SPD1ZG4IK48V47O1
出版
JPN

出版 業界

日本
業界
>
広告・情報通信サービス
>
放送・出版
>
出版
書籍・雑誌などの出版物を、紙や電子などの媒体を問わず総合的に取り扱う企業群。輸出入事業を行う企業群も含む
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
664Picks
【新潮流】今、面白い本は「一人出版社」から生まれる
NewsPicks編集部
|
最近、似たような本が多いなあ。書店を訪れたり、アマゾンで本を探したりしている時に、こう感じることはないだろうか。その感覚は、きっと正しい。今、毎日約200冊が新たに世に送り出されていて、出版社も...
710Picks
【厳選5冊】10兆円起業家が、出版社をつくった理由
NewsPicks編集部
|
シリコンバレーには「新しい思想やアイディア」を本にする、不思議な出版社がある──。それがストライプ出版(Stripe Press)だ。決済スタートアップのストライプ創業者らが、人類の進歩を加速さ...
677Picks
【秘録】なぜ天才起業家は「絶版本」を読み漁るのか
NewsPicks編集部
|
なぜシリコンバレーの巨大テック企業、ストライプは出版事業を手がけるのか。それは共同創業者CEOであるパトリック・コリソンが「本の虫」だからだ。10兆円企業を作った天才エンジニアであり、人類の進歩...
444Picks
最強パーソナルブランディング「ビジネス書出版」の成し遂げ方
NewsPicks Studios
|
今回は、ディスカヴァー・トゥエンティワンの創業社長である干場弓子氏による 「次世代ビジネス書著者発掘」Vol.1。 普通の会社員でも“本を出版する”事はできる。 そしてそれは「時空を超えた1on1コミュニケーション」となり、最強のパーソナルブランディングになると干場氏は語る。 SNSが普及し、誰でも発信が出来る時代だが、本による発信は、自らの知見を深め、自らの価値を作り出し、受け手により深く自らを知ってもらえる機会を創出する。 今回は、今まで考えてもなかった事かもしれない、「自分の本を出版」し、パーソナルブランディングを高める事を目的に、 本の出版が出来る企画、構成、文章の書き方を事細かく講義してもらう。 ちなみに今回の講義内容は、ビジネスの世界でも十分役立つものだという。 全ビジネスマン必見の内容です。ぜひご覧ください ※ライブ・オンデマンド配信ともにプレミアム会員のみご視聴いただけます
214Picks
アップル、独自生成AI「Apple GPT」のため出版社や報道機関とライセンス交渉中? NY Timesほか報道
テクノエッジ
|
アップルは表立って生成系AI競争には加わっていませんが、水面下ではAIモデルを訓練するため、ニュース報道機関に「少なくとも5000万ドル相当の複数年契約」を持ちかけたと米The New YorkTimesが報じています。
339Picks
アルゴリズム分析で「売れる本」量産、83億円調達のAI出版社日本上陸へ
Forbes JAPAN
|
Inkitt(インキット)はアマチュア作家が小説を投稿、公開できる無料プラットフォームを提供するスタートアップだ。同社はInkittに掲載された小説の「読者による読まれ方」をアルゴリズム分析し、「ヒットセラーになりそうな」小説を選択、別に運
2Picks
Metaの詐欺広告に対する声明に糾弾の声など 日刊出版ニュースまとめ 2024.04.18
HON.jp News Blog
|
執筆者:HON.jp News Blog編集部 伝統的な取次&書店流通の商業出版から、インターネット...
3Picks
人生100年時代のセカンドキャリアに農業を! 農業キャリアコンサルタントが書籍出版
マイナビ農業
|
人生100年時代、セカンドキャリアに農業を考えている人もいるでしょう。しかし「知識や経験がなくて不安」「年齢を重ねて体力に自信がない」といった悩みを抱えているかもしれません。そんな農業初心者に向けたガイド本『難しいことはわかりませんが、50歳でも農業を始められますか?』 が、この春出版されました。本書について紹介します。
896Picks
【発売即重版】JobPicksが「未来が描ける仕事図鑑」を出版
JobPicks|みんなでつくる仕事図鑑
|
JobPicksから書籍の発売が正式決定しました。 書籍名は『JobPicks 未来が描ける仕事図鑑』です。 『JobPicks 未来が描ける仕事図鑑』は仕事選びのための仕事図鑑です。職業につい...
210Picks
星野佳路氏「ミシュランは日本では出版禁止にすべきだ」 町の飲食店利用促進方法を提案
東スポWEB
|
星野リゾート代表の星野佳路氏が5日、クールジャパンパーク大阪で行われた「第2回クールジャパンD...
436Picks
なぜいま海外で日本のマンガが爆発的に売れているのか? 欧米の出版関係者が語る“その熱狂”
クーリエ・ジャポン
|
いまや世界中で親しまれている日本のマンガだが、とくにここ数年、欧米でその販売数が飛躍的に伸びている。日本のマンガはいかにして世界のメインストリームとなったのか、英紙「ガーディアン」が現地の関係者たちを取材した。どれも「1巻」がない!12歳になる娘の誕生日プレゼントを探すため、私はランチタイムに大型書店のウォーターストーンズに向かった。娘のための本選びはうまくいったためしがないので、20代の書店員に
267Picks
大手出版社は絶好調なのだが日本全国で「書店がひとつもない街」が増えているアマゾン以外の要因
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
|
「街の本屋さん」が全国で急速に姿を消している。1980年代には2万5000店を超えていたが、今や3分の1にまで減少し、最近20年間に限れば半減
1226Picks
【新常識】AI時代、ユニコーンは「たった1人」でも作れる
NewsPicks編集部
|
たった1人の会社でも、「ユニコーン」になれる日が来る――。ChatGPTの生みの親、OpenAIのサム・アルトマンCEOは2月、あるカンファレンスでそう豪語した。生成AIの"バーチャル社員”に仕...
1009Picks
「桃太郎」の鬼は悪くない 袖ケ浦の小6・倉持さんが本出版
東京新聞 TOKYO Web
|
童話「桃太郎」に出てくる鬼は悪くない−。袖ケ浦市立奈良輪小学校六年の倉持よつばさん(12)が、これまでの自由研究をもとに九月下旬、初の著書「桃太郎は盗人なの…
415Picks
【必須教養】なぜ、世間では「炎上」が増え続けるのか
NewsPicks編集部
|
いまや、ネット上の「炎上」は日常茶飯事だ。ネット上で発生したトラブルの調査・研究を行うデジタル・クライシス総合研究所によると、2023年の炎上件数は1583件に上る。X(旧ツイッター)やYouT...
出版 概要
日本
中華人民共和国
大韓民国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア