SPD18XS6FQ0UDX8I
航空測量
JPN

航空測量 業界

日本
業界一覧
>
運輸サービス
>
空運
>
航空測量
航空機から地上を撮影し、それを基に都市計画、河川測量、環境調査、道路調査等のために利用する様々な地物を計測する業務を行う企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
2Picks
東北防衛局/最適化事業発注手続き本格化、初弾は管内航空測量等調査業務
日刊建設工業新聞
|
東北防衛局は、既存の自衛隊施設の集約や再配置を行う「最適化事業」の発注手続きを本格化する。初弾となる...
1Pick
ユーグレナ、代替燃料SAF「サステオ」遊覧飛行や航空測量で使用
Aviation Wire
|
ユーグレナ(2931)が製造する自社製代替燃料「SAF(Sustainable Aviation Fuel:持続可能な航空燃料)」を使った遊覧飛行などが3月に入り行われた。原料に使用済み食用油とミドリムシ(微細藻類ユー […]
2Picks
DJI、航空測量用フルサイズセンサーカメラZenmuse P1発表
DRONE - explore the future
|
DJIは、測量展示会INTERGEOにて、航空測量用フルサイズセンサーカメラ「ZenmuseP1」を発表した。製品出荷は2021年初頭開始予定。ZenmuseP1は、業務用ドローンのフラッグシップモデルMatrice300RTK用に設計され、地理空間データ収集に特化したDJIカメラペイロード。4...
1Pick
「大湯環状列石」分断する県道移設へ 航空測量で迂回ルート探る
河北新報
|
秋田県は本年度、世界文化遺産に登録された「北海道・北東北の縄文遺跡群」の一つ、大湯環状列石(鹿角市)...
1Pick
業務用ドローン向けの航空測量LiDARとフルサイズセンサーカメラを発表
MONOist
|
DJIは、ドローン向けの航空測量ソリューション「DJI Zenmuse L1」とフルサイズセンサーカメラ「DJI Zenmuse P1」を発表した。ともに業務用ドローン用に設計されており、要求が厳しい測量やマッピング、建設分野での利用に適している。
2Picks
アンコールトムは「水の都」 航空測量で貯水池判明
朝日新聞デジタル
|
カンボジアのアンコール朝(9~15世紀)の王都遺跡、アンコールトム(世界遺産)が、碁盤の目状に街路が張り巡らされ、多数の貯水池を抱えていたことが、奈良文化財研究所(奈文研)と大阪市立大などの調査でわ…
4Picks
ユーグレナのバイオジェット燃料、同一企業で初の継続利用
ニュースイッチ
|
ユーグレナは同社が製造・販売する環境負荷の低いバイオジェット燃料「サステオ」を使用し、アジア航測が保有・運航する軽飛行機でフライトを実施した。使用した機材は、航空測量業界では最も使用されている計測用単発機。大阪の八尾空港を発着地として約30分間、和歌山市上空を飛行した。ユーグレナがサステオを同一企業で複数回使用した事例は初めて。今後もサステオの継続的な利用を予定する。 今回のフライトで使用し...
10Picks
スカパーJSATとパスコが宇宙事業に関する業務提携を締結、新たな衛星データ利活用サービスの開発へ
TechCrunch Japan
|
衛星多チャンネル放送局「スカパー!」などを提供するスカパーJSATは3月28日、人工衛星や航空機などから地理空間情報(GIS/航空測量)を取得するサービスを提供するパスコとの業務提携を発表した。今回の業務提携を通じて、両社がともに展開する低軌道周回衛星に関するサービスの効率化と市場拡大を図る。 スカパーJSATは、スカパー!で知られるメディア事業のほかに、同社が保有する17機の衛星を利用した...
12Picks
AIで進化するドローン 「人間にはできない領域」に期待
Forbes Japan
|
空撮や航空測量などビジネス分野では、すでにドローンが実用化されて久しい。今後、農薬散布や監視・パトロール業務、また宅配などさまざまな領域への応用が期待されている。現在、そのドローン業界で注目を浴びているのが、人工知能(AI)技術との相乗効果・・・
3Picks
ミドリムシのバイオ燃料で飛行 大阪・八尾空港で
産経ニュース
|
航空測量業界としては国内で初めて、ミドリムシなど植物由来のバイオ燃料を充填(じゅうてん)した航空機の飛行が、八尾市の八尾空港を発着点に行われた。SDGs(持続可能な開発目標)を踏まえた取り組みの一環で、環境に配慮したバイオ燃料の利用拡大が期待される。
10Picks
アジアの都市変化、衛星画像をAI解析
ニュースイッチ
|
パスコはアジアで、人工知能(AI)を使った衛星画像の都市変化解析サービス事業を今秋めどに始める。人工衛星で撮影した地上の画像から、わずかな地上の変化をAIが検知して都市開発の進捗(しんちょく)を調べる技術を完成した。合成開口レーダー(SAR)で得た画像をAIが自動判読し、現地調査に頼らず衛星画像で把握できる。行政や企業を対象に、2018年3月までに5カ国で受注を目指す。 航空測量最大手のパス...
2Picks
CO2削減にTake Off!業界をリードするSAF導入プロジェクトと描く未来
talentbook
|
航空測量業界で初めてSAFで運航を行いました。部門を超え連携しながらSAF導入を進めた3名が、プロジェクトの裏話や今後チャレンジしたい取り組みについて語ります。
2Picks
アイベックスアビエイション、新社名はスカイネットアカデミー
Aviation Wire
|
小型飛行機を使用した操縦訓練や航空測量などを手掛けるアイベックスアビエイション(三鷹市)は8月23日、社名をスカイネットアカデミー株式会社に8月20日付で変更したと発表した。  新社名の由来は「大空へはばたくという夢」 […]
2Picks
上空から撮影・計測する稀有な仕事人。航空撮影士の魅力とやりがいに迫る
talentbook
|
航空撮影士は上空から撮影や計測を行う専門家。全国で70~80人しかいない稀有な存在で、藤田 周平もそのひとりです。航空測量に従事する藤田が仕事内容やその魅力、やりがいを熱く語ります。
航空測量 概要
世界
日本