新着Pick
SPD1YT1RNK64M8SE
食品スーパー
JPN

食品スーパー 業界

日本
業界一覧
>
小売
>
総合・食品小売
>
食品スーパー
主に食料品を中心として販売する中規模以上の小売業で、セルフサービス方式にて販売する商店を運営する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
6Picks
【HEB】、地方の食品スーパーもドライバーレス自動運転車による宅配テストを開始!? - 後藤文俊
BLOGOS - 最新記事
|
■今年の上半期、ウォルマートやクローガーなど大手チェーンストアによる自動運転車を使った宅配サービスの話題が集中した。地方のスーパーもラストワンマイルの自動運転配送サービスのテストを始める。テキサスとメキシコに約400店を展開するスーパーマーケットチェーンのHEBが10日、自動運転車スタートアップの「ユーデルブ(Udelv)」と提携し宅配サービス実証実験を開始することを発表した。サンアントニオ...
519Picks
【直撃】いよいよ始まった、「アマゾンスーパー」第2章の勝算 
NewsPicks編集部
|
巨人アマゾンがネットスーパーの強化を図ろうとしている──。アマゾンが日本で生鮮食品を扱うようになったのは「Amazonフレッシュ」を始めた2017年4月。それから、2年。次の一手は、スーパーマー...
18Picks
スクープ速報!セブン&アイが食品スーパーの新業態出店へ、その狙いは!?_小売・物流業界で働く人の情報サイト【ダイヤモンド・チェーンストアオンライン】
小売・流通業界で働く人の情報サイト_ダイヤモンド・チェーンストアオンライン
|
スクープ速報!セブン&アイが食品スーパーの新業態出店へ、その狙いは!?。ダイヤモンド・チェーンストアオンラインではマーケター・経営者様必聴のセミナーや分析データ、その他小売・流通業界の最新情報をお届けします。
14Picks
【ネットスーパー】、ウォルマートがアマゾン超え!アマゾン&ライフで起こる変化とは? - 後藤文俊
BLOGOS - 最新記事
|
■アマゾンがホールフーズを買収して2年が過ぎようとしている。ゲームチェンジャーとなる世紀の買収に反応したのはスーパーなどの競合チェーンストアだ。ネットスーパーに乗り出す食品スーパーが続くことになった。特にウォルマートは実店舗を生かしたオムニチャネル展開で全方位型に客を取り込んでいる。そこで気になるのはネットスーパーの評判だ。どの企業のネットスーパーが最も評判が良いのか?それが明らかになってい...
1232Picks
アマゾンとライフが協業 年内にもネット生鮮通販
共同通信
|
アマゾンジャパン(東京)と食品スーパー大手ライフコーポレーションが生鮮品のネット通販事業で協業することが29日、分かった。アマゾンの生鮮も扱う有料会員向け通販事業「プライムナウ」にライフが出店し、年内にも都内の一部で始める。高齢化や共働き世帯の増加で生鮮通販の需要は高まっており、協業で市場の底上げを目指す。
13Picks
田園都市線スーパーが客離れを起こした「真因」
東洋経済オンライン
|
田園都市線沿線に、気になって仕方がないスーパーがある。もともとごく普通のスーパーで、普段の食品や台所道具などの日用品が一通り揃い、近くに住む我が家は重宝していた。便利に感じていたのは周囲も同様だった…
16Picks
食品スーパー「サミット」を復活させたマーケティング改革、記者会見での男泣きの理由とは?
note(ノート)
|
かつて、スーパーでは当日売れ残りの生前食品を翌日付けとウソをつき、梱包し直すリパックという行為が当たり前に行われていたそうです。こんなことがまかり通っていたかと思うと、ゾっとしませんか? 社会派映画「スーパーの女」は、業界のタブーとなっていたリパックに斬りこみ、作中で舞台となっていたスーパーがその悪習を辞めるシーンが描かれています。作品のモデルとなった客にウソをつかない正直なスーパーが住友商...
14Picks
インドネシア・マレーシア・タイでオンライン食料品デリバリを展開するHappyFresh、シリーズCラウンドで2,000万米ドルを資金調達
THE BRIDGE
|
ジャカルタに本社を置くネットスーパー「HappyFresh」が、2,000万米ドルのシリーズ C ラウンドをクローズした。同ラウンドは韓国のベンチャー... 投稿 インドネシア・マレーシア・タイでオンライン食料品デリバリを展開するHappyFresh、シリーズCラウンドで2,000万米ドルを資金調達 は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。
24Picks
アマゾンがプライム会員をホールフーズの顧客にできない理由
Forbes JAPAN
|
米アマゾン・ドット・コムは2017年、高級自然食品スーパーのホールフーズの買収によって食料品事業に参入した。この計画の重要な点は、アマゾンの有料会員「プライム」のメンバーをホールフーズの顧客に変えることだった。だが、米調査会社ウルフ・リサー・・・
17Picks
なぜイオンの売り場は"パッとしない"のか - "トップバリュ"のてこ入れが急務だ
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
|
小売業としてのイオンがパッとしない。金融事業や不動産事業は好調だが、中核となる総合スーパーや食品スーパーがかんばしくないのだ。店舗…
24Picks
ウォルマートがAI活用大型スーパーをオープン、Amazon Goとは別戦略
TechCrunch Japan
|
米国時間4月25日、Walmart(ウォルマート)はニューヨーク州レビットタウンに「スーパーマーケットの未来形」をオープンした。この店舗はAIカメラ、対話的商品陳列など次世代テクノロジーの実験場となる。コンセプトはインテリジェントリテールラボ、頭文字でIRLだという。 このスーパーはWalmartが展開する生鮮食品、日用品に特化したネイバーフッドマーケットの1つで、取り扱うアイテムは3万点と...
11Picks
スーパーのオーケーはなぜ高い増収率を維持できるのか、二宮社長に聞く - News&Analysis
Diamond Online
|
食品スーパーで、最も勢いのある企業の1つといえるのが、「高品質・エブリデイ・ロープライス)」を掲げる「オーケー」だ。数年前からは東京23区内への出店を加速させている。現在の取り組みや成長戦略を二宮涼太郎社長に聞いた。
16Picks
物流の救世主となるか ドローン物流の現状に迫る
ZUU Online|経済金融メディア
|
昨今、物流業界では人手不足が叫ばれている。そこで注目されているのがドローンによる配送である。現在、国内外問わず多くの企業がドローン配送ビジネスに参入しようとしている。今回は物流業界全体の課題と各社の動向、ドローン物流を展開するにあたり直面する今後の課題を説明する。 ■物流業界の膨れ上がる課題 インターネット通販の拡大により宅配件数は年々増加している。近年ではネットスーパーで食料品や日用品を購...
318Picks
「食品ロス」減へ スーパーの食材を「子ども食堂」に
NHKニュース
|
売れ残りなどによって食材が捨てられる「食品ロス」を減らそうと、東京 荒川区はスーパーで賞味期限が近づいた食材などを地域で…
14Picks
楽天西友ネットスーパーだけが、各社軒並み撤退のなかで“想定外の好調”の理由
ビジネスジャーナル
|
「楽天西友ネットスーパー HP」より  日用品だけではなく、生鮮食品や加工食品までインターネットで購入できるネットスーパーだが、この便利なサービスの事業者の多くが、赤字で苦しんでいるという。  ネ...
83Picks
マックスバリュ西日本、24時間営業中止へ 人手不足で
朝日新聞デジタル
|
中国・四国地方を中心に食品スーパーを展開するイオン系の「マックスバリュ西日本」(広島市)は4日、一部の店舗で続けてきた「24時間営業」をやめると発表した。人手不足で十分なサービスが提供できないためだ…
13Picks
世界最大手食品スーパー Kroger最新アプリの将来性と、日本の小売業が学ぶべき多くのチャレンジ
Agenda note
|
多くのカメラが店内に設置されている狙い  前編と中編で紹介してきた、「Scan,Bag,Go」の技術要素から紹介していきます。  ・デジタルシェルフ用ハード 棚上に設置されている表示管理用ハード...
186Picks
「パン好きの牛乳」が狙い通りにパン愛好家をとりこにできた理由
Diamond Online
|
2018年4月からカネカ食品(東京・港区)が販売をしている「パン好きの牛乳」。発売当初、街のベーカリーやパンのイベントのみの限定販売だったが、そのおいしさがパン好きの間で人気を博し、同年11月からは大手スーパーでも取り扱いが始まるなど人気となっている。全国のパン愛好家を魅了する「パン好きの牛乳」の秘密に迫る。
23Picks
新規参入が続く生鮮食料品EC。黒字はわずか1%。95%が赤字。
中華IT最新事情
|
生鮮食料品をネット販売する生鮮EC、また店舗と生鮮ECを融合した新小売スーパーの新規参入が続いている。しかし、その中で黒字になっているのはわずか1%で、95%は赤字になっていると楽居財経が報じた。 中国のEC販売額は115兆円 1月21日、中国国家統計局は、2018年の全国の小売消費の統計を公開した。これによると、小売総額は全体で38兆0987億元(約630兆円)。このうち、EC販売額は9兆...
15Picks
アマゾンが新たな食料品店の出店を計画、米国の複数都市でーWSJ
Bloomberg
|
米アマゾン・ドット・コムは、米国内の複数都市で食料品店のオープンを計画している。米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が報じた。アマゾンは傘下に食品スーパーのホールフーズ・マーケットを有しているが、同スーパー以外にも食品小売り事業を拡大する動きとなるもよう。
食品スーパー 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
シンガポール
マレーシア
タイ