新着Pick
SPD1GOKVMXWGDLRT
金型
JPN

金型 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
生産用機械製造
>
金型
金属、セラミック等を主要原料として、金型(同じ形のものを大量に生産する時に用いられるマザー・ツール)の製造を主要業務とする企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
52Picks
企業の4割、サイバー被害 平均1億円超、身代金型増
共同通信
|
企業の4割、サイバー被害 国内の大手企業や自治体などの約4割でサイバー攻撃などによるシステム上の被害が発生し、被害額が平均で1...
46Picks
ゲリラ豪雨に対抗すべく進化したマンホールの仕組みに納得
ニュースイッチ
|
吹き飛ばない次世代型提案 虹技は防災に強いマンホールふたの普及に力を入れている。同業3社と共同開発したふたを自治体に提案するほか、安全性を追求したふたの開発も進めている。自動車の増加や、地球温暖化による影響で頻発するゲリラ豪雨などマンホールを取り巻く環境は年々厳しくなっている。それだけに足元の安全を守る製品の開発や普及に努める。 【受け枠に工夫】 圧延ロールや自動車用金型を手がける虹技がマン...
28Picks
軸力最高クラスの「緩み止めボルト」、山梨の中小企業が製造技術供与
ニュースイッチ
|
ニッセー(山梨県大月市、新仏利仲社長)は、独自方式の緩み止めボルト「パーフェクトロックボルト(PLB)」の製造ライセンス供与を15日に開始する。同ボルトの転造用金型を実費相当で提供し、ライセンス契約企業がPLBを量産できるようにする。同金型の短時間切削による量産化のめどがついたため、ビジネス展開に踏み切る。 PLBは、二つある止めナットそれぞれの回転ライン角度が異なるボルト。これにより回転の...
17Picks
日産が23車種を同時に型抜きする金型を開発。そして柿の種を売り出す
ギズモード・ジャパン
|
Image:日産自動車ニュースルームクルマ作りの技術が柿の種に活かされる!?日産が地元の伊勢原市とコラボし、「新型カキノタネ」の開発に成功しました。彼らは最新加工技術を駆使し、CAD/CAM設計と自動切削機を活用して金型を作成。これで同時に23種+伊勢原の大山を型抜きするのです。【お知らせ】日産自動車「新型#カキノタネ」を伊勢原市及び地元企業と共同で企画・製作https://t.co/OmlTq7
40Picks
eスポーツを加速させる「NINJA」、最高峰金属マウスパッドの技術に迫る
ニュースイッチ
|
「NINJA RATMAT」は冷間プレス金型材料として使用される熱処理済み高級特殊鋼、「MASTハードンプレート」を活用した「eスポーツ」専用のマウスパッド。独自の表面処理技術で「滑る」「止まる」ときの摩擦力を極限まで低減し、素早いマウスの動き・反応を実現している。開発したのは金型材料の開発と販売を手がける竹内型材研究所。同製品はインターネット上でも話題となり、高額商品にも関わらず、2019...
483Picks
【海部美知】アルゴリズムを金型に儲ける時代へ
NewsPicks Brand Design
|
これまで、シリコンバレーの誕生から全国区になっていくまでを振り返ってきた。そこにベンチャーキャピタル(VC)が果たした役割は大きい。そもそも、投資家がなぜ海のものとも山のものともつかぬベンチャー...
365Picks
マツダ、世界がひれ伏すデザイン美を支える、世界最強の「金型製作部」
ビジネスジャーナル
|
マツダ技術本部ツーリング製作部部長の橋本昭氏 「魂動磨き」の誕生  マツダ本社工場の一角には、機械加工がすんだ金型が並べられている。これを造形を崩さないように、金型職人たちが一つひとつ手で磨き、...
315Picks
【鍛造加工の基礎知識】鍛造とは?鋳造・切削との違いとは?
Tech Note
|
鍛造(たんぞう)加工は、金属の塊を金型で強くたたいて、目的の形に成形する加工法です。強くたたく(鍛える)ことで、材料に粘り強さ(じん性)を与え、強度を高めることができます。
221Picks
破綻寸前からの再起。満身創痍の金型メーカーが営業利益率10%へ至るまで
ニュースイッチ
|
射出成形用金型メーカーのIBUKI(旧安田製作所、山形県河北町)。デジタル家電向け金型の不振で一時は経営破綻寸前まで追い込まれ、ピーク時270人近くの従業員は最悪期に約20人に減った。投資ファンドに買収されるなど売買が繰り返され、6年間で社長が4人も入れ替わった。満身創痍(そうい)の企業が一転、営業利益率10%を見込むまでに息を吹き返した。復活の方法論は素形材産業のベンチマークになる。(編集...
201Picks
売り切り型では先細り…金型メーカーが狙うストック型ビジネスとは?
ニュースイッチ
|
IBUKI(山形県河北町、松本晋一社長、0237・72・7121)は、自動車部品メーカーなどを対象とした射出成形用金型の内製立ち上げ支援事業に乗り出す。設計や仕上げ責任者など金型の製造・開発に携わるIBUKIの専門技術者チームを送り込み、顧客企業自らが金型を量産できる体制を整える。支援後は金型生産量に応じて一定額の支払いを求める。金型業界においてレベニューシェア(利益分配型)を導入する新たな...
167Picks
どうなる?アジアの企業に買収されたら
THE HUFFINGTON POST JAPAN
|
初投稿になります。M&A Online編集長の田口です。今回の記事は、海外M&A人事に詳しい森範子氏が紹介する「もし読者の勤める会社がアジアの企業に買収されたら?」です。(田口 雅典) 金型メーカーの老舗、オギハラがタイ資本に買収されたのは2008年。日本の金型産業衰退への懸念とともに、アジアの企業がここまで力を持つようになったかと驚いたことを覚えている。今日では資本力で日本企業を上回るアジ...
143Picks
3Dプリンター製の電気自動車を来春予約販売、米ローカルモーターズ
ニュースイッチ
|
3Dプリンターで部品の75%が作られた自動車が世界で初めて販売される。ベンチャー企業の米ローカルモーターズ(アリゾナ州フェニックス)が開発・生産するバギータイプの電気自動車「LM3D Swim」などの車種で、2016年春に事前予約を始める。2017年初頭にも納車開始の予定という。 ただし、価格はおよそ5万3000ドルと高級車並み。仕様や諸元もまだ公表していない。金型がいらないという3Dプリン...
142Picks
3Dプリンターに過度な期待は禁物、自動車は作れない 試作には向いても安価な製品を大量に生産するのは苦手
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
これからは3Dプリンターで何でも作れる。しかも速くて簡単だ。金型もいらないし、プレス機も不要、射出成型機やダイキャストマシン、圧延機、工作機械もいらない。まさに夢のようなお話である。しかし、現実にはそう簡単ではない。3Dプリンターで何ができて何ができないのか検証してみよう。
91Picks
読書好きの金型職人が生み出した、自動マーキングしおり「スワンタッチ」
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
読書を習慣にしているビジネスパーソンは多いだろう。専門書や自己啓発本で仕事のためのインプットはもちろん、小説やエッセイを趣味で読む人もいるはずだ。 そんな、仕事にもプライベートにも役立つ読書。まだ…
110Picks
「ニュースサイトは見ない。情報収集はやはり新聞が便利」のワケ
ニュースイッチ
|
プリント基板のプレス加工や金型製造を手がける藤原電子工業(大阪府八尾市)。バリのでない独自の金型技術「SAF(サフ)」などを生かし、ロボット分野に乗り出している。地域経済の活性化にも熱心で、大阪府八尾市内のモノづくり中小企業で運営する施設「みせるばやお」の代表理事も務める。創業者で代表取締役の藤原義春さんに、日刊工業新聞の魅力を聞いた。 ―ロボット関連事業が好調ですね。 「地元のロボットコン...
96Picks
いつまで保管?廃棄や返却は?金型の管理が中小企業の経営を圧迫!
ニュースイッチ
|
経済産業省は下請け企業と発注企業間における金型管理の取引適正化に向けた取り組みを加速させる。産学官の有識者らが参画する協議会を近く発足し、型の廃棄や返却など型管理の目安を策定する。型管理をめぐっては
93Picks
フォックスコン顧問が伝える日本が技術開発立国を目指すべき意味
MONOist
|
金型専門見本市「INTERMOLD2017/金型展2017」(主催日本金型工業会)および「金属プレス加工技術展」(日本金属プレス工業会)の特別講演に立った東京大学名誉教授の中川威雄氏は、「経営者に厳しさが不足している」や「製造業以外の産業が非効率で足を引っ張っている」「高度な新技術に賭け、技術開発立国となることが必要」などの持論を述べた。
92Picks
米向け工作機械、中国から日本へ生産移管。三菱電機が貿易摩擦を懸念
ニュースイッチ
|
三菱電機は米中貿易摩擦に対応するため、米国向けの工作機械の生産を中国から日本に移管した。金型製造などに使う放電加工機と金属板を切断するレーザー加工機で、両品目とも米政府が7月に発動した25%の制裁関税の対象となった。いずれも中国生産機の比率が高く、米国での競争力を保つには日本からの輸出に切り替える必要があると判断した。米中貿易摩擦で経営戦略の転換を迫られるケースが出てきた。 8月中旬までに2...
金型 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
マレーシア
インドネシア
ベトナム