新着Pick
SPD1YNBUNL12JT8M
自動車シート
JPN

自動車シート 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
自動車部品製造
>
自動車シート
自動車内に装備されるシートを製造する企業群。シートの一部を構成するシートアジャスター、リクライナー機能や、シート用の布、レザーのみを製造する企業も含む
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
12Picks
自動運転車を支える部品メーカーの未来技術とは?
FUJITSU JOURNAL
|
次世代の自動車といえば、自動運転機能のみが注目される傾向が見られるが、実際にはそれ以外の部分でも、クルマのロボット化が進んでいる。 日本の住友ゴムやAGC、小糸製作所などが開発している新たなセンサー機能を持つスマートタイヤ/ヘッドライト/シート、ウィンドウアンテナも大きな役割を果たしていく。新たな技術潮流の中で生き残るために、関連産業も自らの製品のあり方を見直し、改革を推進しているのである。
17Picks
自動運転時代にブームくる!?、クルマのシートで「ゆるスポーツ」
ニュースイッチ
|
テイ・エステックがIoT(モノのインターネット)やアプリケーション(応用ソフト)を組み合わせ、次世代シートシステムを提案している。シートにスポーツの要素を取り入れて新たな競技を考案するなどシートに座る楽しさを訴求する。「愛されるシート」と名付けたシステムとして仲間作りを進めつつ、従来の自動車用シートの役割にとどまらない社会的課題の解決にもつなげる。(文=山岸渉) 「地球環境を考えるとシートを...
12Picks
高級車メーカーが続々と女性向けサービスを強化する理由
Forbes JAPAN
|
初めて自分で車を買って、運転した時のことが忘れられない。劇的に拡がる行動範囲。ステアリングの手触り、革のシートの匂い、カーステレオの響き。夜風を感じながらのドライブの爽快感。車を所有すること、操ることへの喜びは性別も年齢も問わない特別なもの・・・
434Picks
ハンドルなしでも運転手がいなくとも、自動運転車で公道走行実験OK
ニュースイッチ
|
米ミシガン州で全米50州としては初めて、自動運転車について路上走行実験から利用、販売までカバーする包括的な規制を盛り込んだ州法が成立した。同州のリック・シュナイダー知事が9日、法律に署名した。ハンドルやブレーキペダルがない自動運転車や、人間の搭乗者がフロントシートにいない場合でも公道走行実験を許可するなど、自動運転の事業化を狙う企業に寛大な制度となっている。 ハンドルもペダルもなく、運転手を...
413Picks
あなたは一週間スマートフォンなしで過ごせる?
ReadWrite Japan
|
まず一週間スマートフォン断ちした話を進める前に言っておかなければいけないことがある。実の所、ズルをした。 言っておくが大きな不正ではない。ReadWriteの編集長、オーウェン・トーマスが一週間モバイルデバイス無しで過ごしてみて、その体験を記事にするよう呼びかけていたので、私が協力した。全然大したことじゃないだろう思っていた。 しかしこれがしんどかった。 スマホのない生活なんて 私自身、iPhoneやKindle Paperwhiteについてかなり依存していることから、ある程度の禁断症状に襲われる事は予想していた。 しかし世間がますますモバイルデバイスありきになってきているという点は想定外だった。空港でのチェックインから、電話を掛けること(忘れられがちかも知れないが、これも立派なスマホの機能だ)、旅行先(例えばアトランタとか)での自分撮りに至るまで、スマホは持ってて当然になっている。 持ってないならないで方法はあるが、その手間に見合うものではない。 携帯デバイスを使えない一週間は気分のいいものではなかったが、妙な充実感があった。自分がなぜモバイルデバイスを使うのかについて再考させられる一時だった。 1日目:安息日を忘れずに、携帯デバイスから離れよ 私は信心深い方なので、日曜を大事にする。「汝、携帯デバイスを触るのを休め」というのは厳しい戒めではないだろう。少なくともこれまではそう思っていた。しかし朝の6:30にもなると早速支障が出てきた。通知機能をOffにするのを忘れていたため、スマホはメッセージの受信ですでに唸りをあげていた。 これらの着信は、今回の企画のルールがあるため、無視しなくてはならない。 非常に非キリスト教的なボヤキを入れた後、Macのメッセージアプリとスカイプを立ち上げてこの件は解決した。 私は自分でも分かってるアップル信者であり、この企業は私のような人間がiMessageを通じて他のMac、iPad、iPhoneユーザーと容易にメッセージをやりとりさせてくれる。Android、あるいはWindows Phoneを使っている知り合いとはSkypeを使う必要があるが、この場合問題となるのが、テキストを送ることはできても受け取ることが出来ない点だ。これはお金を払ってSkypeナンバーを持っている場合でも変わらない。結局知り合いが私に連絡をとろうとすると、週一くらいしかチェックしないSMSに送らざるをえないのだ。 電報のほうがまだ手っとり早いのではないだろうか。 電話を掛けることも出来ない。今週に限って使える電話を持ってないからだ。かつて公衆電話が至る所にあったが、西側諸国に置いては既に見られなくなっている。更には携帯電話を持っているため、家にも電話はない。(恨むぞオーウェン・トーマス!) メッセージの送受信が出来るGoogle Voiceはベターな選択のようだが、一から設定するのはやりたくない。 この日は時間が経つと共に悪いものになっていった。教会での暇な時間を、私自身サポーターでもあるアーセナルFCのニュースを隠れてチェックする事で潰すことも出来なかった。夜にはKindleで読んでいたツルゲーネフの「父と子」を読み進めることも諦めざるを得なかった。やろうと思えばMacのKindleアプリで読むことも出来るのだが、デスクトップでの読書は辛いのだ。 というわけで、その日は早く床につくことにした。電話もないのに起きてて何をするというのだ。 [caption id=attachment_11703 align=aligncenter width=1199] スマホがなければUberも使えない[/caption] 2日目:携帯デバイスを持たない日と月曜日はいつも鬱な気分になる しかしなぜ私はオーウェンの話を引き受けたのだろう。あまり移動しない人にとって、なんと言うことはない挑戦に思える。しかし私は仕事であちこち駆けまわっており、今週もそれは変わらない。 まずニューヨークまで飛行機で行かなければならず、この時点でまず問題がある。私はいつもデルタ航空のアプリでチェックインを行っており、このアプリを使ってシートの変更やアップグレードの状況確認なども行えるのだが、今日はこれを使えないので搭乗券を印刷しなければならない。 また思いも寄らなかったことだが、スマホがなければUberでの配車も出来ない。今朝のタクシーの手配は、様々な理由もあり複雑だ。結局Uberとデルタ航空の件ではルールを破ることにした。(すまないオーウェン、最後までやりきろうという意思はあるが人とは弱い生き物なんだ) 昔は飛行機が飛び立ったら携帯電話を仕舞うしかなかったが、今日ではFAAが機内での携帯デバイスの使用についての規則を撤廃したため、高度10,000フィートに達してGogo Wi-Fiコネクションでネットにつながるまでの耐え難い30分をどうするかを考えなければならなかった。 JFケネディ空港で長いタクシー待ちの行列があったので、ここでもズルしてUberを使い、市内にあるMongoDBのオフィスに向かう足を得た。 この時点ではまだ、携帯デバイスを永遠に手放す事は可能であるように思われた。 ... 少なくとも娘とウェストビレッジで食事をするために道を探さなければならなくなるまでの話だ。ラップトップを使ってバルブートまでの最短経路を探し、それを記憶して外に飛び出した。しかし誰かにあった瞬間記憶は飛んでしまい、またGoogleマップで道を探すハメになった。  これまでの戦績 : 筆者 vs. 携帯デバイス 0 - 4 3日目 (火曜日) 携帯デバイスが使えないという悪夢は目が覚めた瞬間から始まった。普段、携帯は目覚ましも兼ねている。オーウェン・トーマスのおかげで昨晩は目覚まし時計の設定の仕方を調べなければならず、もし設定が失敗していたらと考えホテルにもモーニングコールを頼んだ。そして朝の5時、その両方にたたき起こされた。 決していい気分ではない。 エクセサイズの時に音楽も聞けず、ラガーディアからアトランタまでのフライトのチェックイン、更に空港からミーティングが控えてるBuckheadへの交通もままならず、ランチの約束に遅れる連絡も出来ない。 このチャレンジでいいことが一つあったとしたら、InstagramやFacebookで知り合いが旅行を楽しんでいる様を見ずにすんだことだろう。どちらもラップトップからみることはできるが、あのアイコンや通知がなければ、チェックしようという気にならない。 しかしながら知り合いと繋がりが無くなるということは、家族とも同様に繋がりをなくすということだ。末娘への本の読み聞かせは、一週間ひたすら耐えた私を癒してくれる、愛してやまないルーチンである。それもオーウェン・トーマスとホテルのチャチなWi-Fi(これも彼のせいという事にしておこう)のせいで台無しにされてしまった。普段ならKindleの朗読をFacetime越しに聞かせてやるのだ。 代わりにKindle Cloud ReaderとSkypeを試してみたが、音質は酷いものだった。Skypeの音声が何度も途切れるのを我慢していたものの、結局諦める事になった。 4−7日目(携帯無し生活のプラス面) この週の残りは時間が経つに連れ、ある意味で良くなり、またある意味では悪くなっていった。悪くなっていったというのは、時が経つに連れ西側諸国はモバイルありきで作られているということを嫌というほど分からされた事だ。 たとえ表を走るとか自転車に乗るといった様なシンプルな楽しみにおいても、タイムや走行距離を計測するのであれば携帯デバイスは必要になってくる。(Run/Ride nakedというムーブメントもあるが、私はこういった計測を行っている) iPhoneが手元にあるだけでより簡単に、より便利になることは多くある。 しかしながら(ほぼ)携帯なしの生活を一週間おくったなかで、気づいたことがある。自分で考える事の大事さだ。ニック・カーがいうように、Google(もしくは携帯デバイス)は我々を馬鹿にしようとしてるのかも知れないが、ハッキリ分かることは携帯デバイスによって自分がかつてより落ち着きなく、思慮深さに欠けるようになっているという点だ。携帯デバイスを断ったこの一週間、或る種の平穏を再発見することが出来た。 携帯デバイス無しでの最初のフライトは悲惨なものだったが、4回目のフライトにもなると、一種の救いのようにも思え、待ち望むようになった。 そして、少なくとも今しばらくのところはだが、私の習慣もリセットすることが出来た。ユタまで車で帰る時、赤信号のたびにスマホをチェックする事はなくなった。 実の所、静寂を気に入った。あるアドバイスに従い、携帯デバイスの通知を全てOffにし、メールの受信もマニュアルで行うようにした。(こうすることでバッテリーの持ちも格段に良くなる)またジムなどに行く際にスマホをもって行かなくなった。 奇妙かも知れないが、実際の話だ。 もう一週間モバイル断ちをすることはないだろう。バケーションなら可能性はあるが、かなりの移動を伴う平日に行うことはない。 しかしバケーション先でも携帯デバイスを使う実用上の理由はある。道や情報を調べたり、子供が何処かに行ってしまわないよう監視したりなどだ。 ゴールは自分の人生から携帯デバイスを完全に排除することではない。あくまでバランスを取ることだ。携帯デバイスをただ要求するのではなく、それが本当に必要な時というものを理解することで、自分自身の世界に対する直観を取り戻せるのだ。 画像提供:Madeleine Weiss
264Picks
数年後、車は「良き話し相手」に変わっているかもしれない
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
ハンドルやドア、窓、シートに至るまで。数年後の車は今と全く異なるものになっているかもしれない。 AIや自動運転技術の進歩、GoogleなどのIT企業がモビリティ分野へ参入したことで、自動車メーカーが考えてきた車や移動のあり方は再定義が進んでいる。自動車メーカー各社は車自体がリプレイスされるのではなく、新たなフェーズの車を模索している。車は一体どのような形になり、どのような役割を果たすのか。 ...
218Picks
米国市場でスバル一人勝ち。快進撃の裏に緻密な戦略を見た!
ニュースイッチ
|
「北米向け新型スポーツ多目的車(SUV)で子育て層など新規顧客を狙いたい」と話すSUBARU(スバル)米販売会社スバル・オブ・アメリカの中村知美会長。主戦場の北米で来年3列シート搭載の大型SUVを発売する。4月に
204Picks
自動車部品は3Dプリンターでつくる時代に──GMの“成果”から見えたクルマづくりの未来
WIRED.jp
|
ゼネラルモーターズ(GM)は30年前から3Dプリンターを導入し、プロトタイプ製作に活用し続けてきた。いま、その技術はついに実用化の段階に入り、最初の成果であるシートブラケットが発表された。より速く、軽く、美しい自動車をつくるために不可欠の技術として開発を進めるデトロイトの巨人が夢見るクルマづくりの未来とは。
180Picks
入荷即完売の自転車用レインカバーがママの熱烈支持を集めるワケ
Diamond Online
|
「ようやく買えた!」。都内に住むある専業主婦は今年6月、歓喜の声を上げた。Eコマースサイト「楽天市場」で、ある自転車用チャイルドシートのレインカバーを手に入れることができたからだ。主婦の入手した「リトルキディーズ」のレインカバーは一時、楽天市場に入荷後1分もたたずに完売していた人気商品。販売店舗に連絡しても「予約しても数カ月かかる」といわれていた。そのため喜びもひとしおだった。
131Picks
旭化成の米セージ買収、決断の裏に東レの存在
ニュースイッチ
|
旭化成による自動車用シート材大手の米セージ・オートモーティブ・インテリアズ買収決断の裏には東レの存在があった。注力する人工皮革事業の命運が尽きかねない瀬戸際の状況が、7億ドル(約791億円)と同社で過去3番目の大型買収に踏み切る主要因だった。電池材料など何かと競合することの多いライバルが図らずも後押しした格好だ。一方、米社は年間約40億円の利益貢献が当面期待できそうで、良い買い物なのは間違い...
56Picks
次世代の自動車シートフレーム、メーカーが狙う競争力
ニュースイッチ
|
タチエスは、次世代型のシートフレームを2022年めどに開発する。現在の同社製シートフレームと比べて約1割軽量化するほか、部品点数を削減するなどで価格競争力を高める。並行して、高張力鋼板(ハイテン)材
65Picks
スバル、初の2400ccターボエンジン量産へ。基幹部品は日本で
ニュースイッチ
|
SUBARU(スバル)は2018年3月に、同社初となる排気量2400cc新型エンジンの量産を始める。18年に北米に初投入する3列シートの大型スポーツ多目的車(SUV)「ASCENT(アセント)」に搭
64Picks
人生も仕事も「近道」を選べ! “時間をかけずに成功する人”の作法を教えます
クーリエ・ジャポン
|
おばあちゃん、友人、好みの異性。誰を選ぶ?激しい雷雨のなか、車を運転していると、前方にずぶ濡れで歩いている人がいる。よく見ると、足元のおぼつかないおばあちゃんだ。それから、昔とても世話になった友人の姿も見える。さらに道の反対側には、恋人にしたいほど素敵な異性も目に入った。できることならみんなを車に乗せてあげたいが、あいにく空いているシートは1つ。誰を助ければいいのか。1つの椅子に3人の候補とはなか
54Picks
自動車の重量を半減する――Gordon Murray Designのシャーシフレーム技術「iStream Superlight」
fabcross for エンジニア
|
著名な自動車デザイナー Gordon Murray氏率いるGordon Murray Designは、車体重量をこれまでの半分にカットするシャーシフレーム技術「iStream Superlight」と、同技術による軽量シート「iStream lightweight seat」を発表した。 iStream Superlightは、自動車の大量生産に使われているプレス加工された鉄板の代わりに、高...
57Picks
「スバル車」組み立てラインを主要サプライヤーと同期。中間在庫削減へ
ニュースイッチ
|
富士重工業は2020年までに、自動車の組み立てラインと主要サプライヤーの生産ラインを同期させるリーンな生産体制を構築する。組み立て車種順に部品を調達し、中間在庫を減らす。群馬製作所(群馬県太田市)近郊の主要部品メーカー3社と連携し、まずシートなど15部品を対象に構築。20年以降に他の部品メーカーにも広げる。年販100万台超体制で持続的に成長するため、生産体制を刷新する。 新たに構築する生産方...
39Picks
自動運転時代は「シート」も変わる!
ニュースイッチ
|
自動車業界の大きな変化として注目される自動運転。運転時間が“自由時間”に変わるため車内空間にも進化が求められる。特にシートは体に誰もが触れ、目に付く部材であるだけに快適性向上が不可欠だ。シートメーカー
36Picks
シート部品メーカーも自動運転技術を研究中
ニュースイッチ
|
今仙電機製作所は自動車の座席の位置や角度を調整するシートアジャスター大手。独立系でホンダや日産自動車、富士重工業、三菱自動車などの日系メーカーに供給する。藤掛治社長がいま最も力を入れるのは、アジャスターに続く事業の「第2の柱」の育成だ。 自動車部品事業を6月下旬にシート事業部と電子・電装事業部の二つに分離。「それぞれに収益をしっかり見ないといけない」(藤掛治社長)として、製品ごとの収益責任を...
32Picks
マツダ「8」を埋めた3列SUV
ニュースイッチ
|
マツダは14日、新型3列シートスポーツ多目的車(SUV)「CX―8」を12月14日に日本で発売すると発表した。米国市場には3列SUV「CX―9」を投入しているが、国内での3列SUVの発売は初めて。最新のクリーンディーゼルエンジンを搭載し、走行性能のほか、室内の快適性も向上させた。輸入車を含めた3列SUVの国内の月間販売台数は約3000台。マツダは市場が未成熟な3列SUVで新型車を投入し、自ら...
自動車シート 概要
日本
中華人民共和国
アメリカ合衆国