SPD1ZG4IK48V47O1
出版
JPN

出版 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
放送・出版
>
出版
書籍・雑誌などの出版物を、紙や電子などの媒体を問わず総合的に取り扱う企業群。輸出入事業を行う企業群も含む
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
88Picks
『ティール組織』『イシューからはじめよ』の英治出版、「黄金株」でカヤック傘下に。パーパス重視の事業承継に挑戦
Business Insider Japan
|
大小問わず、多くの日本企業が直面している「事業承継」問題。背景には、単純な「後継者不足」だけではなく、築き上げてきた会社の文化やパーパスをどう引き継ぐべきかという点も大きなハードルとなっている。 そうした課題に対し、画期的な手法で事業承継を実現した企業がある。 『ティール組織』(フレデリック・ラルー...
643Picks
【新潮流】今、面白い本は「一人出版社」から生まれる
NewsPicks編集部
|
最近、似たような本が多いなあ。書店を訪れたり、アマゾンで本を探したりしている時に、こう感じることはないだろうか。その感覚は、きっと正しい。今、毎日約200冊が新たに世に送り出されていて、出版社も...
710Picks
【厳選5冊】10兆円起業家が、出版社をつくった理由
NewsPicks編集部
|
シリコンバレーには「新しい思想やアイディア」を本にする、不思議な出版社がある──。それがストライプ出版(Stripe Press)だ。決済スタートアップのストライプ創業者らが、人類の進歩を加速さ...
677Picks
【秘録】なぜ天才起業家は「絶版本」を読み漁るのか
NewsPicks編集部
|
なぜシリコンバレーの巨大テック企業、ストライプは出版事業を手がけるのか。それは共同創業者CEOであるパトリック・コリソンが「本の虫」だからだ。10兆円企業を作った天才エンジニアであり、人類の進歩...
391Picks
最強パーソナルブランディング「ビジネス書出版」の成し遂げ方
NewsPicks Studios
|
今回は、ディスカヴァー・トゥエンティワンの創業社長である干場弓子氏による 「次世代ビジネス書著者発掘」Vol.1。 普通の会社員でも“本を出版する”事はできる。 そしてそれは「時空を超えた1on1コミュニケーション」となり、最強のパーソナルブランディングになると干場氏は語る。 SNSが普及し、誰でも発信が出来る時代だが、本による発信は、自らの知見を深め、自らの価値を作り出し、受け手により深く自らを知ってもらえる機会を創出する。 今回は、今まで考えてもなかった事かもしれない、「自分の本を出版」し、パーソナルブランディングを高める事を目的に、 本の出版が出来る企画、構成、文章の書き方を事細かく講義してもらう。 ちなみに今回の講義内容は、ビジネスの世界でも十分役立つものだという。 全ビジネスマン必見の内容です。ぜひご覧ください ※ライブ・オンデマンド配信ともにプレミアム会員のみご視聴いただけます
214Picks
アップル、独自生成AI「Apple GPT」のため出版社や報道機関とライセンス交渉中? NY Timesほか報道
テクノエッジ
|
アップルは表立って生成系AI競争には加わっていませんが、水面下ではAIモデルを訓練するため、ニュース報道機関に「少なくとも5000万ドル相当の複数年契約」を持ちかけたと米The New YorkTimesが報じています。
338Picks
アルゴリズム分析で「売れる本」量産、83億円調達のAI出版社日本上陸へ
Forbes JAPAN
|
Inkitt(インキット)はアマチュア作家が小説を投稿、公開できる無料プラットフォームを提供するスタートアップだ。同社はInkittに掲載された小説の「読者による読まれ方」をアルゴリズム分析し、「ヒットセラーになりそうな」小説を選択、別に運
210Picks
星野佳路氏「ミシュランは日本では出版禁止にすべきだ」 町の飲食店利用促進方法を提案
東スポWEB
|
星野リゾート代表の星野佳路氏が5日、クールジャパンパーク大阪で行われた「第2回クールジャパンD...
2Picks
日刊出版ニュースまとめ 2024.03.02
HON.jp News Blog
|
執筆者:HON.jp News Blog編集部 伝統的な取次&書店流通の商業出版から、インターネット...
2Picks
老い、貧困、腰痛大藪春彦賞を受賞しても楽にならない暮らしの中で、68歳の現役作家が直面する「出版不況の荒波」【「鶯谷」第十二話#1】
現代ビジネス
|
デビューから6年が経つ。仕事の依頼もないわけではないが、流行作家というほどでもない。老境を迎えた作家が、出版業界の内幕を赤裸々に描く。
897Picks
【発売即重版】JobPicksが「未来が描ける仕事図鑑」を出版
JobPicks|みんなでつくる仕事図鑑
|
JobPicksから書籍の発売が正式決定しました。 書籍名は『JobPicks 未来が描ける仕事図鑑』です。 『JobPicks 未来が描ける仕事図鑑』は仕事選びのための仕事図鑑です。職業につい...
436Picks
なぜいま海外で日本のマンガが爆発的に売れているのか? 欧米の出版関係者が語る“その熱狂”
クーリエ・ジャポン
|
いまや世界中で親しまれている日本のマンガだが、とくにここ数年、欧米でその販売数が飛躍的に伸びている。日本のマンガはいかにして世界のメインストリームとなったのか、英紙「ガーディアン」が現地の関係者たちを取材した。どれも「1巻」がない!12歳になる娘の誕生日プレゼントを探すため、私はランチタイムに大型書店のウォーターストーンズに向かった。娘のための本選びはうまくいったためしがないので、20代の書店員に
266Picks
大手出版社は絶好調なのだが日本全国で「書店がひとつもない街」が増えているアマゾン以外の要因
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
|
「街の本屋さん」が全国で急速に姿を消している。1980年代には2万5000店を超えていたが、今や3分の1にまで減少し、最近20年間に限れば半減
187Picks
出版業界は本当に斜陽? 本を“読む”ではなく“聴く”が若年層のスタイルに「このままいけば、電子書籍を上回る可能性もある」
ORICON NEWS
|
出版業界に新たな風が吹き始めている。話題の電子書籍、電子コミックはもちろん、昨今では「音声で本を聴く」という形で本が読まれ始めているのだ。かつて目が悪くなった方やろうあ者向けのものが多かったが、現在では音声で読書を聴くことが新たな読書形態の一つになってきている。音声で本を楽しむことの反響とは実際どうなのか。オーディオブックの制作・配信元であるAmazonオーディブル(以後Audible)と刊...
1009Picks
「桃太郎」の鬼は悪くない 袖ケ浦の小6・倉持さんが本出版
東京新聞 TOKYO Web
|
童話「桃太郎」に出てくる鬼は悪くない−。袖ケ浦市立奈良輪小学校六年の倉持よつばさん(12)が、これまでの自由研究をもとに九月下旬、初の著書「桃太郎は盗人なの…
95Picks
池田大作名誉会長の関連書籍の需要拡大見込む、特設コーナー設置の書店も
産経ニュース
|
公明党の支持母体、創価学会の池田大作名誉会長が亡くなったことを受け、池田氏関連の書籍の注文が拡大することを見越し、書店も準備に追われた。
899Picks
ビジネスパーソンに人気「本の要約サイト」は出版業界の味方なのか?
Diamond Online
|
数あるビジネス書要約サービスの中でもトップを走る「flier(フライヤー)」。ネタバレになって本の売れ行きを邪魔しているのかと思いきや、出版社の販促にも寄与しているという。
出版 概要
日本
中華人民共和国
大韓民国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア