新着Pick
SPD1RHDC33HZ4JZJ
不動産投資
JPN

不動産投資 業界

日本
業界一覧
>
金融
>
資産運用
>
不動産投資
不動産(オフィスビル、マンション、商業ビル等)に対して、自社または自社の運営するファンドを通じて投資を行い、運用益から収益を得る企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
4Picks
利便性抜群の渋谷は不動産投資におすすめの場所!魅力や不動産投資データを紹介
MIRAIMO | 不動産がもっと楽しくなるメディア
|
渋谷は日本の流行の発信地。 誰もが憧れる東京を代表する観光地でもあり、鉄道もたくさん通っていてアクセス面においても文句なしの場所です。 では、そんな利便性の高い渋谷で不動産投資を行ったら...
245Picks
【直撃】中国人を「やみつき」にする不動産テック
NewsPicks編集部
|
年間100億円以上の成約総額に達しているという中国人向け日本の不動産情報アプリ「神居秒算(シェンジューミャオスアン)」。運営するNeoXの何書勉CEOに中国人投資の状況と、同アプリの人気の秘密に...
1Pick
渋谷へのアクセス抜群な三軒茶屋で不動産投資をしよう!魅力や不動産投資データを解説
MIRAIMO | 不動産がもっと楽しくなるメディア
|
世田谷区にある三軒茶屋は「三茶」と呼ばれ皆に親しまれている街ですね。 渋谷まで2駅とアクセスが便利なのに加え、駅前の利便性も高く、賃貸需要も高い街です。 では、そんな三茶で不動産投資を行...
15Picks
やっぱり外貨資産を持つべき理由。現地で現金を引き出せるタイプも
ZUU online
|
長く続く低金利。手元の資金の運用先に悩むこともあるだろう。株式、投資信託、不動産投資といったややリスクが高い金融商品のほかに、利回りがいい外貨による運用を検討することもあるはずだ。
23Picks
ソフトバンクがWeWorkの経営権取得へ
TechCrunch Japan
|
日本の巨大ITコングロマリットで投資企業のソフトバンクグループは、コワーキングオフィスを手掛ける不動産会社であるWeWorkの親会社The We Company(We Co.)の差し迫った崩壊を救うべく準備をはじめた。 The Wall Street Journalが報じた。 予定していたIPOが中止となったThe We Companyは財政危機に直面している。同社は上場直後に、数十億ドルの...
73Picks
苫小牧リゾート投資額2500億円に拡大 ホテル500室、別荘1000戸
北海道新聞 どうしんウェブ
|
不動産開発大手森トラスト(東京)の森章(あきら)会長がオーナーを務める投資会社「MAプラットフォーム」(同)は8日、苫小牧市に計画する大規模リゾートについて、事業を大幅に拡大し、投資額が当初見...
18Picks
自己肯定感が高いと、タダでもいらないものが「金のなる木」に変わる - 手取り17万円の勤め人が「僕ちゃん天才」と言い始めたら年2400万円稼げた超成功法則
Diamond Online
|
「不動産投資は危ない」「人口減少で空き家が増える」といわれる昨今、自己肯定感が高い投資家は、自ら行動し、誰も気づかない歪みを見つけて高利回りを享受している。
368Picks
【個人年金】「マンションで資産作り」に向く人・向かない人
NewsPicks編集部
|
「マンションで個人年金作り」のセールストークでおなじみの不動産投資。ローンを組んで投資用マンションを購入し、返済が終わる頃には家賃収入が入る不動産が手元に残るという説明が多い。金融商品への投資に...
95Picks
「不動産投資」は金持ちほど圧倒的に有利な理由
東洋経済オンライン
|
不労所得を実現する手段として、多くの人がイメージするのは、やはり不動産投資ではないかと思います。ここ10年、アパートやマンションなどを1棟丸ごと購入して家賃収入を得るという、いわゆる「大家さんビジネス…
68Picks
究極の元本保証!富裕層こそ実践したい「米国債投資」とは
ZUU online
|
「投資」や「資産運用」という単語から連想しやすいのは、大きな利回りが期待できる株式投資や不動産投資などが中心です。大企業の株式であれば、安定的な成長が見込まれることに加えて配当や株主優待などのメリットも享受できます。
22Picks
不動産売買にかかる手数料とは?早見表や+6万円についても徹底解説
ZUU Online|経済金融メディア
|
不動産投資を行ううえで、必要となるのが不動産仲介業者に支払う手数料だ。不動産は売買価格が高額なため、必要となる手数料も高くなることがある。そこで今回は不動産売買に係る手数料がいくら必要になるかを解説する。不動産投資の参考にしてほしい。 ■不動産売買時にかかる仲介手数料とは? 不動産売買時にかかる仲介手数料とは、売買を仲介する不動産会社に支払う手数料だ。 不動産の売却を依頼した場合、その会社は...
31Picks
どう読む?東京オリンピック後の不動産市況を予測
ZUU Online|経済金融メディア
|
東京オリンピックという一大イベントを来年に控えて、不動産投資家の間ではオリンピック後の不動産市況が大きな関心の的となっている。今回はオリンピックが不動産の需給バランスに影響を与える要因をピックアップし、それらのインパクトを評価して、今後の不動産市況を占ってみよう。 (1)人口推移 不動産を購入したい人が多いほど需要は増加する。これには人口の増減、景気の良しあし、海外からの投資、訪日客などが大...
13Picks
知られざる「ウクライナ不動産投資」。そのポテンシャルとリスクとは?
ハーバー・ビジネス・オンライン/最前線ビジネスパーソンの『知りたい』に応えるビジネスメディア
|
ロシアのクリミア半島への侵攻以来、政情不安のイメージが根強いウクライナだが、実は投資対象国としては「穴場」になっているらしい。実際に現地で不動産を購入した内藤忍氏の話を元になかなか一般人が知りえない世界を紹介! ウクラ […]
10Picks
不動産クラウドファンディングの「FUEL」運営、シーアールイーグループと不動産テック特化VCのデジタルベースキャピタルからシード資金を調達
THE BRIDGE
|
不動産クラウドファンディング・プラットフォーム「FUEL(フエル)オンラインファンド」を開発・準備するクラウド・インベストメントは28日、シードラウン... 投稿 不動産クラウドファンディングの「FUEL」運営、シーアールイーグループと不動産テック特化VCのデジタルベースキャピタルからシード資金を調達 は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。
20Picks
中国人専用の「日本不動産アプリ」は日中の架け橋を目指せるか
不動産投資の教科書|本当に良質な不動産会社だけをオススメするメディア
|
最近の中国国内の不動産価格は高止まりしており、富裕層同士の転売ゲーム、ババの引かせ合いのような様相を見せています。その反動かは分かりませんが、中国人富裕層にとっては投資に旨味が多い日本の不動産に高い関心が行っているようです。
13Picks
少額から始める不動産投資、投資先を選ぶ方法やREITについて解説します
ZUU Online|経済金融メディア
|
不動産投資というと、「投資金額が大きい」、「初心者には向いていない」といったイメージがあるのではないだろうか。 しかし、不動産投資の中にも少額で出来る方法はたくさん存在しており、やり方によっては大きく収益を上げることが可能だ。 少額から始める不動産投資の例を紹介し、資金が少なくても不労所得が得られる投資スタイルを紹介します。 ■不動産投資における少額とは? 不動産投資には数千万円から数億円が...
19Picks
ワンルーム投資の失敗から学ぶ、不動産投資で成功するためのコツとは?
ZUU Online|経済金融メディア
|
にわかに不動産投資の人気が高まっている昨今だが、なかでも「ワンルーム投資」に注目する人が多くなってきた。一方、「不動産投資でワンルームを選ぶと失敗しやすい」などという情報も飛び交っている。一体なにが正しいのか……投資初心者には判断できず、ただ不安だけが増している人も多いことだろう。そこで今回は、ワンルーム投資の実体とともに、成功するための投資のコツについて詳しく伝えることにする。ぜひ参考にし...
22Picks
スゴ本の中の人が選んだ、1万円で“一生モノの教養”を身につけるための5冊
マネ会
|
「わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる」の中の人、Dainと申します。今回はお金で買うことのできる一生モノの自己投資になる本をご紹介したい。現金や不動産、貴金属からビットコインまで、財産は盗られたり目減りしたりする恐れがある。だが、頭の中の財産は、誰も奪うことができない。すなわち、知や教養は、いったん頭に蓄えたら、一生涯あなたのものとなるのだ。ここでは、あなたの知となり教養とな...
15Picks
HISがユニゾへ異例の強行TOB。裏にあるユニゾの“激安さ”
QuestHub Insights
|
「日本の株式市場において歴史的なTOBになる」。ある海外投資ファンド幹部がこう評価するのは、10日に発表された、旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)による不動産事業やホテル事業を運営するユニゾHDへの株式公開買付け(TOB)だ。異例なのはTOBに至る経緯だ。通常であればTOB実施会社は対象企業と事前に協議を行い、合意を取り付けた上で実施する。ところが、今回のTOBは事前協議なしに行われる。
不動産投資 概要
日本
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン
ベトナム