新着Pick
SPD29UCZZ7VBYAK7
通信端末・回線販売
JPN

通信端末・回線販売 業界

日本
業界一覧
>
小売
>
家電・OA小売
>
通信端末・回線販売
携帯電話などの通信端末販売および通信回線契約の取次を行う企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
18Picks
中国スマホ販売、1月は前年比36%減 新型肺炎で消費圧迫
Reuters
|
[上海 24日 ロイター] - 中国のスマートフォン販売台数が1月に前年比36.6%減少したことが中国信息通信研究院(CAICT)の統計で分かった。中国を発生源とする新型コロナウイルスの感染拡大で消費需要が圧迫されていることが示唆された。
19Picks
2020年以降のプリント配線板動向を探る
LIMO
|
2020年のエレクトロニクス産業ならびに電子回路・関連資機材業界は一体どのような世界が待ち受けているのだろうか? 特に今年は、次世代通信規格(5G)の離陸で、久方ぶりにスマートフォンの販売台数がプラス成長に転じ、明るい話題が先行すると期待されている。自動車も各国の環境規制強化や安全運転志向の高まりで、半導体・電子部品需要は確実に伸長すると見込まれている。米中貿易摩擦や米・イラン対立といった、...
90Picks
Androidの父のモバイル企業Essentialが閉鎖 細長スマホ「GEM」は世に出ず
ITmedia NEWS
|
アンディ・ルービン氏率いるEssential Productsが事業を閉鎖すると発表した。日本でも販売する「Essential Phone PH-1」のサポートも終了する。ルービン氏が昨年ツイートした細長端末「GEM」は結局世に出ずじまいになった。
54Picks
iPhone販売不振も携帯各社の利益が伸びたワケ
ニュースイッチ
|
携帯電話3社の2019年4―12月期連結決算(国際会計基準)が7日までに出そろい、2社が営業増益となった。携帯端末の値引きが制限され、iPhone(アイフォーン)などの高機能機種の販売が伸び悩む中、カギを握るのはシルバー層を中心としたスマートフォンへの乗り換え需要の取り込みだ。今後の成長源となるスマホ決済や金融分野など非通信分野の強化も活発化している。 ソフトバンクが7日発表した営業利益は、...
13Picks
パケットの譲り合いに特典 マイネオが初のサービス
朝日新聞デジタル
|
格安スマホサービス「mineo(マイネオ)」を展開するオプテージ(大阪市)は回線が混み合う昼に通信を控えた利用者に特典を与えるサービスを3月に始める。国内通信業界では初の取り組みで、快適な通信環境で…
13Picks
5G時代で絶好の商機、電子部品メーカー「僕たちの技術を見てくれ!」
ニュースイッチ
|
高信頼性の部品を供給する日本の電子部品業界で第5世代通信(5G)に対する期待が高まっている。2020年から5G対応スマートフォンの販売が本格的に増加していく。5G基地局向けを含め、新型実装機、新材料、新技術などを各社が提案し、市場に続々と投入し始めている。 スマホの市場シェア上位の韓国・サムスン電子と中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)は1月、グローバルにおける19年の5Gスマホの出荷...
80Picks
ファーウェイ、19年スマホ出荷36%増 アップルは21%減=調査
Reuters
|
[上海 28日 ロイター] - 中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL] の2019年のスマートフォンの出荷台数が前年比35.5%増の1億4200万台だったことが28日、調査会社カナリスのデータで明らかになった。スマホ市場の縮小のほか、次世代のモバイル通信規格「5G」への需要のシフトにもかかわらず、米アップル<AAPL.O>や中国の他のメーカーを横目に販売が伸びた。
10Picks
米商務省、ファーウェイ規制取り下げ 米企業阻害懸念で=関係筋
Reuters
|
[ワシントン 24日 ロイター] - 米商務省が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に対する一段の販売縮小につながる措置導入を取り下げたことが複数の関係筋の話で明らかになった。国防総省が米企業の阻害につながると懸念を示したためとしている。
154Picks
TAKUMI JAPAN、データ使い放題の「神SIM」を発売 2020年に自社ブランドのスマホも投入へ
ITmedia Mobile
|
TAKUMI JAPANが、大容量のデータ通信向け「KAZUNA 神SIM」を1月21日に発売した。ソフトバンク回線を使用しており、100GBまたは使い放題のプランを選べる。2020年の夏〜秋にかけて、自社ブランドのスマートフォンを発売する予定。ただし日本で扱うかは未定。
22Picks
総務省が光回線維持で負担金制度検討 5G網全国整備へ、2020年代半ばにも
産経ニュース
|
総務省が第5世代(5G)移動通信システムの基盤である光ファイバー回線を全国的に維持する負担金制度をつくる検討をしていることが20日、分かった。高速インターネットの利用環境を全国各地で維持するため、2020年代半ばにもネット利用者から広く薄く徴収して、不採算地域に光回線を持つ事業者に交付金を出し、回線の補修や更新に充てることができるようにする方向で調整する。
40Picks
EU、すべてのスマートフォンに充電統一規格の採用を義務付けか
Engadget 日本版
|
欧州議会が、EU圏内で販売されるスマートフォンを含むすべての携帯機器について、統一の充電器採用を義務付けるための議論を開始しています。 といっても、この話自体は今に始まったものではありません。2009年には、充電規格をmicroUSBに統一するという了解覚書(MoU)がアップルやサムスン、HuaweiやNokiaなど14社によりなされており、独自端子を使っていたものも多かった当時の端末が、徐...
63Picks
ソフトバンク、端末購入補助プログラムの月額料金を0円に 「トクするサポート+」20年3月開始
ITmedia NEWS
|
ソフトバンクが新たな端末購入補助プログラム「トクするサポート+」を2020年3月中旬に始める。既存の「トクするサポート」(月額390円)とは異なり、月額料金はかからない。同社の回線を契約していないユーザーも利用できる。
23Picks
京セラのローカル5G戦略を聞く 基地局と端末を同時開発、5Gのみのスタンドアロンで勝負
ITmedia Mobile
|
次世代通信規格「5G」を用いた通信サービスを、企業や自治体などが限られたエリア内で提供する「ローカル5G」。そのローカル5Gに参入を計画し、基地局や端末の開発を進めているのが京セラだ。どのような戦略で市場開拓を進めようとしているのだろうか。
20Picks
NTT東日本が総務省に「ローカル5G」の無線局免許を申請。企業向けの検証環境で5Gの活用法を探る
Engadget 日本版
|
2019年12月24日、NTT東日本は「ローカル5G」の無線局免許申請を総務省に行いました。 「ローカル5G」は、許可を受けた建物・エリアのみで5G回線が使用できるローカルエリア限定の通信規格です。特定の通信業者だけでなく、一般企業や自治体も申請・参入可能なため、幅広い分野での活用が期待されています。しかし、どのように活用したらいいのか悩む企業が多いのも確かです。 そこでNTT東日本と東京大...
15Picks
中国は報復を警告、ドイツがファーウェイを5G市場から排除なら
Bloomberg.com
|
ドイツが第5世代(5G)移動通信ネットワーク機器のサプライヤーから中国の華為技術(ファーウェイ)を除外するなら、中国は報復に出ると中国の呉懇・駐ドイツ大使が警告した。報復について具体的な説明はなかったが、数百万台のドイツ製自動車が中国で販売されている事実を指摘した。
107Picks
ソフトバンク、3G終了へ 24年、利用者減少で
共同通信
|
ソフトバンク、3G終了へ ソフトバンクは6日、第3世代(3G)携帯電話と呼ばれる前世代の通信回線のサービスを2024年1月下旬...
18Picks
トラブル相次ぐ楽天、事業拡大に黄信号
ニュースイッチ
|
楽天で携帯電話料金の誤請求をはじめとしたトラブルが相次いでいる。格安スマートフォン顧客に対して月額料金の消費税率を誤って計算して請求。自社回線を持つ移動体通信事業者(MNO)として10月から試験提供している携帯電話サービスでは、料金請求に関するメールを誤って配信したことが発覚した。主力のインターネット通販だけでなく、通信などへ事業を拡大する楽天の成長に黄色信号が点灯しかねない。(取材・大城蕗...
14Picks
NRI、2025年度までの5G関連市場を予測、2025年には46%が5Gベースに
BCN+R
|
野村総合研究所(NRI)は11月27日に、2025年度までの5G対応端末の販売台数と契約回線数の予測とともに、特に5Gと関連が深い4つの領域についての市場規模予測を発表した。
10Picks
音楽ライブ×5G、“新しいアイドル”が躍動する
ニュースイッチ
|
2020年春に商用化する次世代通信規格「第5世代通信(5G)」が、音楽ライブの演出に革新をもたらそうとしている。10年に始まった4GLTEでは、携帯端末で気軽に音楽ライブ映像を鑑賞できる世界が現実となった。通信速度が4GLTEの最大100倍となる5Gでは、複合現実(MR)などの大容量映像を多数の端末にリアルタイム配信することが可能。今までにないライブ演出が生まれようとしている。 MR技術 演...
110Picks
PC代わりになるタブレット端末、増税後も3桁成長と爆売れ
BCN+R
|
タブレット端末の販売台数前年比が、9月30日週~11月4日週の期間、デスクトップPCとノートPCのそれを上回っていたことが、全国の家電量販店やECショップでPOSデータを集計する「BCNランキング」で分かった。第7世代のiPadが、有線・無線のマウスや、アップル純正のキーボード「Smart Keyboard」に対応したことで、PCのように利用できるようになったことが影響しているようだ。
通信端末・回線販売 概要
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン