新着Pick
SPD0G0P5169OJOG5
酒類・食品卸
JPN

酒類・食品卸 業界

日本
業界一覧
>
中間流通
>
食品専門卸
>
酒類・食品卸
主に食品小売業向けに、加工食品、菓子類、飲料・酒類等の卸売りを行う企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
891Picks
若者だけではなかった!「酒離れ」の主役たち
ニュースイッチ
|
経済解析室で公表している鉱工業指数では、工場のロボットや車などの工業製品の他にも、衣類や食料品といった身近な商品の国内生産や出荷の動きをみることもできる。そんな商品の一つに酒類がある。酒類は「
224Picks
“年収400万円時代”に先手を打つ
NHKニュース
|
「2020年には全世帯の6割が年収400万円未満になる」こう予測したのは役所でもシンクタンクでもなく、消費者にとってはなじみが薄い食品卸の最大手「三菱食品」です。製品をみずから作り出しているわけでもなく、消費者に直接商品を売っているわけでもない卸売りの会社が、独自の調査・分析をもとに未来を予測している…、そんな情報を耳にして一体どのような未来を想定し、どんな一手を打ち出そうとしているのか、取...
224Picks
軽減税率 財務省が対象品目の3ケース示す NHKニュース
www3.nhk.or.jp
|
与党税制協議会は消費税の軽減税率に関する検討委員会を開き、財務省は対象品目として、「酒類を除く飲食料品」「生鮮食品」「精米」の3つのケースを…
201Picks
食品衛生法、15年ぶりの大改正。影響のある業種と対応すべきこと
フーズチャネル
|
外食、製造、卸、小売など、食品業界すべての事業者に関わる「食品衛生法」が2018年6月に改正された。HACCPの制度化や食品リコールの報告義務化など、大きな見直しが行われている。どのような対応が求められるか、専門家の見解とともに見てみよう。
133Picks
自民の「満額回答」、公明に困惑も 軽減税率に外食案
朝日新聞デジタル
|
食品全般だけでなく、外食も――。消費税率を8%に据え置く軽減税率の対象品目について、自民党は公明党の想定を上回る「酒類をのぞく食品全般と外食」という案を打ち出した。この大盤振る舞いに必要な財源は総額…
42Picks
ロボット40体がルーティンを代行!3.5万時間の削減を目指す、サントリーの働き方改革
SELECK
|
〜残業を減らすだけでは、働き方改革とは言えない。RPAの導入で日々のルーティンを効率化し、個人の成長を促すサントリーグループの取り組みとは〜日本を代表する酒類・食品メーカーであるサントリーグループでは、2016年より、全社を挙げた「働き方
37Picks
軽減税率 | 食料品全般…加工も対象 財源1兆円で自公合意
毎日新聞
|
自民、公明両党は9日、軽減税率の対象に関し、2017年4月の消費増税と同時に生鮮食品と加工食品を含む食料品(酒類、外食を除く)とすることで合意した。軽減措置で必要な財源は1兆円規模となる。来夏の参院選での選挙協力を念頭に、生鮮食品に限定するよう主張した自民党が大きく譲歩することで決着した。与党はこれを受け、10日にも16年度税制改正大綱を決定する。
28Picks
料理人口減少と食品流通業界を「だし巻き卵」から考える
ビジネス+IT
|
NHKが行った「食生活に関する世論調査」(2016年)では、出来合いの弁当や総菜の摂取頻度に対し、食べることが「よくある」が17%、「ある」が47%、と料理離れが進んでいる結果となった。消費者の料理離れが進めば、食品流通業界に影響が出る。大手食品卸のプロモーションアドバイザーで家庭料理研究家の冨士田かおりさんは「食品流通業界で抜きんでたプロモーションをするためには、食品のことをもっと知ること...
28Picks
食品・飲料メーカー、卸の再編まとめ ~ M&A事例と2017年の業界見通し
フーズチャネル
|
少子高齢化、人口減少による国内市場の縮小と原材料の価格高騰など、厳しさを増す食品業界。2015年に公開した「食品メーカー・卸の再編まとめ」の記事では、経営の効率化や規模の拡大を目指し、食品メーカー・卸の買収・合併(M&A)が起こっていると紹
23Picks
三菱食品子会社の元執行役員、10億円着服 請求書偽造
朝日新聞デジタル
|
食品卸大手の三菱食品は21日、子会社の「ファインライフ」の元執行役員の男性が、約11年間で約10億円を着服していたと発表した。三菱食品の社内調査に対し、男性は着服を認めているという。近く男性を警視庁…
17Picks
統計から見る、食品卸の取引多層化
ニュースイッチ
|
経済産業省の統計によると。食料品流通業は2014年から緩やかな上昇傾向にあったが、内訳系列で見ると上昇しているのは卸売業であり、小売業は低下傾向が続いている。また、さかのぼると2011年から2013年にかけての時期は、小売業が緩やかに上昇している一方、卸売業は低下傾向だった。このように、同じ食料品流通業で卸と小売の動きに乖離があるのはなぜだろうか。 今回は好調である飲食料品卸売業に注目し、飲...
22Picks
「新聞軽減税率」、テレビ各局「コメントなし」ずらり 新聞は「恥ずかしくて触れたくない」?
J-CASTニュース
|
2017年4月の消費税率の10%引き上げに伴い導入する軽減税率の適用対象に、酒類と外食を除く食品とともに、「宅配の新聞」が加わることになった。宅配であれば、一般紙だけでなく、機関紙もスポーツ紙も対象になる。
21Picks
食とAI 物流編~自動運転トラックに物量予測も。食品卸の人手不足をまかなう人工知能のこれから
フーズチャネル
|
自動運転トラックやドローンを使って、モノの輸送が完全に無人化される――そんな未来が実現するかもしれない。トラックドライバーなど慢性的な人手不足が続く物流業界の悩みを、AIの活用で解消しようとする動きがある。そこで今回は、「食とAI 基本編」
19Picks
電子タグ1000億枚で目指す"流通大革命"- カゴごと一括無人会計が可能に (1) 「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」の実現に向けた実証実験
マイナビニュース
|
経済産業省はNEDO、DNPとともに、食品・日用品などのメーカー、卸売、物流センター、コンビニ事業者などと連携して、電子タグを活用したサプライチェーンの情報共有システムの実証試験を開始。本稿ではファミリーマート 経済産業省店で行われた実験の様子を紹介する。
17Picks
「サマータイムやめて」スーパーとコンビニの悲鳴の裏側(井出留美)
Yahoo!ニュース 個人
|
東京オリパラ開催時のサマータイム導入案に対し、新日本スーパーマーケット協会と日本加工食品卸協会(日食協)は、農林水産省に提出した影響調査報告で実施取りやめを求めたという(食品新聞2018.8.29)。
16Picks
来夏に衆参ダブル選挙の見方も-安倍政権、軽減税率で公明に譲歩 (1)
www.bloomberg.co.jp
|
自民、公明両党が2017年4月の消費税率の10%への引き上げ時に酒類・外食を除く食品全般を対象とした軽減税率制度の導入で合意したことで、専門家の間では安倍晋三首相が来年衆院を解散し、夏の参院選との同日選挙に踏み切るとの見方が出ている。
15Picks
食品小売の倒産増加、地域密着型の落とし穴
ニュースイッチ
|
食品小売業者の倒産が増加している。2017年の食品小売業者の倒産件数は、前年比20・3%増の314件と、4年ぶりに増加に転じている。1月17日に破産手続き開始決定を受けた食品スーパーの須崎スーパーストアも、そうした食品小売業者のひとつだ。 設立は63年1月。地域密着型のスーパーストア「ライフタウンYUTAKA」などを運営し、鮮魚、青果、食肉などを中心に酒類、菓子、日用雑貨品なども取り扱ってい...
14Picks
スーパーマーケットの加工食品売場は暗黒大陸だ
商業界オンライン
|
スーパーマーケット(SM)の売場、入り口を入ると青果売場が出迎え、壁面の通路に沿って鮮魚、精肉と続き、そして惣菜という流れが一般的だ。そして売場の中央で多くの面積を占めているのは、調味料、即席麺、菓子、酒類などぎっしり商品が詰まったゴンドラが並んだ加工食品の売場だ。
酒類・食品卸 概要
日本
中華人民共和国
シンガポール
インドネシア
フィリピン
オーストラリア