SPD0X2VKXACF2CBI
自動車
JPN

自動車 業界

日本
業界
>
輸送機械
>
輸送用機械製造
>
自動車
乗用車(軽自動車を含む四輪自動車やピックアップトラックなどの軽商業車)を製造する企業群。但し、トラック、特殊車両、運搬車両等は除く。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
1549Picks
【全貌理解】自動車産業に激震、今、何が起きているのか
NewsPicks編集部
|
中国発のEVが猛威を奮っている。タイなど東南アジアにも攻勢をかけ、方やアメリカではIRA法と規制が急進。ハイブリッドを強みにしてきたトヨタやホンダ、日産などの自動車産業は生き残れるのか。SDVな...
4143Picks
【完全解説】アップルカーは本当に「自動車」を変えるのか?
NewsPicks編集部
|
ついにあのアップルが、自動車業界にやってきた。EVと自動運転を武器に、アップルカーは自動車業界を破壊し、新たな王者に君臨するのか。それとも、トヨタを中心とする既存メーカーが地位を守るのか。アップ...
763Picks
【保存版】「パクり」で全課題を解決した、フォードの思考法
NewsPicks編集部
|
イノベーションとは、複雑な課題を解決するための、古いアイデアの新規かつ有用な組み合わせである。この定義は、イノベーション研究の草分け的存在である経済学者、ヨーゼフ・シュンペーターの名言を思い起こ...
261Picks
【日本初】爆速「都市型充電器」で、EV生活が激変する
NewsPicks編集部
|
「爆速」充電器の導入で、EV利用者のユーザー体験を高めることはできるのだろうか。独自動車大手Audiは4月下旬にも、現在ヨーロッパ3カ国で展開している都市型EV充電施設「アウディチャージングハブ...
339Picks
【ドキュメント】中国EV「BYD」が、本当に手強そうだ
NewsPicks編集部
|
世界最大のEVメーカーと聞いて、どの企業を思い浮かべるだろうか?正解はテスラでも、トヨタでもない。今、最もEVを販売しているのは、中国のBYDだ。この名前は、自動車に詳しい人でなければ聞きなれな...
769Picks
【超理解】日本人が知るべきトヨタ「3つのゲームチェンジャー」
NewsPicks編集部
|
トヨタ自動車のマルチパスウェイ、電気自動車EV・ハイブリッドHV・プラグインPHV・燃料電池FCV・水素エンジンなどを展望。全固体電池と並ぶゲームチェンジャーバイポーラーのほか、ギガキャストなど...
30Picks
VW米工場で組合結成へ=自動車労組が組織拡大―日本勢に影響も
時事通信社
|
 【ニューヨーク時事】全米自動車労組(UAW)は19日、ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の米南部テネシー州にある工場従業員がUAW傘下の労組結成を賛成多数で決めたと発表した。米ゼネラル...
167Picks
アップルの電気自動車Apple Carの開発が終了した理由
今、世界の自動車メーカーで起きていること
|
今、世界の自動車メーカーで起きていること トピックスオーナーの前田謙一郎です。 昨晩、ブルームバーグで衝撃的なニュースが流れ、アップルが10年越しに手掛けてきたそのEV開発プロジェクト「タイタン」を中止し、アップルカーの開発を終了するということが明るみになりました。 先月末には同じくAppleが完全運転を目指していた技術レベルを下げること、また発売時期も予測から2年遅れる2028年になることが報道されたばかりでしたので、今回の開発終了のニュースは驚きと同時に理解もできます。 関わっていた社員は2000人!そして多くは今後成長が期待されるAI分野へとシフトをしていくことになります。開発終了という判断は賢明だったという意見がアメリカでも多く、私も妥当であると考えます。
530Picks
【急成長】7つの数字で知る「次の」自動車大国・インド
NewsPicks編集部
|
今、世界で一番クルマを欲しがっている人が多い国。それがインドだ。インドは膨大な人口を抱え、自動車に限らずあらゆる業界でフロンティアと期待されてきた。そんな「アジアの巨像」が、待ち望まれた夜明けを...
518Picks
【激論】トヨタの「牙城」に異変、ニッポン車は生き残れるか
NewsPicks編集部
|
製造業系YouTuberとして絶大なる人気を誇る「ものづくり太郎」氏が、日本の自動車産業に物申す!世界の自動車一大生産拠点の「あの国」で見たのは、EV車で猛攻をかける中国の新興企業と、時代に取り...
150Picks
大谷翔平選手やハリウッドセレブ起用からみる自動車メーカーのブランド戦略
今、世界の自動車メーカーで起きていること
|
今、世界の自動車メーカーで起きていること トピックスオーナーの前田謙一郎です。 最近は車トピックが中心になっていましたので、今回はマーケティングやブランディングの観点から自動車メーカーのアンバサダーやKOLマーケティングについて書きたいと思います。 ご存じの通り、昨年末のドジャーズへの移籍から、現在のスプリングキャンプ中での車の運転や練習など、全ての挙動が話題になっている大谷翔平選手には、引き続き大変な人気があることがわかります。 そして彼をアンバサダーとして起用する企業にとっては、彼のニュースと一緒に商品やブランドが取り上げられ、恩恵を受ける、これは企業のアンバサダーやKOLマーケティングとしては最たる成功例ではないでしょうか。 一方、従来の広告に費用を掛けない企業代表のテスラにおいても、彼らの熱狂的なファンベースはオーガニックなバスを引き起こしており、最近では納車開始になったサイバートラックに多くのセレブやハリウッドスターが乗っていることがメディアに流れ話題になっています。これも一つのマーケティング手法でしょう。
561Picks
【志賀俊之】日本メーカーの考える「自動車」はズレている
NewsPicks編集部
|
かつて日本車に敗れた米国車と全く同じ道をたどってはいないか──。EVに攻め込まれる日本メーカーへの危機感を率直に語るのは、日産自動車元COOの志賀俊之氏だ。COOとして世界初の量産電気自動車「日...
148Picks
大企業製造業の景況感4四半期ぶり悪化、自動車生産停止で-日銀短観
Bloomberg
|
日本銀行が1日発表した3月の企業短期経済観測調査(短観)によると、大企業製造業の景況感は4四半期ぶりに悪化した。一部自動車メーカーの生産停止が企業心理に影響したとみられる。
375Picks
【解説】中国EVの車内「体験」がスゴイことになっていた
NewsPicks編集部
|
まず初めに以下の中国EVの車内を撮影したYouTube動画を見ていただきたい。(※車内映像は32秒から、動画の最後に音楽が流れるので音量注意)テスラを思わせる近未来なデザイン、乗車後にはペダル一...
243Picks
【トヨタ、EV、原発…】ドイツが思ったより苦しそうだ
NewsPicks編集部
|
「結局、トヨタぐらいのスピード感が一番稼げるんじゃん」ドイツのフォルクスワーゲン本社で働く知人が、ため息をつきながら話した。その前からあまり景気の良い話は少なさそうだったのだけれど、今週、トヨタ...
88Picks
中国の電気自動車BYDが「トヨタを追い抜くための戦略」を仕掛けている | 格安ハイブリッド車を市場投入した理由とは?
クーリエ・ジャポン
|
販売台数がテスラを抜き、世界一のEVメーカーとなったBYDが、次はトヨタを抜く新たな戦略に乗り出している。世界的に需要が伸びているハイブリッド車の安価モデルを投入するなど、BYDの最新動向を英紙が追った。トヨタに迫るBYDはたして、23万ドル(約3500万円)もの高値をつけた中国ブランド車は、この先、当たり前の光景になるのだろうか? 2023年にテスラを抜いて世界最大の電気自動車メーカーとなった中
980Picks
【危機】日本の自動車エンジニアは「車」を分かっていない
NewsPicks編集部
|
日本から「次のテスラ」が現れることはあるのか──。自動車業界は今、100年に1度の変革期にあるとされている。EV(電気自動車)や自動運転が普及していくことにより、これからの移動のあり方は激変して...
1122Picks
【3分解説】アップルはなぜ、「自動車事業」に乗り出すのか
NewsPicks編集部
|
ついに「あの企業」も自動車開発に乗り出すのか。2020年末から、米アップルが既存の自動車メーカーとの提携に向けて動いているという報道が相次いでいる。エンジン車に比べて、モーターで走るEV(電気自...
9Picks
自動運転とEV(電気自動車)の関係性解説(2024年最新版)
自動運転ラボ
|
コネクテッド、自動運転、シェアリング・サービス、電動化――。いわゆる「CASE」の波が自動車業界に押し寄せている。Connectedの「C」、Autonomousの「A」、Sharing/Serviceの「S」、Elec […] The post 自動運転とEV(電気自動車)の関係性解説(2024年最新版) first appeared on 自動運転ラボ.
自動車 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
マレーシア
タイ
インドネシア