SPD0MC3BEWFH1UFY
百貨店
JPN

百貨店 業界

日本
業界
>
小売
>
総合・食品小売
>
百貨店
衣食住の多岐にわたる商品群を総合的に品揃え 、類似商品ごとに売り場に配置する大規模小売店を運営する企業群。セルフサービス方式の商店は除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
333Picks
【Jフロント新社長】百貨店の明暗を分けるのは若い富裕層開拓
NewsPicks編集部
|
インバウンドの回復と富裕層の需要拡大で百貨店の業績が絶好調だ。大丸や松坂屋などを運営するJ.フロントリテイリング(以下、Jフロント)も、2024年2月期通期の売上収益(売上高に相当)が4000億...
538Picks
【衝撃の買い物】伊勢丹を復活させた「外商」顧客に聞いてみた
NewsPicks編集部
|
一時期「オワコン」と言われた百貨店業界が絶好調だ。復活のカギを握るのが昔ながらの「外商」サービス。三越伊勢丹HDでは近年「外商改革」に着手し、新富裕層の獲得や外国人顧客の開拓で売上を伸ばしている...
8Picks
中国・天津の伊勢丹が14日閉店 ネット通販普及などで百貨店逆風
TBS NEWS DIG
|
中国ではネット通販の普及などを背景に百貨店の閉店が相次いでいます。こうした中、天津にある伊勢丹も14日、閉店しました。大手デパートの三越伊勢丹ホールディングスは14日、天津中心部にある1店舗を閉店しまし…
46Picks
近鉄百貨店 郊外店名から「百貨店」外す 脱却の色を鮮明に
産経ニュース
|
近鉄百貨店があべのハルカス本店(大阪市阿倍野区)以外の郊外の百貨店で店名から「百貨店」を外すことが分かった。地方の百貨店を取り巻く状況は厳しく、市民が気軽に利用できる商業施設を目指すためで、郊外店の〝脱百貨店〟色を鮮明にする。大手が店名から「百貨店」を外すケースはめずらしい。
44Picks
三越伊勢丹、上海店を閉鎖 6月末で、中国の百貨店苦境で
共同通信
|
【上海共同】三越伊勢丹ホールディングス(HD)は25日、中国・上海市内にある百貨店を6月末で閉鎖する...
327Picks
31日ストライキ決行へ そごう・西武労組 百貨店ストは約60年ぶり“異例事態”
TBS NEWS DIG
|
百貨店として60年ぶりのストライキがあす行われるのか。流通大手、セブン&アイ・ホールディングスが売却を進めている傘下の百貨店「そごう・西武」の労働組合によるストライキの実施をめぐり、ギリギリの交渉が続い
1148Picks
【実践】いい文章のヒントは「百貨店」から学べ
NewsPicks編集部
|
著者の言葉をまとめ、コンテンツとして世の中に発信する「ライター」。小説家、ジャーナリスト、エッセイストなどとは異なるこの仕事を、第一人者として極めているのが、古賀史健氏だ。堀江貴文氏の『ゼロ』、...
1975Picks
時価総額1兆円。ゾゾタウンが「百貨店の王座」を奪った日
NewsPicks編集部
|
その日は、日本における小売業の「王様」が、完全に入れ替わった日として記憶されるかもしれない。2017年8月1日。ファッション通販サイトの「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するスタートトゥデ...
253Picks
これから百貨店は「ヨドバシとドラッグストア」にかわる…「そごう・西武の売却」は業界崩壊の始まりだ
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
|
9月1日、セブン&アイ・ホールディングスは、米投資ファンドであるフォートレス・インベストメント・グループへの“そごう・西武”の売却が
310Picks
地方から百貨店も総合スーパーも消えていく…それでもイオンが"時代遅れのGMS事業"を続ける意外な理由
PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)
|
インターネットで物が買える時代に、リアル店舗は不要なのか。流通アナリストの中井彰人さんは「イオンのGMS事業は利益貢献をしていない。だが、イオンモールなどの不動産事業の集客エンジンになっている。今後は消費者データの源泉としても大きな役割を果たすだろう」という――。
177Picks
米国ではお酒を飲みながら靴が選べる百貨店も 購入以上の体験が求められる今、生き残れるビジネスとは
ECzine
|
米国では百貨店の事業継続が厳しさを増している。これまでの商品やサービス提供では、消費者を満足させられなくなっている。そこで各社が取り組んでいるのが、体験を重視した実店舗の構築とOMOだ。小売業界の情報を日々収集・発信している伴大二郎氏による連載「小売りの変革」。第2回は、海外の小売業者が生み出す顧客体験を取り上げる。
749Picks
「百貨店が売っていたのは、希望でした。」レシート広告に込めた思い
withnews.jp
|
株式会社そごう・西武の正月広告「百貨店が売っていたのは、希望でした。」が、ネット上で話題になっています。写っているのはレジでもらう1枚のレシート。よく見ると、そこにはたくさんの「希望のリスト」が現れていました。広告の狙いについて、広報担当…
1Pick
【KSS】コールズ 米国百貨店セクターの高配当銘柄は買い時!? 2024年はデパートのチャンス?!
イピリカ 主夫リーランスブログ
|
米国老舗デパートのコールズ(KSS)Kohl’s Corpの配当利回りが8%超となっています。新NISA銘柄として2024年は買い時なのか?逆境の百貨店セクターで随一の利回りを誇るコールズ(KSS)Kohl’s Corpについて徹底解説しています。
89Picks
一畑百貨店、65年の歴史に幕 島根、3県目の「百貨店ゼロ」に
共同通信
|
島根県を地盤とする一畑百貨店は14日、松江市にある唯一の店舗が最後の営業を終了して閉店し、65年の歴...
262Picks
「百貨店の利用者は中高年ばかり」は思い込み? そごう・西武がAIカメラで発見した意外な利用客
ITmedia ビジネスオンライン
|
そごう・西武では、エッジAIカメラを使って客層の解析を進めている。そこで見えたのは、若い世代の来店率が予想以上に高いことだった。データを基に進めた新たな取り組みとは。
1004Picks
【スライド】三越伊勢丹を自滅に追いやった「3つの理由」
NewsPicks編集部
|
改革をうたっていた三越伊勢丹が「自滅」したのはなぜか。百貨店業界の現状と行方をスライドストーリーで解説する。
86Picks
従来の百貨店のビジネスモデルは「崩壊している」 三越伊勢丹HDが“100年に一度の変革”に向けた人財戦略発表
FASHIONSNAP【ファッションスナップ】
|
三越伊勢丹ホールディングスが12月6日、投資家や報道関係者向けに開いたサステナビリティ説明会で、中長期人財戦略を発表した。主力事業を百貨店業から、個を徹底的に分析し利益につなげる新しいビジネスモデル「個客業」への転換を図っている同社は、従業員の力を最大化しながら、百貨店業で培ってきた「おもてなし」と「時代の半歩先をいくキュレーション力」のDNAを不動産業や金融業といった関連会社を含むグループ...
692Picks
百貨店初、女性向けアダルトグッズ常設店の狙いは?
産経ニュース
|
大丸梅田店(大阪市北区)に22日、女性向けアダルトグッズ「iroha(イロハ)」の百貨店初の常設店がオープンする。これまでに大丸梅田店で3回、同ブランドの期間限定ショップを開設したところ、40代以上の女性からの性に関する悩みが多く寄せられていた。常設店では専門知識のあるスタッフがいつでも相談に応じられる態勢を整え、あらゆる世代の女性の悩みに寄り添う。
百貨店 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
大韓民国
シンガポール
マレーシア