新着Pick
SPD1L4Y81HW1HOUJ
自動車販売
JPN

自動車販売 業界

日本
業界一覧
>
小売
>
自動車関連小売
>
自動車販売
自動車メーカーと直接・間接的に特約店を契約を結び自動車を販売する小売企業群。但し、中古車の販売を主とする中古車ディーラーは除く。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
3Picks
EV車が充電から解放される日。走行中充電を可能にする、最先端の日本のタイヤ (2019年10月20日)
エキサイトニュース
|
環境問題への関心とともに、需要を伸ばし続けている電気自動車(EV)。富士経済が8月に発表した調査によると、2021年には電気自動車の販売台数はハイブリッド車(HV)やプラグインハイブリッド車(PHV)...(3/3)
11Picks
Tesla が家庭用蓄電池「Powerwall」を来春日本で展開! 価格は99万円
マッシュメディア
|
米Teslaは、すでに日本でも販売している電気自動車(EV)と、ソーラー発電・蓄電池の2つを事業の柱に据えているが、家庭用蓄電池「Powerwall」を日本でも展開すると発表した。 自動的に停電を感知し、万一停電と
10Picks
EV導入が本格化するインド、政府の優遇政策やコストダウンでエコシステム形成が加速
バンガロール経済情報
|
インドのEV市場参入に向け、国内外自動車メーカーの動きが本格化しつつある。従来より公共バスや庶民の足である3輪リキシャ、2輪車のEV化への移行は進みつつあるが、ここにきて各メーカーは一般消費者向け乗用車の新型EVモデルを次々と発表している。 韓国の「現代自動車」は2019年7月、一般消費者向けにインド初のSUVタイプEV「KONA Electric」を販売を開始した。また、「タタ・モーターズ」「マ
20Picks
米自動車販売:9月は各社が軒並み苦戦-日産18%減、トヨタ16%減
Bloomberg.com
|
米自動車販売は9月に減少した。メーカー各社はディーラーが在庫に抱える旧モデルをさばくのに苦労しており、多額の販売奨励金を使わざるを得なくなる可能性がある。
245Picks
日本にも展開? アマゾンが導入する「配送用EV」、10万台規模で納入する新興メーカーの実力
WIRED.jp
|
アマゾンが配送用に10万台もの電気自動車(EV)のヴァンを発注し、全世界に配備することを発表した。右ハンドル仕様も予定されており、日本にも展開される可能性があるこのEVヴァン。アマゾンが発注したメーカーは、まだ量産車を販売したことのないEVスタートアップのリヴィアンだ。いったいどんなメーカーなのか。
52Picks
日産 米で122万台超のリコール 後方映すシステムに問題
NHKニュース
|
日産自動車は、アメリカで販売している車で後方の様子をモニターに映し出すシステムに安全基準上の問題があったとして、122万…
104Picks
ホンダ、21年までに欧州でディーゼル車販売打ち切り
Reuters
|
[23日 ロイター] - ホンダ<7267.T>は23日、2021年までに欧州でディーゼルエンジンを搭載した車両の販売を打ち切ると発表した。
71Picks
中国の自動車市場はすでに「不況入り」? 現状が示す4つのこと
Forbes JAPAN
|
中国の自動車市場の成長に急ブレーキがかかった。中国汽車工業協会(CAAM)によると、8月の販売台数は前年同月比で6.9%減少。これで14カ月連続のマイナスとなった。市場の急激な縮小が教えてくれるのは、中国の自動車業界に関する4つの重要なこと・・・
68Picks
トヨタ、テスラと同型のパナソニック製電池を中国向けPHVで採用=関係筋
Reuters
|
トヨタ自動車<7203.T>は中国で販売するプラグインハイブリッド車(PHV)の一部で、パナソニック<6752.T>が米のテスラ向けに設計したものと同型の電池を...
11Picks
中古車の査定から売却までをアプリで完結できる「Gulliver AUTO」--AIが最短3分で査定
CNET Japan
|
中古車販売サービス「ガリバー」を提供するIDOMは9月12日、中古車の査定・販売ができるスマートフォンアプリ「Gulliver AUTO」を開始した。アプリに車の情報を登録することで、ガリバーが持つ中古車販売ノウハウと独自AIにより、最短3分ほどで査定が完了するという。
19Picks
米GM、グーグル技術搭載車を21年から販売
Reuters
|
[デトロイト 5日 ロイター] - 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>は、アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルの技術を搭載した車を2021年から販売すると明らかにした。「グーグル・アシスタント」や「グーグル・マップ」、アプリ配信の「グーグル・プレイ」を通じて入手できるほかのアプリを搭載し、ナビゲーションや音声制御やその他のインフォテイメント機能が利用できる。中国以外の国で販売する全ブランド車が対象。
17Picks
N-BOXが24カ月連続トップ 8月の新車ランキング
朝日新聞デジタル
|
8月に最も売れた新車はホンダの軽自動車「N(エヌ)―BOX(ボックス)」で、24カ月連続で首位だった。軽が1~5位を占め、上位10車種のうち5車種が軽だった。日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協…
11Picks
世界EV販売台数、7月は初の減少-中国の補助金削減が響く
Bloomberg.com
|
世界の電気自動車(EV)販売台数は7月に初めて減少した。中国が購入補助金を削減したことが響いた。急成長するEV市場で政府支援が果たしている役割が浮き彫りになった。
10Picks
20万台突破! 世界が乗りたい電動SUVは三菱のPHEV
Forbes JAPAN
|
三菱アウトランダーPHEVが登場したのは、確か6年前だった。この車はその後、凄まじい記録を作り続けてきている。昨年12月に世界No1プラグイン・ハイブリッド車となり、今年4月には、全世界50か国以上で20万台の販売台数を突破したのだ。欧州で・・・
14Picks
電気自動車の世界市場予測 2年後にHVなど抜き主力に
産経ニュース
|
調査会社の富士経済は20日、電動車の世界販売台数予測について、電動モーターのみで動く電気自動車(EV)が、ガソリンエンジンと併用するハイブリッド車(HV)やプラグインハイブリッド車(PHV)を令和3(2021)年に抜いて主力となるとの見通しを発表した。17(2035)年には2202万台と、現在の17倍にまで急成長するという。
16Picks
【材料AI最前線】リチウムイオン電池×AI。EV時代のキープレイヤー【論文】
アイブン(Aiboom)
|
テスラは、その販売台数がわずか数万台のうちから、世界の自動車メーカー企業の時価総額競争で3位に躍り出た。その信じがたいストーリーが、全く自動車に興味のなかったビジネスマンたちすらも好奇心を駆り立てた。EV(電気自動車)が標準的な自動車の設計になれば、自動車が登場して以来数十年と変わることのなかった支配者たちの椅子がぐらつく可能性がある。 「EVが環境に良い」そのポジティブな面に賭けることがな…
254Picks
自動車の生みの親、メルセデスがEVに込める「本気度」
NewsPicks Brand Design
|
2019年7月、メルセデス・ベンツが初のバッテリー電気自動車(EV)である「EQC」を、欧米に続き日本でローンチした。EVは実際の販売台数よりも話題性のほうが先行しており、イノベーターや限られた...
21Picks
GM、第2四半期利益は予想上回る ピックアップなど好調
Reuters
|
[デトロイト 1日 ロイター] - 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>が1日発表した第2・四半期決算は、純利益が市場予想を上回った。高利益率のピックアップトラックやスポーツ多目的車(SUV)、クロスオーバー車の販売が減速している米中市場での販売を支えた。通年利益見通しも堅持した。
13Picks
スズキ「4代目ジムニー」、発売1年後の通信簿
東洋経済オンライン
|
昨年7月に、20年ぶりのフルモデルチェンジを果たしたスズキの軽4輪(4WD)駆動車「ジムニー」が、発売から1年が経過した。一般社団法人の全国軽自動車協会連合会(全軽自協)による5月の通称名別新車販売速報の乗…
自動車販売 概要
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン