグレープシステムブースにおいて、組み込みLinuxとリアルタイムOS(RTOS)を1個のプロセッサ上で連携動作させるデモを披露した。
3Picks
遠隔操作を低負荷で実現する「インテリジェント・リモートKVM」
MONOist
|
東京エレクトロン デバイスは「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC2014)」(会期:2014年5月14〜16日)の日本マイクロソフトブースに出展。対象機器の画面出力をキャプチャーし、USBでのリモート操作を可能にする「インテリジェント・リモートKVM」の展示デモを披露した。
3Picks
1000fpsの超高速画像処理と同期してモーターを制御、産業用ロボットに展開
MONOist
|
エクスビジョンは、高速画像処理プラットフォームのソフトウェア開発キット「HSV SDK」に、イーソルのマルチコアプロセッサ対応リアルタイムOS「eT-Kernel Multi-Core Edition」を採用。「第20回 組込みシステム開発技術展(ESEC2017)」でデモも披露した。
組込みシステム開発 概要
日本
タイ
フィリピン