SPD0XMOPRQTDGWCZ
汎用コンピューター
JPN

汎用コンピューター 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
情報通信機器製造
>
汎用コンピューター
企業の基幹業務等に利用されるサーバー、ストレージなどの大規模コンピュータを製造する企業群。プリンタ、PC本体は本業界から除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
4Picks
スピルバーグ家とGE、汎用コンピューターにまつわる関係
GE Reports Japan
|
GEのメインフレーム「GE-225」を設計した映画監督スティーブン・スピルバーグの父親、アーノルド・スピルバーグ。コンピュータ誕生にまつわる彼とGEの関係をご紹介します 。...
644Picks
【独占】富士通が、ひそかに新会社を設立していた
NewsPicks編集部
|
富士通が挑む新規事業の一環で設立の新会社、富士通ローンチパッドの全貌を時田隆仁社長にインタビュー。コンピューター「メインフレーム」時代から、アマゾンAWSの時代での変革、成果主義の反省とジョブ型...
118Picks
富士通メインフレーム撤退で業界激震!レガシーシステム問題の深刻、企業の半数が刷新断念!?
Diamond Online
|
富士通がついにメインフレーム事業からの撤退を発表。現在、同社のメインフレームを利用している企業に激震が走っている。しかし、2026年までに約半数の企業がその刷新を諦めるという予測もある。レガシーシステムの大問題とは。
240Picks
2025年の崖日本の基幹コンピュータシステムが制御できなくなる日
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
経済産業省が2019年9月に公表した「DXレポート ~ITシステム『2025年の崖』克服とDXの本格的な展開~」は、レガシーシステムがブラックボックス化している危険を指摘している。メインフレーム時代から続くシステムが、旧式化しメンテナンス担当者も去り、コントロール不能なものが続出する可能性がある。
2Picks
世界の金融機関はAIとクラウド技術の導入を進めている - NTTデータが調査
TECH+
|
NTTデータグループは2月20日、世界中(米国、英国、日本、ドイツ、スペイン、メキシコ、ブラジル)の金融機関のIT部門の意思決定者650人を対象に、2023年8月〜9月に実施した調査に基づくレポート「デジタルに関する展望:メインフレームからAI駆動型のクラウドインフラへ移行する金融機関」を公表した。調査結果では、金融機関はメインフレームシステムからの脱却を目指し、AIとクラウド技術の導入を進...
170Picks
パラダイムシフトが起こすチャンスとクライシス(前編)
大西 実は私、日本経済新聞で記者をしていた1990年代の前半にコンピューター業界を担当しておりまして。ちょうどメーンフレーム(大型汎用コンピューター)がクライアント・サーバーに移り変わる時期で、...
19Picks
IBM、第2四半期は予想下回る減収 企業のIT支出減で
Reuters
|
[19日 ロイター] - 米IBMが19日発表した第2・四半期決算は売上高が減少し、市場予想を下回った。企業が情報技術(IT)関連支出を削減する中、メインフレーム(大型汎用)コンピューターの売上高が落ち込み業績を圧迫した。
49Picks
AWSが「とどめを刺した」メインフレームの終焉、市場を巡る富士通、IBM、NECの思惑
ビジネス+IT
|
富士通は2030年度末(2031年3月)にメインフレームの製造・販売から撤退することを明らかにした。60年以上に及ぶとも言われるメインフレームの歴史が幕を閉じることになる。日本のコンピュータ業界の中心であり続けたメーカーの国産メインフレーム事業の終焉に期日が切られた格好だ。コンピュータ黎明期から築き上げられてきた“歴史あるシステム”から、時代の流れを受けてスムーズにクラウドに移行することは、...
1Pick
パナソニック、IBMメインフレーム上の人事システムを7カ月でオープン化
TECH+
|
TISは2月16日、パナソニックグループが「Xenlon~神龍 モダナイゼーションサービス」を活用して、COBOLで構築された人事システムのJavaへのオープン化を7カ月で実現したと発表した。 ○「Xenlon~神龍 モダナイゼーションサービス」とは 同サービスは、同社が開発したリライトツール「Xenlon~神龍 Migrator」を活用して、レガシーなプログラミング言語(COBOL、PL/...
12Picks
金融インフラを運営するのは誰か
アートと建築とおかね
|
アートと建築とおかね こちらはいくつかの銀行で戸惑いの声が出ているデータセンターの正面入り口です。場所が非公開(調べればわかりますが)のため絵にしました。金融機関にとっては非常に重要な拠点であり、外資系インフラ企業が運営しています。 金融機関はインフラを共有化して外部委託することが多く、運営が始まると体制の維持は重要です。 例えば三菱UFJ銀行はChanceという地銀共同化システムを運営しており、参加行である常陽銀行 黒崎常務(当時)の本質をついたインタビューがあります。 あえて言うなら、我々の共同システムは三菱東京UFJ銀行(現三菱UFJ銀行)の『クローン』でなければならない Chanceは地銀8行が参加する基幹システム共同化の枠組みである。三菱UFJ銀行のシステムをベースにした共同利用型システムを採用し、主に日本IBMのメインフレーム上で動作している。2007年1月に、常陽銀行が第1号ユーザーとして利用を始め、その後、参加行を順次増やした。Chanceの思想は、事務プロセスや商品・サービスなどを三菱UFJ銀行にできるだけ合わせ、同行が提供する追加モジュールを適用しやすくするというものだ。システムの安定性を維持しながら、保守コストを引き下げる狙いだ。Chanceの稼働当初、常陽銀行の黒崎邦雄常務取締役(当時)は日経コンピュータの取材に対し、「あえて言うなら、我々の共同システムは三菱東京UFJ銀行(現三菱UFJ銀行)の『クローン』でなければならない」と語っている。
4Picks
横浜銀や北陸銀、マルチバンクオープン勘定系システム稼働
TECH+
|
NTTデータは1月4日、横浜銀行、北陸銀行、北海道銀行、七十七銀行、東日本銀行の5行が共同利用しているシステム(MEJAR)をオープン系システムへ移行し、同日より、マルチバンクオープン勘定系システムの稼働を開始したと発表した。 ○システム移行の背景 NTTデータは、2010年からメインフレームでMEJARを提供してきたが、メインフレーム提供事業者や技術者の減少、半導体不足等によるハードウエア...
5Picks
初期は重さ「30トン」の激ヤバ仕様、PCはなぜ市場の「主役」になれたのか?
ビジネス+IT
|
デジタル化の歴史をたどると、それは破壊的イノベーションの連続だった。スマホがPCの単なる小型化ではないように、PCも大型汎用機(メインフレーム)の単なる小型化ではなかった。今回は、パスカルの時代の歯車式計算機から今日のスマホに至る主役交代(新陳代謝)の軌跡を追いながら、破壊的イノベーションとは何かを考えてみよう。
99Picks
もはやインド企業。IBMにみるグローバル企業の未来像
The New York Times
|
コンピューター業界の揺籃(ようらん)期から数十年間、IBMはメインフレームやディスケットといった発明により、業界をほぼ手中に収めていた。マイクロソフトやグーグルが現れるずっと以前、IBMがニュー...
1Pick
IBM、LinuxONEメインフレームの新製品「IBM LinuxONE 4 Express」を発表
クラウド Watch
|
米IBMは現地時間6日、Linux専用メインフレームの新製品「IBM LinuxONE 4 Expr...
80Picks
大学生にしてIBM製メインフレームを自宅に設置&IBMにスカウトされた「メインフレームキッド」のニッチな生き方とは?
GIGAZINE
|
「18歳の大学生がIBM製メインフレームのIBM z890を購入して自室に設置してみた」というムービーで一躍有名になったのが、コナー・クラスコスキさんです。なんとその後大学生でありながらIBMにス
汎用コンピューター 概要
世界
日本
中華人民共和国