新着Pick
SPD162M82P8OH2UF
自動車用電装品
JPN

自動車用電装品 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
自動車部品製造
>
自動車用電装品
始動電動機、配電機、制御装置、イグニッション・コイル、照明等、自動車内で実装されている各種電装・電子部品およびECU(電子制御装置)を製造する企業群。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
2Picks
高強度材料を採用した自転車用ロックの予約先行販売をMakuakeにて12月10日に開始   ~自動車の衝突安全技術であなたの自転車を盗難から守ります~
@Press
|
アイシン高丘株式会社(所在地:愛知県豊田市高丘新町天王1番地、取締役社長:内田 信隆)は、自動車が衝...
2Picks
刃牙の範馬勇次郎が筋トレを応援してくれるカウンターボタン「開始めいッッ」 - 家電 Watch
家電 Watch
|
自宅用フィットネス器具ブランド「STEADY」を販売するステディジャパンは、アニメ「範馬刃牙」とのコラボレーション製品として「範馬勇次郎への挑戦 筋トレカウンターボタン」と「範馬勇次郎オリジナルタオル」を12月1日に発売する。価格はいずれも2,980円。
2Picks
Tesla、子供用のCybertruck風4輪バギー「Cyberquad for Kids」を発売--1900ドルで
CNET Japan
|
Teslaは、発売が遅れているピックアップトラック型の電気自動車(EV)「Tesla Cybertruck」を模した、子供用の電動4輪バギー(ATV)「Cyberquad for Kids」の販売を始めた。
158Picks
デンソーが実用化へ、レアアースが不要なスゴイ磁石の正体
ニュースイッチ
|
デンソーは、鉄とニッケルのみで構成しレアアース(希土類)が不要な磁石を5―10年内に実用化する方針を示した。まずは小型モーターでの採用を目指し、将来は電動車用モーター向けの実用化を視野に入れる。また従来は難しかった100度C以上での水素イオンの移動を可能にし、冷却装置の小型化が見込める燃料電池も2030年代の早い段階で実用化を目指す考えだ。 同日開いた先端技術研究についてのオンライン説明会で...
12Picks
アイシンが2700億円投資で強化する電動化対応の全容
ニュースイッチ
|
アイシンは、電動化対応で2025年度までの5年間で計2700億円を投資すると発表した。電動駆動モジュール「eアクスル」など電動ユニット、回生協調ブレーキなどの生産体制を強化する。 電動化対応では、電動ユニットを25年度に年450万台生産できる体制を築く。eアクスルは小型・高効率化を推進し、全車格での製品をそろえる計画。また25年度に同社の電動化製品で電動車の電費を10%向上させる。 カーボン...
71Picks
クアルコム、自律走行車用半導体で成長へ アップル向け減でも
Reuters
|
[16日 ロイター] - 米通信用半導体大手クアルコムは16日、米アップルへの半導体供給は今後数年間で徐々に減少するものの、自律走行車やその他の接続機器向けの半導体が順調に成長するとの見通しを示した。これを受け、クアルコムの株価は7.9%上昇し、過去最高値で引けた。
17Picks
韓国、尿素水不足騒動あの工場はどうなったの? サムスンが三井物産の協力で尿素量産したが・・・
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
韓国で大騒ぎになったディーゼル車の排ガスを浄化するために必要な「尿素水」の品不足。中国からの原料である尿素の輸入が再開することで、何とか「すぐに物流ストップ」という最悪の事態は回避できそうだが不安は残る。そういえばあの工場はどうなったのか?
37Picks
【動画】韓国、物流・公共交通全面停止の危機 中国が物資供給を制限
産経ニュース
|
【ソウル=時吉達也】韓国で貨物用ディーゼル車の走行に必要な尿素水の供給が急減し、年内にも物流や公共交通機関が全面停止する危機を迎えている。原料の主要調達先だった中国が先月以降、輸出を事実上制限したためだ。米国とともに対中強硬姿勢を示すオーストラリアに中国が反発、豪州産石炭の輸入を止めたことが背景にあり、韓国に米中貿易戦争の〝流れ弾〟が直撃した形となった。
27Picks
豪政府、EV充電設備拡充に1.3億ドル拠出へ EV販売目標示さず
Reuters
|
[シドニー/メルボルン 9日 ロイター] - オーストラリア政府は9日、電気自動車(EV)用充電ステーションの設置を加速させるため1億7800万豪ドル(1億3200万ドル)を拠出し、Future Fuels Fund(未来燃料基金)を拡充すると表明した。ただ、ガソリン車からの脱却に向けたEV販売奨励金の導入や販売目標は示さなかった。
112Picks
年間200万人が「自動車ローン審査落ち」の日本で「クルマ生活」を諦めない方法
マネー現代
|
公共交通が便利な大都市圏では人ごとだが、日本のほとんどの土地は1人1台の車社会。歩いて行くには遠く、公共交通で用を済ませようとすれば不便で仕方ない。車は大都市圏では贅沢品に入るかもしれないが、地方都市においては必需品という位置付けなのだ。しかし、今、車は高騰している。新車の価格は、自動運転機能やコネクテッド機能の搭載、電動化などにより年々上昇傾向にあり、中古車でも100万円を切る車はかなりの...
12Picks
「着脱式電池」で事業領域拡大を狙うホンダの勝算
ニュースイッチ
|
ホンダが、着脱式電池「モバイルパワーパック」を切り口とした事業領域拡大を図っている。現在は同社の法人向け電動バイクにのみ搭載しているが、電動除雪機への搭載や家庭用蓄電池としての利用など、多様な使い方ができると見込む。2022年には事業者向けの販売も始める。電動化や再生可能エネルギー活用の流れを商機ととらえ、攻勢をかける。(江上佑美子) 2輪と4輪の双方で存在感を高める電気自動車(EV)。しか...
39Picks
車用電池の製造基盤強化 先進工場建設に補助金支援へ 政府
NHKニュース
|
【NHK】車の電動化が世界で加速するなか、政府は、基幹部品となる電池の製造基盤を国内で強化するため、先進的な工場を作る際に補助金で…
15Picks
米シェブロン、第3四半期利益は8年間で最高 石油・ガス高で
Reuters
|
[ヒューストン 29日 ロイター] - 米石油大手シェブロンが29日発表した第3・四半期決算は、利益が過去8年間で最高となった。石油・ガス価格の上昇、生産増加、自動車用燃料需要の回復などにより精製マージンが拡大した。
10Picks
GMが中国で次世代「電池モジュール」の生産開始
東洋経済オンライン
|
アメリカのゼネラル・モーターズ(GM)は10月15日、中国の上海汽車集団との合弁会社である上汽通用汽車(上海GM)が上海市浦東新区に建設した新工場で、電気自動車(EV)用の次世代電池モジュール「アルティアム」…
55Picks
Uber運転手、テスラ車をHertzからレンタル可能に--週約3万8000円で
CNET Japan
|
レンタカー大手のHertzはライドシェアのUberと提携し、大量のテスラ車を配車用にレンタル提供する。
120Picks
パナソニック、新型EV用電池試作品を公開 容量5倍に
産経ニュース
|
パナソニックは25日、新型リチウムイオン電池の試作品を公開した。従来品の約5倍の容量を持つという。米電気自動車(EV)大手テスラから要請を受けて開発中の車載用電池で、パナソニックの電池事業部門責任者の只信一生氏は「技術的なめどは立った」と述べた。量産化に向け、今年度中に国内で試作用生産ラインを立ち上げる。
14Picks
電子部品は来年度に反動減、過剰在庫で経営計画策定は難航へ
ニュースイッチ
|
電子部品の需要が調整局面に入りそうだ。自動車向けを中心に、実需を上回る出荷が続いてきた反動が2022年1―3月以降にも生じるとの見方が浮上。電子部品各社とも23年3月期の経営計画策定は難航しそうだ。 21年内は産業機械向けなどを中心に引き続き旺盛な需要が継続し、複数企業が22年3月期業績予想を上方修正する見通し。自動車向け電子部品では減産の影響を一部受けたが、大部分を占める汎用品への影響は少...
42Picks
テスラ、リン酸鉄リチウムイオン電池への世界的な移行を計画
Bloomberg
|
電気自動車(EV)メーカーの米テスラは20日、車載用電池について、同社がリン酸鉄リチウムイオン(LFP)電池に世界的に移行する計画だと指摘した。
29Picks
米P&G、化粧品など一部値上げ コモディティー価格上昇に対応
Reuters
|
[19日 ロイター] - 米日用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)は19日、コモディティー価格や運賃の上昇に対応するため、米国内の男性用化粧品やオーラルケア製品、スキンケア製品の一部を値上げすると発表した。
20Picks
トヨタが米国に新設する車載電池工場、二つの「初」
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車は、2030年までに電気自動車(EV)を含む米国での車載電池生産に約34億ドル(約3800億円)を投資する。まずは25年の稼働開始を目指して電池生産会社を設立し、ハイブリッド車(HV)用電池工場を新設する。土地や建物も含めた投資額は31年までに約12億9000万ドル(約1430億円)で、拠点、生産能力などは今後詰める。 トヨタは9月に30年までに電池の開発や生産に1兆5000億円...
自動車用電装品 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
シンガポール
アメリカ合衆国