SPD2A1DHJCOQBHEY
ソーシャルメディア
JPN

ソーシャルメディア 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
インターネットメディア
>
ソーシャルメディア
インターネット上における個人同士のつながりを起点としたコミュニケーションや情報共有を支援するサービスを運営する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
51Picks
中国のソーシャルメディアで「キリン」が検閲の対象に
Business Insider Japan
|
・アメリカ大使館のキリンの投稿がなぜか、中国のネット上で大きな話題になった。 ・問題の投稿には、中国経済に対する不満のコメントが20万件近く付いていた。 ・すぐに検閲が介入し、現在キリンは中国のインターネット上の次なる絶滅危惧種になりつつある。 中国のソーシャル・メディアでは、キリンが次なる投稿禁...
569Picks
「午前中のソーシャルメディア断ち」で私の人生は劇的に変わった
クーリエ・ジャポン
|
16歳のとき以来、私のモーニングルーティーンはソーシャルメディアをチェックすることから始まっていた。脳にお手軽にドーパミンを流し込むことが、私の基本回路にプログラムされているのだ。朝一でスマホをスクロールしないなんて考えられない。だが、こうした朝早くからSNSに浸る生活が、私の人生をダメにしていることがわかった。これのせいで私のストレスレベルは爆上がりだ。集中力も持っていかれる。私は自分の朝に活力
3Picks
Blueskyの未来はソーシャルメディアの追憶のなかにある
WIRED.jp
|
一般開放されたソーシャルメディア「Bluesky」。だが、使い勝手も体験もかつてのTwitterによく似ていて、このプラットフォームならではの独自性はまだ感じられない。果たして新たなアイデンティティは確立されるのか。
2Picks
マスク氏の過激ツイートより“もうけ”になるソーシャルメディアでの行動とは
TechTargetジャパン
|
マスク氏の過激なツイートがプラスに働くことはなかったが、経営幹部はソーシャルメディアをうまく活用することで実益につなげることができる。どのようなメリットがあり、どう行動すればいいのか。
26Picks
失業したら今はまず「ソーシャルメディアで発表」、その効果と重要性
Forbes JAPAN
|
職を失うというのはトラウマになる体験だ。人生が一気に、劇的に変わってしまう。すぐに経済的な影響が心配になる。無職のままで、あとどれくらい生活できるだろうか。確認や署名が必要な書類はどれで、どんな手続きが必要なのか。配偶者や子どもたちには知ら
41Picks
子どもの利用禁止法案可決 米州、ソーシャルメディア
共同通信
|
【ニューヨーク共同】米南部フロリダ州の議会下院は24日、16歳未満の子どもに対し、通信アプリを除くソ...
200Picks
スナップなどソーシャルメディア株下落、時価総額350億ドル吹き飛ぶ
Bloomberg.com
|
21日の米国株式市場でソーシャルメディア株が下落。幅広い関連銘柄に売りが広がり、株式時価総額にして約350億ドル(約5兆1670億円)吹き飛んだ。
147Picks
米ビジネス誌が注目する“新興”ソーシャルメディア5選 【2023年版】
クーリエ・ジャポン
|
高まるSNS広告への嫌悪感米ビジネス誌「インク」は、米国人がフェイスブックやインスタグラムなどの“巨大SNS”から離れつつあると指摘している。ユーザーが募らせる不信感は、データから窺える。米紙「ワシントン・ポスト」による世論調査では「フェイスブックが個人情報管理の責務を果たしているとは信じられない」と回答した人が72%を占めた。同様に、60%の回答者はティックトックやインスタグラムの個人情報管理能
225Picks
【核心】銃乱射事件とソーシャルメディアの「不可分」な関係
NewsPicks編集部
|
近年、アメリカで増加の一途をたどる銃乱射事件。この1カ月足らずの間にも、ニューヨーク州バッファロー(5月14日)、カリフォルニア州ラグーナウッズ(5月15日)、テキサス州ユバルディ(5月24日)...
259Picks
リンクトイン、中国版を閉鎖へ-米主要ソーシャルメディア全て撤退
Bloomberg
|
米マイクロソフト傘下のビジネス向けソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)リンクトインは14日、中国版を閉鎖すると発表した。米主要SNSの中でもリンクトインは最後まで中国で事業を展開していた。
525Picks
Netflixが初めての トークショー番組を開始、最初のゲストBarack Obamaはソーシャルメディアの“バブル”を警告
TechCrunch Japan
|
 30年あまりという超長寿命の芸歴と人気を誇るお笑いタレント兼番組ホストのDavid Letterman(70歳)がなんと、Netflixに新番組を持った。そしてその初回の最初のコーナー“紹介する必要のないゲスト”に招かれたのは、前アメリカ合衆国大統領Barack Obamaだ。… Read More
492Picks
「人間お断り」のペット専用SNSが、ソーシャルメディアの楽しさを取り戻す
WIRED.jp
|
リア充ぶりを競うような使い方に疲れてSNS離れが進むなか、「人間お断り」のSNSアプリが登場した。運営企業のCEOはアンガスという名の小型犬で、ユーザーは動物、「いいね」は「ペロペロ」で表すという。飼い主がペットになりきることで社会的な障壁が取り払われ、コミュニケーションに意外な効果が生じている。
166Picks
ソーシャルメディア株、時価総額17兆円消失-スナップ43%安
Bloomberg.com
|
24日の米株式市場で、前日に業績見通しを引き下げたスナップの株価が一時40%安と急落。上場来最大の値下がりとなった。他のソーシャルメディア関連銘柄も軒並み売られ、同セクターの時価総額は約1650億ドル(約20兆円)吹き飛んだ。
415Picks
ソーシャルメディアは社会を分裂させる恐れ=オバマ前米大統領
Reuters
|
[ロンドン 27日 ロイター] - オバマ前米大統領はBBCラジオが27日放送したインタビューで、ソーシャルメディアを使ったコミュニケーションは社会を分裂させる恐れがあり、各界の指導者らは人々が個人の偏った見方で満足してしまわないようにしなければならないと述べた。
149Picks
テスラのマスク氏、新たなソーシャルメディアの構築を「真剣に検討」
Reuters
|
[27日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は26日、新たなソーシャルメディア・プラットフォームの構築を「真剣に考えている」とツイッターに投稿した。
250Picks
米国の成人の大半はニュースをソーシャルメディアに頼っている
TechCrunch Japan
|
Pew Research(ピュー研究所)の最新のレポートは、ニュースの大半をソーシャルメディアプラットフォームで得ている米国の成人をより理解し、最近の出来事や政治情勢をどの程度理解しているのかをテレビやラジオ、ニュース出版物を情報ソースとしている人と比較しようという試みだ。同研究所によると、調査結果の最も注目すべき点は、ニュースをソーシャルメディアに頼っている人はニュースをさほど熱心に追いか...
1Pick
Marketing Briefing[日本版]: 「血で汚れた」ソーシャルメディア、マーケターはどこまで利用すべきなのか
DIGIDAY[日本版]
|
1月末、ソーシャルメディアプラットフォーム大手5社のCEOらに対して、米上院議員リンゼー・グラム氏が公聴会で言い放った言葉は大きな反響を呼んだ。「あなた方の手は血で汚れており、あなた方の製品は人々を殺している」。 この米 […]
114Picks
隠語や絵文字で禁止用語を表す「アルゴスピーク」がソーシャルメディアで激増
Forbes JAPAN
|
ソーシャルメディア上で「camping(キャンピング)」についての投稿を見かけても、それはテントの張り方や訪れるべき国立公園について話しているのではない可能性がある。この言葉は最近、まったく別のことを表す「Algospeak(アルゴスピーク・・・
ソーシャルメディア 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
大韓民国
タイ
ベトナム