新着Pick
SPD1HLZ1APVCKWJJ
トラック(企業物流)
JPN

トラック(企業物流) 業界

日本
業界一覧
>
運輸サービス
>
陸上輸送
>
トラック(企業物流)
輸送手段としてトラックを用いた、企業の調達物流、販売物流、社内物流、返品物流を担う企業群。荷主から物流業務の全てまたは一部の委託を受け持つ3PLを担う企業も含む
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
4Picks
【韓国】SK、ミャンマー石油流通会社の株式取得[資源]
NNAアジア経済ニュース
|
【韓国】SK、ミャンマー石油流通会社の株式取得[資源] 韓国エネルギー大手のSKイノベーションは19日、石油事業の子会社2社がミャンマーの石油流通大手BOC...
15Picks
デリバリーロボット、レベル4自動運転、店員ロボット、一年以内に日本で運用可能な中国企業を三つ紹介します
note(ノート)
|
こんにちは、夏歓です。久しぶりに皆さんはまた知らない、でももうすぐ手を届く距離になるの中国企業を三つ簡単な紹介したいと思います。全部独占情報で、お楽しみください。 現時点で自動運動技術活用の切り口というのは、以下の四つになります。低速宅配、総合作業、物流、人を載せる車両。これから紹介する「デリバリーロボット」と「レベル4自動運転」はそれぞれ「低速宅配」と「人間を載せる車両」の範囲に入ります。...
102Picks
ほとばしるアフリカスタートアップの情熱「日本企業は何を待っている?」
ニュースイッチ
|
アフリカではスタートアップの勃興がめざましい。これまでアフリカ市場はビジネスに不可欠な金融や物流といった基本的なサービスが整っていないことが課題のひとつだった。ところが携帯電話の爆発的な普及に伴い、決済機能や物流サービスを提供する企業が相次ぎ誕生。これら企業が政府に代わりビジネスインフラを提供することで、バリューチェーンがつながる社会が到来しつつある。そんなアフリカのスタートアップを象徴する...
11Picks
【セイノーホールディングス】伝統的な物流会社の中で"仕掛け"を続けるイノベーターの働き方
incubation inside
|
伝統的な大手運送会社の中で、矢継ぎ早に仕掛けとイノベーションを起こし続ける。グループ内でも異能な変革者に迫る中で見えてきた、大企業の中で個で変革を起こしていくための本質とは?
94Picks
ニトリ「配達スキル」が身につくトラックの正体
東洋経済オンライン
|
「小売りだけど商社も物流も製造もやっていく。そういう企業が勝ち残る。単に小売りだけ、ではだめなんです」――。7月3日に開かれた家具大手・ニトリホールディングスの決算説明会の壇上、似鳥昭雄会長はこの先も…
105Picks
「私がメーカー担当者ならメルカリを見る」二次流通を踏まえたマーケティングに必要なこと
MarkeZine
|
メルカリなどフリマアプリの台頭により、多くの企業にとって二次流通プラットフォームは無視できない存在となった。CtoC市場が急成長する中、ブランド企業はどう向き合えばいいのか。国内フリマアプリ最大手のメルカリでシニアマーケティングディレクター(2019年6月時点)を務める南坊氏に、ブランドと二次流通プラットフォームが良好な関係を築くコツを聞いた。
16Picks
物流の「ラストワンマイル」に挑むスタートアップは、“最適な自動化”で宅配の課題を解決する
WIRED.jp
|
物流の「ラストワンマイル」の課題解決が急務になるなか、米国のスタートアップがその解決に挑んでいる。自律走行するトラックに荷物を積み、同乗するドライヴァーが“配達員”として玄関先まで届ける仕組みによって宅配サーヴィスを試験的に始めたのだ。その先には、荷物の仕分けからトラックへの積み込みまでも自動化し、最適なルートを選んでトラックを自動運転させるシステムの導入によって、コスト削減と効率向上を目指...
15Picks
なぜ児童労働はなくならないのか?──約束を破り続けたチョコレート業界の怠慢 | 「奴隷状態」に苦しむ子供たちがカカオ栽培を支える
rss-2 | クーリエ・ジャポン
|
18年前、報道機関とアメリカ国務省が発表したレポートがきっかけとなり、アメリカで流通するチョコレートと西アフリカの児童奴隷たちの関係が問題視され始めた。チョコレート業界は「すでに行動を起こしている」とし、児童労働撲滅への責任を負ったはずだった。しかし現在、カカオ栽培における児童労働はむしろ拡大傾向にある。その原因は、大手チョコレート会社のあまりにもいい加減な対応にあった──。5人の男の子がマチェー
149Picks
自動運転トラックで急浮上のStarsky Robotics、「遠隔操作」で物流を革新
Forbes JAPAN
|
自動運転トラックの商業化を目指すサンフランシスコのスタートアップ「Starsky Robotics」は、無人の18輪大型トラックで高速道路を走行する実験に世界で初めて成功した。同社の無人トラックは、必要に応じてオペレーターが遠隔操作をするこ・・・
27Picks
老舗鋼材商社が外国人留学生の就職マッチングを始めた理由
月刊誌「Wedge」のウェブ版
|
ステンレス流通が本業の森興産を含む豫洲グループが、海外進出して外国人材を雇用しようとした際に、日本の大手人材仲介会社に依頼してもふさわしい人材を獲得できなかった。このため7年前に日本に来た外国人留学生の人材育成、就職サポート事業を進める事業をグループホールディングス機能をもつ森興産の中で開始した。
11Picks
語り継ぎたい経営者・中内功、ダイエーが「価格破壊」のために戦った理由
ビジネス+IT
|
現在はイオングループの一員であるダイエーですが、かつては全国チェーンの一大企業であり、関連企業を含めて6万名以上の従業員を抱える売り上げ日本一の流通グループの中核企業でした。そんなダイエーを一代で築き上げたのが流通業界の革命児と言われた中内功氏です。晩年は寂しいものでしたが、戦後、家業の小さな薬局店から身を興し、一代でダイエーを育て上げたその手腕と功績はあまりに大きく、今も中内氏を尊敬する経...
14Picks
アパレル業界で私が知ってること(SCM篇3):売れた店に送るっていう考え方は実は間違いなんだよってお話。
note(ノート)
|
一応SCM構造の後半といいますか、会社から店舗へ、まあ当然その先にはお客様がいるわけですが、こっちの流れだけを取り出すのって本当は良くないというか、前半の仕入れまでの段階で起きた諸問題をここで一旦調整するみたいな感じの事を行うってのがありまして。まあ倉庫物流的な話になるんですけど、倉庫物流の話は書けばキリがなくなるってのがありまして。笑。  ざっくり言えば、遅れて入荷したり検査で引っかかった...
14Picks
新たなデジタル経済のルール「大阪トラック」、日本はチャンスなの?
ニュースイッチ
|
主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)が28日、大阪市内で開幕し、安倍晋三首相が国境を越えたデータ流通のルール作りを議論する枠組み「大阪トラック」創設を宣言した。データ流通や電子商取引(EC)に関するルール整備を進める。安倍首相は「急速に進行するデジタル化の潜在力を最大限活用するには、それに遅れをとらない国際的なルールが不可欠。ルール作りにスピード感を持って取り組む」と述べた。 デ...
12Picks
【決定版】アナログゲームのつくり方と、ビジネスへの活かし方
note(ノート)
|
ボードゲームやカードゲームなどの「アナログゲーム」が年々ブームになってきています。その流れから、「作りたい」という個人の方や会社も増えています。 単純な販売目的だけでなく、自社が伝えたいバリューの浸透に一役買ってもらうという意図で、ゲームを幅広い流通で安価に販売し、自社事業の縮図を疑似体験して楽しんでもらうなどという使われ方も増えてきました。 (例えば、TOP画像のアンガーマネジメントゲーム...
95Picks
JR貨物が構想する「スマート貨物駅」とは?
ニュースイッチ
|
JR貨物は、2022年度の移転開業を予定する新・仙台貨物ターミナル駅(仙台市宮城野区)で、最新のICT(情報通信技術)を活用した次世代貨物駅「スマートターミナル」の実現を目指す。構内作業を省人化するため、無人運転トラックや入れ替え用機関車の遠隔操縦など新技術の導入を検討。生産性を高めて駅機能を高度化するとともに、駅構内の物流施設と鉄道貨物を連携させて、付加価値の高い物流サービスの提供も見据え...
1089Picks
【トップ対談】JR×ヤマトHD。日本を救う「新幹線物流」の全て
NewsPicks編集部
|
これからの鉄道は「ヒト」ではなく「モノ」の移動が収益源になるかもしれない。物流業界は今、人手不足・働き方改革によって悲鳴を上げている。もはやトラックに依存した物流は限界に来ており、鉄道や海運に転...
13Picks
インドの物流スタートアップDelhivery、そのユニコーンに成長するまでの軌跡
THE BRIDGE
|
Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カ... 投稿 インドの物流スタートアップDelhivery、そのユニコーンに成長するまでの軌跡 は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。
17Picks
世界の資源・穀物取引の中心地、ジュネーブ(スイス)
www.jetro.go.jp
|
スイス・ジュネーブ州には、税制面や立地上の優位性から、500社を超えるコモディティー商社が集中している。情報通信技術の利用に伴い、商流と物流が一層分離し複雑化する中、商流面のみならず、物流面での工夫も重要さを増す。新技術を用い、船舶運航の最適化などに取り組む企業の例を紹介する。
29Picks
フェイスブックがつくる仮想通貨「リブラ(libra)」 の全貌が明らかに! リブラの将来性やメリットから イーベイやウーバーなどの参加企業まで徹底解説! - 世界投資へのパスポート
Diamond Online
|
フェイスブック(Facebook)が新たにつくる仮想通貨「リブラ(libra)について、米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! リブラ(libra)とは、フェイスブック(ティッカーシンボル:FB)を中心とする企業グループが推進している仮想通貨プロジェクトです。リブラの参加企業は、は以下の通りです。この仮想通貨は、ステーブルコイン、つまりドルなどの現在世界に流通している通貨バスケットに1:1...
108Picks
今アメリカ全国でテスト走行している自動運転車は1400台あまりで80社以上の企業が関与
TechCrunch Japan
|
今日(米国時間6/11)ワシントン,D.C.で行われたUber Elevate Summitで、米運輸省長官Elaine Chao氏が、アメリカの路上で現在行われている自動運転車のテストに関する数字をいくつかシェアした。それによると、現在テスト中の自動運転車やトラックなどの車両の総台数は1400台あまりで、その企業数は80社以上、D.C.を含めて37の州でテストは行われている。 これにより現...
トラック(企業物流) 概要
世界
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン