新着Pick
SPD27OPISN8CS40Y
燃料卸・販売
JPN

燃料卸・販売 業界

日本
業界一覧
>
エネルギー
>
石油・ガス
>
燃料卸・販売
石油、LPG等の燃料の卸、販売を専門とする企業群。販売を行っていても精製事業を展開している企業は含まない
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
5Picks
【インドネシア】化石燃料使用の二輪車、40年に販売停止へ[車両]
NNAアジア経済ニュース
|
【インドネシア】化石燃料使用の二輪車、40年に販売停止へ[車両] インドネシアのエネルギー・鉱物資源省はこのほど、2040年に化石燃料を使用する二輪車を、50年に同四...
1Pick
『【サウンドバースピーカー】 音響メーカーSmalodyのご紹介!ゲーミングでもデスクワークでも♪』
トレーディングカード サプライグッズの卸 ミニツーストア mini2x
|
ミニツーストア(mini2x)トレーディングカードサプライ、ゲームグッズ、コレクショングッズのオリジナル製品を卸し販売しております。当店だけのオリジナル商品…
17Picks
英BP、ガソリンスタンドの3割で販売燃料切れ パニック買いで
Reuters
|
[ブライトン(英イングランド) 26日 ロイター] - 英石油大手BPは26日、国内で運営するガソリンスタンドの約3割で販売する主要燃料がなくなっていると明らかにした。トラック運転手の不足により、製油所からの燃料輸送が困難になっている中で、パニック買いが起きているためだ。営業しているスタンドには車が長蛇の列をなし、給油に数時間かかるケースも出ている。
14Picks
世界の自動車メーカー、EV用電池工場へ巨額投資競争取り残された日本の自動車産業の危機
ビジネスジャーナル
|
ホンダはF1から撤退し、EV(電気自動車)専業メーカーとして邁進する。2040年には世界で販売する新車をすべてEVあるいはFCEV(燃料電池車)にすることを4月に発表した。その計画に伴いHEV(ハイブリッド車)の生産を中止する。エンジン車の生産は40年でゼロである。
12Picks
10年後も電動車800万台中600万台がHV! トヨタがハイブリッドを電動化の主力に位置付ける訳 - 自動車情報誌「ベストカー」
自動車情報誌「ベストカー」
|
現代の自動車メーカーが嫌でも考えざるを得ないのが環境問題。2021年9月、トヨタが2030年時点として考える電動車販売見通しを発表。純電気自動車や燃料電池車ではなく、ハイブリッド車を主軸にしようとするトヨタの思惑を探る
75Picks
都市ゴミから水素や燃料を製造する。伊藤忠が出資した米ベンチャーの正体
ニュースイッチ
|
伊藤忠商事は都市ゴミから水素や燃料を製造する技術を開発する米国のベンチャー「Raven(ラヴェン)SR」に米石油メジャーなど3社と共同出資した。伊藤忠の出資額・比率は非開示だが、出資総額は約2000万ドル(約21億円)。出資を通じ、将来的にグアムなどで都市ゴミ由来の水素や燃料の製造販売を目指す。 ラヴェンは電気を使って都市ゴミを加熱し、水素と一酸化炭素の合成ガスを製造する技術を開発する。合成...
13Picks
ホンダの「電動化」とトヨタ「水素エンジン」の行方
東洋経済オンライン
|
4月に就任したホンダの三部敏宏社長が、2040年に4輪事業において、世界での販売を電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)で100%にすると表明したことが波紋を呼んだ。というのも、ホンダは、2輪・4輪・汎用の各事業…
53Picks
「エンジンのホンダ」が示した覚悟、祖業を捨てても叶えたい夢
ニュースイッチ
|
ホンダが稼ぐ力の回復に向け、構造改革に大なたを振るう。生産体制を見直し不採算車種を絞り込むほか、栃木県真岡市の4輪車エンジン部品工場の閉鎖を決めた。並行して、国内の自動車会社として初めて世界で販売する全ての新車を2040年に電気自動車(EV)もしくは燃料電池車(FCV)に切り替えることを表明。新たなホンダ像の確立に向け、4輪事業の収益力強化と脱炭素化の両立を急ぐ。(江上佑美子、栃木支局長・小...
61Picks
ホンダ、FCV「クラリティ」生産中止 GMとの開発は継続
Reuters
|
[東京 16日 ロイター] - ホンダは16日、水素を燃料とする燃料電池車(FCV)「クラリティフューエルセル」の生産を年内で中止することを明らかにした。国内外で進める工場再編を機に、生産するモデルも見直し、販売が低迷している車種を打ち切る。ガソリン車の最高級セダン「レジェンド」と高級ミニバン「オデッセイ」の生産も取り止める。
176Picks
「トヨタとホンダで正反対」日本の自動車会社はもうエンジンを諦めたほうがいいのか
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
|
「エンジン屋」がエンジンを捨てる――。ホンダが2040年までに世界で販売する四輪車のすべてを電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)に切り
177Picks
“0円販売”で食品ロス抑止 月額会員制のECサイトがクラウドファンディング開始
ITmedia NEWS
|
STRKは5月24日、賞味期限の近い食品などを市価の6~10割引きで販売する月額会員制のECサイト「トクポチ」を発表した。8月1日にサービスを始める予定。商品は食品卸会社の在庫などから調達し、食品ロスの削減につなげるという。
120Picks
給油所でバイオ燃料を販売 ユーグレナ、3日間限定
共同通信
|
給油所でバイオ燃料を販売 バイオベンチャー企業のユーグレナは9日、藻類のミドリムシと使用済みの食用油から作ったバイオディーゼル...
97Picks
「宇宙ビッグデータ米」が2021年中に販売予定、宇宙領域の天地人・農業IoTの笑農和・米卸の神明が栽培着手
TechCrunch Japan
|
JAXA認定の宇宙領域スタートアップ「天地人」は4月6日、米卸大手の神明とスマート水田サービス「paditch」(パディッチ)を提供する農業ITスタートアップ笑農和(エノワ)と協業し、「宇宙ビッグデータ米」の栽培に着手すると発表した。
13Picks
ホンダ、トヨタに反旗翻す日本の自動車業界を“トヨタ傘下”扱いする豊田社長への不満
ビジネスジャーナル
|
ホンダの社長に就任した三部敏宏氏が4月23日に社長就任記者会見で、2040年にグローバルで販売するすべての新車を電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)にする目標を発表したことが波紋を広げている。前日に日本自動車工業会(自工会)の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)が記者会見で「カー...
13Picks
ホンダが「エンジンを捨てる日」5カ月前に感じた異変 | 経済記者「一線リポート」 | 毎日新聞「経済プレミア」
毎日新聞「経済プレミア」
|
2040年までに世界で新車販売をすべてEV(電気自動車)、FCV(燃料電池車)にする――。4月に就任したばかりのホンダの三部敏宏社長が公表した「脱ガソリン」方針は大きなサプライズだった。ハイブリッド(HV)を主力とするトヨタ自動車を筆頭に、日本メーカーはこれまで「脱ガソリン」に慎重で、これに呼応し
583Picks
「JAのコメ」に産地偽装の疑い、魚沼産に中国産混入
ダイヤモンド・オンライン
|
「週刊ダイヤモンド」はJAグループ京都の米卸が販売するコメの産地判別検査を実施した。その結果、「滋賀産」や「魚沼産」として販売されていたコメに中国産が混入している疑いがあることが分かった。
155Picks
トヨタ、燃料電池を外部に販売へ 2021年春、改良システム
共同通信
|
トヨタ、燃料電池を外部に販売へ トヨタ自動車は26日、自社で開発した水素で電気をつくる燃料電池システムの外販に2021年春に乗り出す...
377Picks
トヨタ副社長「異次元への挑戦を加速」、電池での提携で準備整う
Reuters
|
[東京 18日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は18日、2025年ごろまでにガソリン車のみの車種をゼロにすると発表した。同年ごろまでにトヨタは世界で販売する全車種でハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)といった電動専用車、もしくはこうした電動車のグレードを設定する。
燃料卸・販売 概要
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン