新着Pick
SPD2ELNUZ8WS8OAN
石炭・石灰石開発、販売
JPN

石炭・石灰石開発、販売 業界

日本
業界一覧
>
石炭・鉱石採掘
>
石炭
>
石炭・石灰石開発、販売
石炭・石灰石の開発、輸入、販売の全てまたは一部を展開している企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
65Picks
西友のカレーPB商品が好調、裏に「モニター開発」あり
ニュースイッチ
|
西友のプライベートブランド(PB)商品で、カレー商品の販売が好調だ。「マッサマンカレー」(消費税抜き150円)や「バターカレー」(同)などのレトルトカレーシリーズが人気で、カレー商品全体の売上高は2年連続で対前年比15%増。同じ味のスナック菓子も投入して、消費者にアピールしている。(文=編集委員・丸山美和) 西友の食品を中心としたPB商品「みなさまのお墨付き」は約900品目。名前の通り、開発...
26Picks
再配達率61%削減。「OKIPPA」は宅配クライシスの救世主となれるか
Forbes JAPAN
|
今や生活に欠かせないネット通販。しかし、不在時の宅配で再配達を依頼するのは面倒な上、宅配業者にも負担となっている。そんな時に便利なのが、物流系ITスタートアップのYperが開発、販売する置き配バッグ(簡易宅配ボックス)のOKIPPAだ。日本・・・
20Picks
トレタ、飲食店向け分析サービス「外食データクラウド」を提供 プリセットの飲食店データで競合分析も可能
MarkeZine
|
飲食店向け予約・顧客台帳サービス「トレタ」を開発・販売するトレタは、分析サービス「外食データクラウド」を提供する。 外食データクラウドは、飲食店における予約行動や喫食行動のデータ分析を効率的に行...
15Picks
飲食データラベリング技術を用いた分析サービス 「外食データクラウド」提供スタート
株式会社トレタ
|
飲食店向け予約/顧客台帳サービス「トレタ®」を開発・販売する株式会社トレタ(本社:東京都品川区、代表取締役:中村 仁)は、分析サービス「外食データクラウド」を本日2019年7月8日より提供スタートします。 外食データクラウドは、飲食店における予約行動や喫食行動のデータ分析を効率的に行うための分析ツールで、2019年4月に発表したAIによるデータラベリング技術を活用したものです。データラベリング技術
216Picks
名門・東レは「血の一滴でがん検査」の新製品で起死回生なるか
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
東レが開発したのは、血液一滴から複数のがん発症の有無を一度に検査するキットだ。2014年から国立がん研究センターなどと共同で始めた研究プロジェクトが終了し、今年中に厚生労働省に製造販売の承認を申請する予定だ。早ければ来年にも医療機関で検査キットが使えるようになる。
14Picks
犬の気持ちがわかる「イヌパシー」開発のラングレスが1億円調達、牛やイルカ、ゾウに対象拡大へ
TechCrunch Japan
|
犬の感情を5つの色で表す犬用ウェアラブルデバイス「INUPATHY」(イヌパシー)を開発・販売しているラングレスは7月2日、リアルテックファンドとMistletoe(ミスルトウ)から総額1億円の資金調達を発表した。 今回の資金調達により同社は、北米を中心としたINUPATHYの海外展開を目指すほか、犬以外の哺乳類全般の心の状態を可視化・表現する研究開発体制を新たに構築していく。 INUP...
14Picks
近大開発の交雑魚「ブリヒラ」、スーパーベイシアで限定1万5000尾販売
財経新聞
|
ブリのメスとヒラマサのオスの交雑魚をブリヒラという。
122Picks
「AIウイスキー」「AI俳句」も可能、人工知能が“発想と開発”を劇的に変える
ビジネス+IT
|
新商品開発に人工知能(AI)を導入することで、AIと協働して新たなアイデアを生み出すことはできないだろうか。たとえば、新たな商品をAIから提案されたらどうだろう。消費者の好み、ニーズ、これまでの販売数を加味し、その傾向を踏まえた商品を開発するのだ。我々は提案された多様な商品から選択し、さらにその上で創造力を発揮することにより、これまで以上に受け入れられる商品を生み出せるかもしれない。
18Picks
日本郵便、置き配バッグ「OKIPPA」を10万個無料配布へ、6月24日に募集開始
BCN+R
|
日本郵便は、物流系ITスタートアップのYperが開発・販売する置き配バッグ「OKIPPA(オキッパ)」を抽選で10万世帯に無料配布する。6月24日に専用サイトで募集を開始。応募期間は8月26日まで。
584Picks
「日本酒を世界酒に」SAKEスタートアップのWAKAZEが1.5億円を調達、パリに醸造所設立へ
TechCrunch Japan
|
「世界の食卓において醸造酒と言えば、今まではビールかワインのどちらかが一般的だった。そこに第3の選択肢として『日本酒』というものを浸透させていきたい」 そう話すのは2016年1月に設立された“日本酒スタートアップ”のWAKAZEで代表取締役CEOを務める稲川琢磨氏だ。 同社では山形を拠点に「委託醸造」形式で、酒蔵とタッグを組みながら自社ブランド商品の開発・販売をスタート。昨年7月には東京の三...
13Picks
広島発スタートアップstakが目指す変則型サブスクIoT製品の未来
TechCrunch Japan
|
既報のとおり、広島を拠点とする2014年設立のスタートアップであるstak(スタック)は、ソフトバンク系のIoT製品の企画・開発・販売を手がける+Styleと、Amazonで、同名のIoTスマート電球とスマートリモコンの発売を開始した。 同様の製品は数多くある中でstakが特徴的なのは、変則的なサブスクリプションモデルを採用している点だ。販売価格は、stak本体とスマート電球、スマートリモコ...
592Picks
イノベーションに必要なのは、組織ではなく突き抜けた人材だ
Diamond Online
|
1994年に発売したソニーの家庭用ゲーム機PlayStation(プレイステーション)は、全世界で爆発的なヒットを記録し、2018年にシリーズ累計販売台数が5億台を突破した。その開発から販売まで中心的な役割を担ったのが、元ソニー副社長の久夛良木(くたらぎ)健氏である。現在は世界20カ国以上からエンジニアが集まるAIスタートアップ、アセントロボティクスの社外取締役等を務め、いまもなおテクノロジ...
24Picks
フィアットクライスラーと新興企業Aurora、自動運転技術で提携
CNET Japan
|
新興企業であるAuroraは、独自の自動運転車を開発するのではなく、プラットフォームを構築して、独自にプラットフォームを開発する時間、資金、専門技術を持たない自動車メーカーに販売することを目指している。今回新たに発表された提携も、その理念に基づいている。
11Picks
イノベーションに必要なのは、組織ではなく突き抜けた人材だ 「プレイステーションの父」が語る
DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー
|
1994年に発売したソニーの家庭用ゲーム機PlayStation(プレイステーション)は、全世界で爆発的なヒットを記録し、2018年にシリーズ累計販売台数が5億台を突破した。その開発から販売まで中心…
17Picks
人とロボットが一緒になってデザインを評価する狙いは?
ニュースイッチ
|
竹中製作所(大阪府東大阪市、竹中佐江子社長、06・6789・3255)は関西大学と共同で、複数ロボットや、人とロボットが集団で協働して、デザインなどを評価・創作するシステムの開発に着手した。関西大が持つ感情表出モデルや進化計算などと、竹中製作所が販売しているダンスロボットを組み合わせて、言語ではなく動作と画像認識によるインタラクション(相互作用)で合意形成する。2025年の商品化を目指す。 ...
19Picks
光学技術に強みを持つニコンが本気で作った“常識破り”の金属3Dプリンタ
MONOist
|
ニコンは、金属材料の付加積層造形をはじめとした多様な金属加工機能を提供する光加工機「Lasermeister 100A」の販売を開始した。なぜ、ニコンが金属3Dプリンタを開発するに至ったのか? その背景や狙いについて開発担当者に聞いた。
42Picks
“完全食”の麺・パンをD2Cで提供するベースフードが4億円を資金調達
TechCrunch Japan
|
“完全栄養食”のパスタやパンを開発し、サブスク型で販売する食品スタートアップのベースフードは5月27日、総額約4億円の資金調達実施を発表した。 主食なのに糖質・カロリーオフの“完全食” ベースフードは2016年4月の創業。「主食をイノベーションして、健康をあたりまえに」をミッションに掲げ、手軽においしく、体にいい主食の開発・販売を手がける、フードテック領域のスタートアップだ。現在提供している...
64Picks
【“縁の下の力持ち”集団】日本コカ・コーラの「学術調査」の仕事に迫る!
The Coca-Cola Company
|
日本コカ・コーラの「学術調査」ってどんな部署?製品の開発から販売までのあらゆるフェーズに密接に関わり、消費者に届けられる製品の安全・安心を守っている、“縁の下の力持ち”集団「学術調査」の仕事につ...
343Picks
「1台の開発費は今までの倍」 電動車販売が自動車メーカーの収益圧迫
ニュースイッチ
|
乗用車メーカー7社の2020年3月期連結決算は、円高や研究開発費増が逆風となる。またガソリン車よりコスト高である電動車の販売増が収益を押し下げるケースも目立ってきた。CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)対応に十分な研究開発投資を継続するには収益力の強化が欠かせない。過度な値引きをしない販売の質向上とともに、原価低減など地道な取り組みの重要度も増している。 20年3月期の7...
10Picks
アマゾンの顔認識技術、販売先を巡って株主が圧力 「政府機関への提供は人権とプライバシー権を脅かす」
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
米アマゾン・ドットコムがクラウドサービス事業の一環として、開発と販売を行っている顔認識・検出技術の取り扱いを巡って、株主が同社に圧力をかけていると、米ニューヨーク・タイムズが伝えている。
石炭・石灰石開発、販売 概要
世界
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン