新着Pick
SPD0HQU0TWYKYHFW
肥料
JPN

肥料 業界

日本
業界一覧
>
素材・素材加工品
>
化学
>
肥料
窒素、リン酸、カリ等を要素とする肥料(植物の栄養に供することを目的としてほどこされる物)を製造する企業群。有機肥料、無機肥料全て含む
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
177Picks
「アンモニア製造」に100年ぶりの革命
ニュースイッチ
|
農業用肥料や工業原料など幅広い用途で使われるアンモニア。主な製造方法は100年以上前に生まれた「ハーバー・ボッシュ法」だが、日本から新しい製造法が生まれようとしている。つばめBHB(東京都中央区)はアンモニアの製造を小規模で行えるプラントの研究開発を手掛ける。 小規模でアンモニア製造 20世紀初頭にドイツで生まれたハーバー・ボッシュ法は「空気からパンを作る」と謳われ、農業生産の飛躍的な向上に...
13Picks
ハエの力で実現する「究極の循環型社会」という未来 ゲスト:串間充崇(ムスカ ファウンダー/代表取締役)[音声配信]
WIRED.jp
|
イエバエの幼虫を利用して家畜のふんなどの有機廃棄物を肥料に生まれ変わらせ、その幼虫を飼料にする──。そんな循環型システムの研究開発で知られるムスカは、1週間で有機廃棄物を分解する超高効率なバイオマス・リサイクルシステムを生み出した。創業者の串間は「究極の循環型社会」をどのように思い描くのか。これまでの道のりとその先の未来について串間に訊く。
101Picks
「食の脱炭素化」へポイント付与 環境省、菜食普及やロス削減に
共同通信
|
環境省は30日、脱炭素社会の実現に向け、菜食の普及や食品ロスの削減、農薬や化学肥料を使わない有機食材...
11Picks
水清ければ、牡蠣育たず... 広島の生産者が「水質改善」に悩み→救いの手になるのは「鶏のフン」?(全文表示)
Jタウンネット
|
[みみよりライブ5up-広島ホームテレビ]2021年7月21日放送の「地球派宣言」のコーナーでは、これまで廃棄処分されていた鶏のフンを再利用し、海の肥料として活...
47Picks
化学肥料を置き換える「ピボット・バイオ」が470億円調達
Forbes JAPAN
|
カリフォルニア大学サンフランシスコ校の大学院で生物工学を専攻したカルステン・テンメ(Karsten Temme)は、環境に悪影響を及ぼす化学肥料への依存度を下げるため、窒素を使って作物を自殖させる方法を研究した。農家は、植物の発育を安定させ・・・
27Picks
EU国境炭素税、2026年から全面実施
産経ニュース
|
【パリ=三井美奈】欧州連合(EU)欧州委員会は14日、地球温暖化対策の計画案を示した中で、環境規制の緩い国からの輸入品に課税する「国境炭素税」の導入を発表した。温室効果ガス排出量の多い鉄鋼、セメント、肥料、アルミニウム、電力の5品目を課税対象とした。域内の輸入業者へ2023年から報告を義務づけ、26年から徴税も含め全面実施する。
17Picks
ゲームのルールは変わった、世界は「脱石油」で一刻を争う局面に(JBpress)
Yahoo!ニュース
|
(篠原 信:農業研究者)  農林水産省が、化学肥料からの脱却と、有機農業への推進に本腰を入れ始めた。令和3年5月、農林水産省は「みどりの食料システム戦略」を策定した。  とある農業系SNSでは
666Picks
【遠山正道】大事なのは、子どもの眼差し。“問い”を起点に事業を創る思考法
注1:QWSでプロジェクト活動を行うメンバーを支援する会員遠山 渋谷肥料のプロジェクトは、前から気になっていました。以前にQWSのスクランブルミーティング(注2)でお話ししたよね?坪沼 はい、以...
589Picks
【未来予測】植物科学×テクノロジーの農業新時代が来る
NewsPicks編集部
|
1960年代、農業の世界で「緑の革命」が起きた。これは急激な人口増加に対して、高収量の品種の種を開発し、化学肥料と農薬で大量生産するという動きを指す。この革命によって、1960年代前半から40年...
472Picks
売れ残り食品の廃棄を禁止する法律、フランスが全会一致で可決
ハフィントンポスト
|
フランスで、大手スーパーマーケットが売れ残った食品を廃棄することを禁じる法律が制定された。スーパーマーケットは、売れ残った食品を慈善団体に寄付するか、家畜の飼料や肥料に転用しなければならなくなる。
373Picks
【日本初】国産エタノールで休耕田が再生している
NewsPicks編集部
|
8月某日。首都圏の熱波がうそのように、岩手県奥州市には涼やかな風が吹いていた。胆沢(いさわ)という地域にある田んぼでは、無農薬、無化学肥料で育てられた稲が力強く穂を伸ばしている。一般人には見分け...
365Picks
16歳男子高校生が「種」を売る何とも壮大な理由
東洋経済オンライン
|
15歳という若さで種苗会社を始めた高校生がいる。東京在住の小林宙(そら)氏、現在16歳の高校2年生だ。会社の名前は「鶴頸(かくけい)種苗流通プロモーション」。伝統野菜を主とする種と苗と、農薬・化学肥料不…
309Picks
ドローン活用で「データドリブン農業」を実現する英国企業
Forbes Japan
|
数千年もの間に渡って、農業には水や肥料、種まきに対する人間の目利きが必要とされてきた。しかし、最近では機械学習を用いて収穫高や利益を増やすケースが増えている。ロンドンに本拠を置くアグリテック(農業テクノロジー)のスタートアップ企業「Humm・・・
272Picks
ハエの力で食糧危機を救う。 究極の循環型社会を目指して──串間充崇
WIRED.jp
|
イエバエの幼虫を利用して、家畜のふんなどの有機廃棄物を肥料に生まれ変わらせ、その幼虫を飼料にする──。そんな循環型システムの事業化で注目されているのが、ムスカ創業者で会長の串間充崇である。その取り組みを並々ならぬ情熱で語る彼の言葉に耳を澄ませると、その奥底には「循環型の街づくり」というさらなる大きなヴィジョンが渦巻いていた。
252Picks
まるで未来都市な水槽&水耕栽培キットがエコシステムすぎる
ギズモード・ジャパン
|
魚のうんちとおしっこで、野菜が生き生きと育ちます! 水槽内で汚れた水をプランターに送り、植物が肥料として吸収、きれいになった水をまた水槽に送って循環させるアクアポニックス。その水産養殖と水耕栽培を一...
223Picks
シンガポール新市場、「野菜工場」の仕掛人は元鉄鋼マン
NewsPicks編集部
|
日本の鉄鋼メーカーが、シンガポールに子会社を設立し「野菜工場」を運営している。日本から種、肥料、設備などを持ち込み、ハイテク企業が集積する北部郊外のセンバワン工業地区に193平方メートルの工場を...
217Picks
「見える化」で農業が変わる 経験がなくてもできる時代に
Forbes Japan
|
農家の経験頼みだった肥料や農薬量を、ICT農機が自動的に弾き出す。生産力や生育状況の「見える化」が、高齢化で窮地の日本の農業の景色を塗り替える。白鷲が一羽、少し遠くの方で餌を優雅についばんでいる。梅雨の晴れ間が空に広がった6月末のある日、千・・・
182Picks
ウェイモがウーバーを提訴、盗用された自律走行技術「LiDAR」とは
Bloomberg
|
宇宙船は距離を測定するためにこれを使う。農業従事者は肥料が必要な畑を把握するためにこれを使う。考古学者は地形図を作成するためにこれを使う。そして、ウーバーとアルファベット傘下のウェイモが開発する...
181Picks
風力発電の余剰電力で炭素排出せずに肥料を製造
Bloomberg
|
世界最大の電力設備メーカーである独シーメンスは、風力発電でアンモニアガスを生産する技術のテストを行おうとしている。肥料産業による大気汚染を低減させる可能性がある製法だ。 シーメンスのエネルギーお...
肥料 概要
世界
日本
中華人民共和国
タイ
インドネシア
フィリピン
ベトナム