新着Pick
SPD0HQU0TWYKYHFW
肥料
JPN

肥料 業界

日本
業界一覧
>
素材・素材加工品
>
化学
>
肥料
窒素、リン酸、カリ等を要素とする肥料(植物の栄養に供することを目的としてほどこされる物)を製造する企業群。有機肥料、無機肥料全て含む
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
16Picks
超抜ハエ技術のムスカが新生銀行と戦略的パートナーシップ、丸紅・伊藤忠に続き3社目
TechCrunch Japan
|
イエバエの幼虫を活用して畜糞を1週間程度で肥料化できる技術を擁するムスカは6月25日、新生銀行との戦略的パートナーシップを締結した。新生銀行のCVCである新生企業投資ではなく、本体との締結だ。つまり、新生銀行自体がムスカに出資する。出資金額は非公開。 ムスカは2016年12月設立のスタートアップ。同社は現在、約100トンの家畜排せつ物や食品残渣といった有機廃棄物を、45年1100世代の選別交...
44Picks
工場の"ゴミ"を売る、プリマハムのすごい情熱
東洋経済オンライン
|
――排水処理の過程で出る“ゴミ”を肥料に変え、売却できるようにしたということですが、どうしてこの研究をすることになったのですか?入社6年目に「環境」について研究しろと言われました。具体的にこれをやり…
17Picks
伊藤忠が超抜ハエ技術のムスカと提携した理由、畜糞処理からプラント建設までの壮大な構想
TechCrunch Japan
|
ムスカは3月1日に丸紅と、4月23日に伊藤忠商事とそれぞれ戦略的パートナーシップを締結した。両社ともムスカに資本参加し、畜糞処理や食料危機などの世界的問題の解決に取り込んでいく方針だ。 ムスカは、2016年設立のスタートアップ企業。45年間1,100世代の交配を重ねたイエバエの幼虫を活用し、糞尿などを約1週間で肥料化、そしてその幼虫を飼料化する技術を擁する。昨年TechCrunch Japa...
22Picks
科学の森:アンモニア、新合成法に注目 化学肥料の原料、将来は燃料利用も
毎日新聞
|
アンモニアというと、刺激臭が連想されるが、実は化学肥料の原料として重要な物質だ。その新たな合成法を目指す研究が注目を集めている。今の方法は100年以上前に開発・実用化されたが、エネルギーの大量消費などが課題だ。研究の最前線に迫った。【柳楽未来】
15Picks
タンパク質危機の回避を目指す丸紅がイエバエ技術のムスカと組んだ狙いとは?
TechCrunch Japan
|
ムスカは3月1日に丸紅と、4月23日に伊藤忠商事とそれぞれ戦略的パートナーシップを締結した。両社ともムスカに資本参加し、畜糞処理や食料危機などの世界的問題の解決に取り込んでいく。 ムスカは、2016年設立のスタートアップ企業。45年間1100世代の交配を重ねたイエバエの幼虫を活用し、糞尿などを約1週間で肥料化、そしてその幼虫を飼料化する技術を擁する。TechCrunch Japanが主催した...
26Picks
アンモニア 新たな製造法を開発
NHKニュース
|
医薬品や肥料などの原料となる「アンモニア」を効率的につくる方法の開発に東京大学のグループが成功し、製造コストと二酸化炭素の排出を大幅に減ら…
12Picks
「人間の肥料化」が合法化されそう、何それ?
ニューズウィーク日本版
|
<墓不足や環境への配慮から、「グリーン埋葬」にこだわるアメリカ人が増えている>ワシントン州のジェイ・インズリー知事がもし、「人体堆肥化(人間の遺体の堆肥化)」を合法化する法案に署名すれば、アメリカの歴...
19Picks
飼料と肥料に革命を起こすハエ技術のムスカ、丸紅に続き伊藤忠と連携し10億円超調達へ
TechCrunch Japan
|
ムスカが有する超抜イエバエは羽化する前に収穫・飼料化されるが、ムスカは遂に飛翔することになる。同社は、TechCrunch Tokyo 2018の「スタートアップバトル」で応募100社超の頂点、最優秀賞に輝いた2016年12月設立のスタートアップ。 【関連記事】 ・Startup Battleはハエで食糧危機を解決するムスカが優勝 ・ムスカが丸紅と電撃提携、イエバエ技術で生ゴミや糞尿を約1週...
30Picks
コーヒーの“かす”は農業の頼れる味方
ニュースイッチ
|
アサヒグループホールディングス(GHD)は関西大学発ベンチャーのKUREi(カレイ、大阪府吹田市)に出資し、コーヒー粕を原料にした凍霜害防止材の事業化を推進する。アサヒ飲料のコーヒー飲料製造の副産物として排出されるコーヒー粕を肥料など以外に有効利用する。開発する凍霜害防止材は氷点下でも水分が液体として存在できるようにする技術で農作物被害を抑制できる。5年で事業を軌道に乗せる。 アサヒGHDは...
50Picks
ムスカが丸紅と電撃提携、イエバエ技術で生ゴミや糞尿を約1週間で肥料・飼料化
TechCrunch Japan
|
ムスカは3月1日、大手商社の丸紅と戦略的パートナーシップを締結した。これにより両社は、国連が2015年に採択した「持続可能な開発目標(SDGs)」を志向した社会、ビジネスの実現を目指す。 ムスカは、旧ソ連の研究を買い取って引き継ぎ、45年超1100世代におよぶ選別交配を重ねたイエバエを使って、生ゴミや糞尿などの有機廃棄物を約1週間で肥料・飼料化する技術を持つ。同社は、福岡県を拠点とする201...
16Picks
電力会社出身、「ハエ」一筋。決断のヒントは直感と揺るがない自信
STARTUP DB MEDIA(スタートアップデータベース メディア)
|
イエバエと呼ばれるハエの研究を軸に、農業、畜産業、漁業などに用いられる有機肥料や飼料などの通称「MUSCAプロダクト」の製造を行なう株式会社ムスカ。代表取締役会長を務める串間氏と暫定CEOの流郷氏に詳しく話を聞いてきた。
13Picks
我々は「6度目の大量絶滅」の過程にいる? 昆虫の減少が表す危険なサイン
Business Insider Japan
|
・世界の昆虫種の約40%が減少傾向にあると最新の研究が明らかにした。 ・減少の主な原因は、農地化や都市化によって昆虫の生息環境が失われていること。殺虫剤や肥料の使用、気候変動などもその一因。 ・地球上の昆虫が減少していることは壊滅的な結果をもたらすと研究の著者は記した。 ・昆虫の急激な減少はまた、地...
128Picks
アンモニアに新合成法 水と空気だけ、コスト大幅減 九工大の春山教授開発
西日本新聞
|
肥料の原料として世界中で生産されている水素と窒素の化合物「アンモニア」の新しい合成法を、九州工業大大学院生命体工学...
123Picks
農業の「人工知能」活用を阻む最大の壁は何か センサーの限界を逆手にとった「ノイズだらけのデータ」の活用
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
最近になって企業から、「農業で人工知能を利用したい。ついては、肥料成分を分析できるセンサーを教えてほしい」という質問が来た。私はこの質問のおかげで、人工知能を農業に利用する上で、何が課題なのかがはっきりしたように思った。そのときどう返答したかを含めて、説明しよう。
519Picks
【未来予測】植物科学×テクノロジーの農業新時代が来る
NewsPicks編集部
|
1960年代、農業の世界で「緑の革命」が起きた。これは急激な人口増加に対して、高収量の品種の種を開発し、化学肥料と農薬で大量生産するという動きを指す。この革命によって、1960年代前半から40年...
472Picks
売れ残り食品の廃棄を禁止する法律、フランスが全会一致で可決
ハフィントンポスト
|
フランスで、大手スーパーマーケットが売れ残った食品を廃棄することを禁じる法律が制定された。スーパーマーケットは、売れ残った食品を慈善団体に寄付するか、家畜の飼料や肥料に転用しなければならなくなる。
307Picks
ドローン活用で「データドリブン農業」を実現する英国企業
Forbes Japan
|
数千年もの間に渡って、農業には水や肥料、種まきに対する人間の目利きが必要とされてきた。しかし、最近では機械学習を用いて収穫高や利益を増やすケースが増えている。ロンドンに本拠を置くアグリテック(農業テクノロジー)のスタートアップ企業「Humm・・・
350Picks
【日本初】国産エタノールで休耕田が再生している
NewsPicks編集部
|
8月某日。首都圏の熱波がうそのように、岩手県奥州市には涼やかな風が吹いていた。胆沢(いさわ)という地域にある田んぼでは、無農薬、無化学肥料で育てられた稲が力強く穂を伸ばしている。一般人には見分け...
272Picks
ハエの力で食糧危機を救う。 究極の循環型社会を目指して──串間充崇
WIRED.jp
|
イエバエの幼虫を利用して、家畜のふんなどの有機廃棄物を肥料に生まれ変わらせ、その幼虫を飼料にする──。そんな循環型システムの事業化で注目されているのが、ムスカ創業者で会長の串間充崇である。その取り組みを並々ならぬ情熱で語る彼の言葉に耳を澄ませると、その奥底には「循環型の街づくり」というさらなる大きなヴィジョンが渦巻いていた。
251Picks
まるで未来都市な水槽&水耕栽培キットがエコシステムすぎる
ギズモード・ジャパン
|
魚のうんちとおしっこで、野菜が生き生きと育ちます! 水槽内で汚れた水をプランターに送り、植物が肥料として吸収、きれいになった水をまた水槽に送って循環させるアクアポニックス。その水産養殖と水耕栽培を一...
肥料 概要
世界
日本
中華人民共和国
タイ
インドネシア
フィリピン
ベトナム