新着Pick
SPD16754MV8K5O6L
多結晶シリコン
JPN

多結晶シリコン 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
半導体関連製造
>
多結晶シリコン
半導体ウエハや太陽電池用ウエハの原材料となる多結晶シリコンを製造する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
44Picks
トクヤマ、半導体材に110億円投資。それでもまだ慎重姿勢は崩していない?
ニュースイッチ
|
トクヤマは半導体材料事業で、2020年度までに総額110億円規模の投資に乗り出す。シリコンウエハー材料の多結晶シリコンと生産関連部材の生産増強・品質向上に着手。スマートフォンやIoT(モノのインターネット)機器向けを中心に旺盛な需要を取り込む。同社は計2000億円の特別損失を計上したマレーシアの多結晶シリコン事業を売却した。不採算事業の整理を終え、戦略投資を再開する。 トクヤマは10億―20...
21Picks
サムスンディスプレイ、リジッド有機ELの製造ラインの稼働率が半分に低下
クリーン化 | 材料分析 | 有機EL | ディスプレイ | 材料 | 照明 | 分析工房
|
2018.01.30 ET News サムスンディスプレイのリジッド有機EL(OLED)事業が活気を失っている。スマートフォン市場で低温多結晶シリコン(LTPS)液晶表(LCD)に押されて苦戦している。中国のスマートフォンメーカーが最新のトレンドであるフルスクリーンを実装し、価格がより手頃な価格のLTPS LCDを主に採用しているからである。 30日、業界によると、最近、サムスンディスプレイ...
15Picks
トクヤマ特損860億円15年3月、マレーシア生産見込めず(日経より)
会計ニュース・コレクター(小石川経理...
|
トクヤマ特損860億円15年3月、マレーシア生産見込めず 東証1部上場のトクヤマが巨額の減損損失を計上するという記事。 「トクヤマは31日、マレーシアの多結晶シリコン工場で半導体向け製品の生産開始のめどが付かないとし、748億円の減損処理をすると発表した。設備に技術的な問題があるといい、関連費用を含めて総額860億円の特別損失を計上。2015年3月期の最終損益は過去最大の750億円の赤字とな...
12Picks
多結晶並みの生産性で単結晶シリコン作製に成功
EE Times Japan
|
科学技術振興機構(JST)は、多結晶シリコンインゴットに用いられるキャスト成長炉で、結晶性に優れる単結晶シリコンインゴットを作製する製造法を開発したと発表した。新製造法によるシリコンウエハーで、従来の単結晶シリコンと同等の変換効率で太陽電池を実現できることも確認したとする。
5Picks
中国向けのリジッドOLEDが急増で、サムスンディスプレイの稼働率回復
有機EL | ディスプレイ | 材料 | クリーン化 | 材料分析 | 照明 | 分析工房
|
2019.06.24 ET News スマートフォンのディスプレイ市場での熾烈な価格競争で、販売が低迷していたリジッド有機EL(OLED)パネルが、再び増産に転じている。低温多結晶シリコン液晶(LTPS LCD)とデザインの差別性が乏しく、価格も比較的高く、液晶との競争で押され気味であったが、OLEDのみ実装することができる機能が人気を得て、再び中国を中心にリジッドOLED需要が増加している...
5Picks
【台湾】太陽電池の緑能、市況低迷で「2勤2休」に[IT]
NNAアジア経済ニュース
|
【台湾】太陽電池の緑能、市況低迷で「2勤2休」に[IT] 多結晶シリコン型太陽電池モジュール大手の緑能科技(グリーンエナジー)が、生産調整を目的として5月末から「2日勤務、2日休暇」のシフト制勤務を従業員に命じていたことが分かった。同社従業員の外部告発で判明...
5Picks
両面ガラスの太陽光パネル、中国JAソーラーが量産開始
日経テクノロジーオンライン
|
中国の太陽光パネルメーカーであるJAソーラー・ホールディングスは8月17日、60セルの両面ガラスによる、多結晶シリコン型太陽光パネルの量産を開始したと発表した。2015年8月初めに量産を開始している…
4Picks
サムスンディスプレイ、3年ぶりに第1四半期の赤字... 第2四半期も不透明
有機EL | ディスプレイ | 材料 | クリーン化 | 材料分析 | 照明 | 分析工房
|
2019.04.30 ET News サムスンディスプレイが3年ぶりに第1四半期の赤字転換したのに続き、第2四半期にも赤字が続く可能性がある。中小型フレキシブル有機EL(OLED)の需要が第2四半期に回復する要因が乏しく、低温多結晶シリコン液晶(LTPS LCD)とはまだ価格競争が激しいからである。 サムスンディスプレイは、2016年第1四半期に2700億ウォンの損失を記録したのに続き、3年...
4Picks
リジッドOLED工場、スマートフォンパネル市場で稼働率が低下
有機EL | ディスプレイ | 材料 | クリーン化 | 材料分析 | 照明 | 分析工房
|
2018.12.17 ET News スマートフォン市場でのリジッド有機EL(OLED)パネルの販売が、低温多結晶シリコン液晶(LTPS LCD)とフレキシブルOLEDに押されて苦戦している。来年度のスマートフォンの新モデルの発売を控えて、LTPS LCDとフレキシブルOLED稼働率が上昇している。一方、リジッドOLEDは成長率がこれに達していない。 17日、業界によると、下半期に入って、来...
4Picks
【液晶パネル】 AUO昆山LTPS工場、16年Q4量産開始 中国向けインセル主力
www.emsodm.com
|
パネル大手、台湾AUO(友達)の陳弘祥モバイルソリューションビジネスグループ(Mobile Solutions Business Group)総経理は2016年10月27日、同社が中国江蘇省昆山に設けた第6世代の低温多結晶シリコン(LTPS)パネル工場が、16年第4四半期中に量産段階に入ることを明らかにした。スマートフォン世界市場での台頭が著しい中国系への供給拡大を目指す。
3Picks
【トクヤマ】老舗化学が社運を懸けた超大型投資の誤算と教訓(ダイヤモンドオンラインより)
会計ニュース・コレクター(小石川経理...
|
【トクヤマ】老舗化学が社運を懸けた超大型投資の誤算と教訓 老舗化学メーカーのトクヤマが、マレーシアの大型投資で巨額損失を計上した件を取り上げた記事。ファンドの支援を受けるところまで、追い込まれているそうです。 「半導体向け多結晶シリコンにおける世界三大メーカーの一社であるトクヤマ。創業98年、老舗優良化学メーカーだったはずの同社が6月27日、大手銀行系の企業再生ファンドから200億円を調達し...
3Picks
【やじうまPC Watch】産総研、チップの偽造を防ぐIC指紋技術の精度を3倍に 〜多結晶シリコンFinFETにより小型化と低コスト化も可能に - PC Watch
PC Watch
|
国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)は7日、半導体チップの偽造を防ぐための“ICの指紋”付加を、低コストかつ高い信頼性でコンパクトに実現可能とする回路技術を開発したと発表した。
3Picks
巨額特損「トクヤマ」、東ソーと統合が現実味
本誌記事アーカイブ:FACTA online
|
ポリ(多結晶)シリコン大手のトクヤマが存亡の危機だ。グローバル戦略の決め手と期待されたポリシリコンのマレーシア生産計画が頓挫し、中間期で8​6​0億円の特損を計上。株価は2​3​0円台に暴落した。今期売り上げ予想3090億円の同社にとって有利子負債残高2​6​4​0億円はあまりにも重い。頼みの太陽電池事業に赤信号が灯り、2​0​1​8年の創業百年を前に、M&Aによる生き残りを模索する外ない。...
3Picks
東工大、SiとNだけでできた世界で3番目に硬い透明セラミックスの合成に成功
マイナビニュース
|
東京工業大学(東工大)は3月17日、半導体などの原料であるシリコン(ケイ素)と窒素の化合物である耐熱セラミックス「窒化ケイ素」に高圧と高温をかけることで、大気圧下では合成不可能な「スピネル型窒化ケイ素」のナノ多結晶体を合成することに成功。レンズや窓に使われるシリカガラスやダイヤモンド・ウインドウと同等の透明さを有しつつも、全物質中で3番目の硬さと、空気中で1400℃の高熱に耐えられることを確...
2Picks
2018年のスマートフォン向けパネル市場、LTPS LCDでは中国メーカのシェアが上がり、有機ELの出荷が下がる
有機EL | ディスプレイ | 材料 | クリーン化 | 材料分析 | 照明 | 分析工房
|
2019.02.08 ET News 2018年のスマートフォンパネル市場で、低温多結晶シリコン液晶(LTPS LCD)とリジッド有機EL(OLED)の間の熾烈な価格競争が繰り広げられたが、韓国と中国のパネルメーカ間で対照的な結果になった。中国のスマートフォン市場を中心に、現地のパネルメーカは低価格を前面に出してLTPS LCDのシェアを高める一方、リジッドOLEDを供給している韓国のパネル...
2Picks
中国のスマートフォンのプレミアム化が加速... 高価ディスプレイの採用割合が75%
有機EL | ディスプレイ | 材料 | クリーン化 | 材料分析 | 照明 | 分析工房
|
2018.10.11 ET News 中国の主要スマートフォンメーカーが高級品戦略を加速している。プレミアムディスプレイに選ばれる低温多結晶シリコン(LTPS)液晶(LCD)と有機EL(OLED)のどちらかを採用する割合がこれまでの最高の75%に達した。 このようなプレミアム製品の割合が80%前後の韓国のスマートフォンメーカーとの大きな違いはない数値である。 中国産のスマートフォンの低価格普...
多結晶シリコン 概要
日本
中華人民共和国
マレーシア