SPD0D7028OM3USOD
コンデンサ
JPN

コンデンサ 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
電子部品・デバイス製造
>
コンデンサ
受動部品のうち、コンデンサ(静電容量による電気エネルギーの蓄積、放出をする素子)を製造する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
3Picks
村田製作所が島根で積層セラミックコンデンサーの新生産棟を建設、470億円投資
MONOist
|
村田製作所の生産子会社、出雲村田製作所が新生産棟の建設を開始する。村田製作所は、国内外の生産拠点を強化し、積層セラミックコンデンサーの中長期的な需要増加に対応できる体制の構築を進めている。
2Picks
村田製作所、0402Mサイズの100V対応低損失積層セラミックコンデンサを発表
TECH+
|
村田製作所は、無線通信モジュールなどでの利用に向けて定格電圧100Vに対応する0402Mサイズ(0.4mm×0.2mm)の低損失積層セラミックコンデンサを開発したと発表した。2024年2月より量産を開始するとしている。 近年、5Gの普及が進んでいるが、5Gの特長である高速・大容量通信、多接続、低遅延を実現するため、複数の送受アンテナを用いて通信速度の向上を実現する技術である「MIMO」が導入...
1Pick
米Earthworksから低域楽器用コンデンサーマイク「DM6」が登場
プラスデジタル
|
メディア・インテグレーションは、米Earthworksの低域楽器用コンデンサーマイク「DM6」の販売を開始した。価格は79,800円。 「DM6」は、キック、フロアタム、ベースアンプなど低域楽器をクリアかつリッチに収音するために最適化された周波数特性を持ち、音被りの多いドラムセットに適した指向性に調整されているコンデンサーマイク。セッティングの自由度に優れたTriad- Orbit製マウント...
1Pick
JBL、192Hz/24bit対応の指向性切り替え可能なUSBコンデンサーマイク
PC Watch
|
ハーマンインターナショナル株式会社は、JBLが展開する「Quantum」シリーズのコンデンサーマイク...
1Pick
JBLからフラッグシップモデル「JBL Quantum STREAM STUDIO」などコンデンサーマイク3製品が発売決定 - Saiga NAK
Saiga NAK
|
オーディオブランド「JBL」はフラッグシップ「JBL Quantum STREAM STUDIO」とスリムスタンドマイク「JBL Quantum STREAM TALK」を2024年2月22日(木)に、ワイヤレスマイク「JBL Quantum STREAM WIRELESS」を2024年3月1日(金)に発売予定です。
2Picks
東工大とLG、コンデンサ容量を1000倍にできる強誘電性二量体分子液晶を開発
TECH+
|
東京工業大学(東工大)とLG Japan Labは、 LG Material&Life Solution協働研究拠点において、低温(55℃~)で8μCcm-2を超える巨大な自発分極と8000を超える比誘電率を有する強誘電性二量体分子液晶を開発したことを発表。記者会見を開催し、研究成果の説明などを行った。 東工大とLG Japan Labの共同研究の始まり 東工大では、産業界と密接に連携し、新...
2Picks
電解コンデンサーの下にパターンを引いたらこうなる
EDN Japan
|
回は歯を削ったりする歯科用ハンドピースコントローラーの不具合調査を報告する。
1Pick
世界の直列コンデンサ市場調査、規模、シェアと予測2036年
www.researchnester.jp
|
Jan 12, 2024 - 直列コンデンサ市場は、2036年末までに400億米ドルに達すると予想されており、2024―2036年の予測期間中に6%のCAGRで成長します。
4Picks
村田製作所が350億円投資、セラミックコンデンサー開発の新拠点
ニュースイッチ
|
村田製作所は6日、2024年春開業予定の北陸新幹線「越前たけふ駅」(福井県越前市)前に、研究開発拠点「セラミックコンデンサ研究開発センター」を建設すると発表した。総投資額は約350億円で、26年4月に稼働。主力事業のセラミックコンデンサー製品や生産プロセスを開発するほか、グループの若手社員や技術者の育成拠点としても活用する。 生産子会社の福井村田製作所(同)が研究開発拠点を建設する。同拠点に...
3Picks
セラミックコンデンサーの開発力向上や技術者育成を目的に研究開発拠点を新設
MONOist
|
村田製作所の子会社となる福井村田製作所が、研究開発拠点「セラミックコンデンサ研究開発センター」を新設する。セラミックコンデンサーの開発力向上や技術者の育成を目的とする。
5Picks
産総研、積層セラミックコンデンサのための積層構造の大幅な薄層化を実現
TECH+
|
産業技術総合研究所(産総研)は9月4日、チタン酸バリウム(BTO)のナノサイズの立方体単結晶(ナノキューブ)単層膜と、多層グラフェン膜の交互積層プロセス技術を開発し、従来の積層セラミックコンデンサ(MLCC)の積層構造に対し、大幅な薄層化を実現したことを発表した。 同成果は、産総研 極限機能材料研究部門の板坂浩樹研究員、同・劉崢上級主任研究員、同・三村憲一主任研究員、同・濱本孝一研究グループ...
7Picks
パワーコンバータ用コンデンサ市場はEV需要を背景に2028年に70億ドルに、Yole予測
TECH+
|
仏Yole Intelligenceが、パワーコンバータ(電力変換)用コンデンサの市場予測を発表した。 それによると、コンデンサは2022年のパワーコンバータの総コストの約10%を占めており、中でもフィルムコンデンサがもっとも高電力で使用され、かつ価格も高いタイプの製品となっている。 また、コンデンサの需要はxEV市場の成長にともない増加傾向にあり、コストも増加しているという。その結果、パワ...
42Picks
空前のコンデンサー不足、太陽誘電が新工場検討
ニュースイッチ
|
電子部品の中で代表的な受動部品であるコンデンサーは現在、供給が追いつかず、あらゆる分野でボトルネックとなる“コンデンサーショック”が続いている。IoT(モノのインターネット)の普及に伴い、スマートフォンや自動車のほか、データセンター(DC)などにおいても汎用性の高い電子部品として需要が広がっているためだ。コンデンサーの需要が潮目を迎える中、太陽誘電の登坂正一社長に今後の展望を聞いた。 ―20...
コンデンサ 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
アメリカ合衆国