新着Pick
SPD1L4Y81HW1HOUJ
自動車販売
JPN

自動車販売 業界

日本
業界一覧
>
小売
>
自動車関連小売
>
自動車販売
自動車メーカーと直接・間接的に特約店を契約を結び自動車を販売する小売企業群。但し、中古車の販売を主とする中古車ディーラーは除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
22Picks
仏ルノー、上期販売は6.7%減 下期は新モデル投入が寄与へ
Reuters
|
[パリ 16日 ロイター] - フランスの自動車大手ルノー<RENA.PA>は、上半期の販売が6.7%減の194万台となったことを明らかにした。
482Picks
売り上げは固定店舗の4倍 「フードトラック」はなぜ人気なのか
AERA dot. (アエラドット)
|
料理の移動販売車「フードトラック」をランチタイムに街中で見かけることが増えた。フードトラックはケータリングカーやキッチンカーとも呼ばれる。ここ数年、本格的な料理を提供するフードトラックがオフィス街で...
30Picks
SOMPO競争力底上げなるか…通販系車保険2社統合の効果
ニュースイッチ
|
SOMPOホールディングス傘下の通販系自動車保険会社2社が7月1日に経営統合した。少子高齢化で市場環境が厳しくなる中、合併によって経営効率化と収益性向上を目指す。自動車保険はCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)やMaaS(乗り物のサービス化)など新たな潮流の中にあり、競争力の底上げにつながるかが注目される。(文=増重直樹)販売方法多様化 セゾン自動車火災保険とそんぽ24損...
35Picks
中国自動車販売、12カ月連続の減少 今年も減少へ
Reuters
|
[北京 10日 ロイター] - 中国汽車工業協会(CAAM)が発表した6月の自動車販売台数は、前年同月比9.6%減の206万台と、12カ月連続の減少となった。CAAMは、横ばいと予想していた今年の販売台数が、前年に続き減少するとの予想を示した。
12Picks
【米国株動向】テスラ、世界販売台数急増で株価急騰
ZUU Online|経済金融メディア
|
モトリーフール米国本社、2019年7月2日投稿記事より 電気自動車のテスラ(NASDAQ:TSLA)が2日火曜夕方に発表した第2四半期(4月~6月)の世界販売台数は、量販車「モデル3」の大幅増によって四半期としては過去最高となりました。 市場は発表を好感し、株価は時間外取引で7%以上上昇しました。 状況は、物流関連の問題で販売が大きく落ち込んだ第1四半期から一転しました。 ■ 第2四半期の生...
83Picks
マツダが車名を一新へ 「MAZDA」と数字で統一 ブランド強化 知名度まだまだ
産経ニュース
|
マツダは4日、ブランド強化策の一環として、展開する車の名称を「MAZDA(マツダ)」と数字の組み合わせに原則として統一することを明らかにした。この日は旗艦モデルのアテンザを「マツダ6」に改名して8月に発売すると発表。小型車のデミオも近く「マツダ2」に改名する予定だ。国内販売担当の福原和幸常務執行役員は「新技術を搭載する一連の新世代商品群で、マツダというブランドによって選ばれ続けたい」としている。
12Picks
トヨタが燃料電池車を増産へ、次期「MIRAI」は10倍の月3000台に
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車が2020年にも、燃料電池車(FCV)の生産能力を現状比10倍以上の月産3000台に引き上げることが明らかになった。20年後半の投入を計画する量産型FCV「MIRAI(ミライ)」の次期モデルで増産を図る。トヨタは20年以降にFCVの年間販売台数を3万台以上にする目標を掲げる。次期モデルの投入を機に、普及に弾みをつける。 現行のミライは元町工場(愛知県豊田市)の専用ラインで生産して...
28Picks
損保ジャパン社員「介護へ配置転換」次はあなたの会社かもしれない
マネー現代
|
損害保険大手のSOMPOホールディングスの国内損保事業の従業員の削減策が波紋を呼んでいる。介護の子会社などへ配置転換することが柱だが、「介護部門を『追い出し部屋』として使っている」などと批判が巻き起こった。損保業界は国内の自動車の販売減などにより厳しい環境にあるが、一方の介護業界も人材不足など深刻な課題を抱えている。
12Picks
トヨタが全車種併売を前倒しするワケ
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車は24日、全国の販売店で全車種を併売する時期を2020年5月に前倒しすると発表した。「トヨタ店」や「カローラ店」など4系列の販売店に対して客層ごとに専用車を用意してきたが、18年11月に22―25年をめどに全車種を併売すると発表していた。併売時期を早めることで、国内販売体制の見直しや顧客サービスの拡充を加速する。 トヨタの販売店は全国に約5000店あり、4系列の販売店ごとに専用車...
15Picks
新型RAV4絶好調のウラでハリアー消滅の危機!? ほか新型車 トヨタ販売情報など続々!!
自動車情報誌「ベストカー」
|
新型RAV4絶好調のウラでハリアー消滅の危機!? ほか新型車 トヨタ販売情報など続々!! |  毎日新車ディーラーを回り「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。今回まずは、販売絶好調のRAV4のウラでハリアーが岐路に? というちょっとショッキングなニュースから。  またじわじわと広がるトヨタの国内販売体制改革の影響、ホンダ フィットやダイハツ
13Picks
インドの生鮮食品市場狙うアマゾン、アグリテック「NinjaCart」に投資か
バンガロール経済情報
|
インドのグロサリー市場を狙う「Amazon」が、生鮮食品サプライチェーンを展開するアグリテック「NinjaCart」と投資交渉に入ったことが明らかになった。 2015年にバンガロールで創業した「NinjaCart」は、1万2000以上の農家から直接新鮮な野菜等を仕入れ、配送するB2Bプラットフォームだ。農家以外にも地元の零細商店「キラナ」、手押し車で野菜を販売する極めて小規模な小売業者等も含...
99Picks
レクサス販売台数「150%増」。景気減速の中国で日本車がひとり勝ちの理由
Business Insider Japan
|
中国の自動車消費市場は2018年大幅に下落し、過去28年で初めてマイナス成長を記録した。 中国自動車工業協会が6月12日に発表したデータによると、2019年に入ってこの状況はさらに悪化している。5月の生産台数と販売台数はそれぞれ184.8万台と191.3万台で、4月比で9.9%減と3.4%減。201...
13Picks
世界の乗用車の販売台数、2040年に6割程度がEVに
Forbes JAPAN
|
そうは思えない人もるかもしれないが、従来の「自動車」の販売はすでに、ピークを過ぎたのかもしれない。米調査会社ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(BNEF)が先ごろ発表した報告書によると、2040年には世界の乗用車の販売台数のうち・・・
10Picks
あのEVベンチャーは何者だ その実力、アマゾン動かす
朝日新聞デジタル
|
■経済インサイド 多くのベンチャー企業が生まれては消えるアメリカ。今も昔も、夢を追う人々が世界中から集まり、そこに資金を出す投資家も大勢います。そんななか、電気自動車(EV)の販売を計画する、ある自動…
35Picks
「紙おむつ原料」でついに経営統合が起きたわけ
東洋経済オンライン
|
今年第1四半期、世界のスマホの出荷台数は前年同期比で約7%減少した。2018年の世界自動車販売台数も前年比0.5%減だった。モノがみな縮みゆく時代。ところが、この先数十年、ほぼ確実に安定成長が見込める市場が…
12Picks
自動車業界、次なる連合軸「1500万台」クラブを模索
ニュースイッチ
|
欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が狙った仏ルノーとの経営統合は頓挫した。しかし日産自動車、三菱自動車を合わせた連合で販売台数1559万台と世界1位をもくろんだこの試みは、自動車業界でうごめく再編の動きを浮き彫りにした。厳しくなる環境規制や、電動化などの大変革のうねりを背景に1社単独での生き残りは困難になっている。自動車業界は「1500万台クラブ」を見据える新ステージに...
53Picks
中国自動車販売、5月は過去最大の減少 新エネ車も失速
Reuters
|
[北京/上海 12日 ロイター] - 5月の中国の自動車販売は過去最大の落ち込みを記録し、景気減速や米国との貿易戦争による影響がますます懸念される状況となった。中国汽車工業協会(CAAM)が12日発表した5月の自動車販売台数は、前年同月比16.4%減少の191万台。
13Picks
トヨタ「電気自動車」でついに本気を出した理由
東洋経済オンライン
|
トヨタ自動車が車両の電動化にいよいよアクセルを踏む――。6月9日、同社は世界で販売する車の半分にあたる550万台をハイブリッド車(HV)などの電動車にする目標時期を2025年とし、従来の計画から5年前倒しするこ…
33Picks
アウディが量産型EVのE-Tron SUVをリコール、バッテリー発火の恐れ
TechCrunch Japan
|
Audi(アウディ)は米国時間6月10日、バッテリー発火の恐れがあるとして、米国で電気自動車(EV)のE-Tron SUVを自主回収すると発表した。Audiの広報はBloombergに対し、これまでに販売された1644台で発火は報告されていない、と語った。発表にると、ワイヤーハーネスを通じて湿気が電池の中にしみ込むことがわかったとのことだ。これが原因の電池故障が世界で5件報告されている。 E...
24Picks
フィアットクライスラーと新興企業Aurora、自動運転技術で提携
CNET Japan
|
新興企業であるAuroraは、独自の自動運転車を開発するのではなく、プラットフォームを構築して、独自にプラットフォームを開発する時間、資金、専門技術を持たない自動車メーカーに販売することを目指している。今回新たに発表された提携も、その理念に基づいている。
自動車販売 概要
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン