新着Pick
SPD01QJCKNPO0SZS
自動二輪車販売
SGP

自動二輪車販売 業界

シンガポール
業界一覧
>
小売
>
自動車関連小売
>
自動二輪車販売
自動二輪車メーカーと直接・間接的に特約店契約を結び、自動二輪車を販売する企業群。ただし、中古自動二輪車の販売を主とするディーラーは除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
2Picks
二葉企画、五つ子ラブコメアニメ『五等分の花嫁∬』のコラボグッズを神社仏閣にて限定販売 登場キャラが描かれたお守り、御朱印帳が登場
Social Game Info
|
二葉企画と、神社仏閣オンラインによる共同企画が始動した。本企画第一弾として、2021年11月1日(月)~11月30日(火)、日蓮宗の総本山『身延山久遠寺奥之院思親閣』にて、アニメ『五等分の花嫁∬』のキャラクターが描かれたお守りおよび御朱印帳を販売する。 公式サイト: https://oinori-5hanayome.com※公式サイトは後日公開となる (五等分の御守り 各1,
91Picks
アマゾンやイケア、ゼロエミッション船舶燃料採用へ 40年までに
Reuters
|
[ロンドン 19日 ロイター] - 米アマゾン・ドット・コムやスウェーデン家具販売イケアの幹部は19日、海運の脱炭素化加速に向けた新たなイニシアチブとして、2040年までにゼロエミッション(二酸化炭素排出量ゼロ)の船舶燃料を採用すると表明した。
2Picks
UIのダークテーマを搭載、エクセルソフトがGUIテスト自動化ツール最新版を販売
週刊BCN+
|
エクセルソフトは、SmartBear Softwareのソフトウェア自動テストツールの新バージョン「TestComplete 15.0」の販売を10月18日に日本で開始した。
4Picks
Hmcommと岡本工業がAI異音検知プラットフォームFAST-D応用し多軸自動旋盤のドリル破損を音で検知するシステム開発
TechCrunch Japan
|
産業技術総合研究所(産総研)発スタートアップとして音声処理技術の研究開発を行うHmcomm(エイチエムコム)は10月20日、ビル配管工事や金属旋削加工などを手がける岡本工業と共同で、精密金属加工に使用する多軸自動旋盤のドリルの破損を、AI異音検知プラットフォーム「FAST-D」で検知するシステムの自社内導入を目的とした開発と、金属加工業者向け販売を目指したセンシングシステム開発の開始を発表した。
165Picks
顧客に無断で「預金リスト」作成か 保険販売一部停止 東京スター銀
朝日新聞デジタル
|
東京が地盤の第二地銀、東京スター銀行で、顧客情報を無断で使った不適切な方法で保険を販売していた疑いが発覚し、複数の保険商品の勧誘を一時停止していることがわかった。同行は「不適切な業務プロセスの恐れが…
10Picks
「2030年に新車販売の20%が自動運転車に」 ファーウェイ、2030年の中国市場を予測
自動運転ラボ
|
中国の通信機器大手華為技術(ファーウェイ)は2021年9月、パートナー企業などと開催した「インテリジェントワールド2030フォーラム」において、今後のモビリティ業界のトレンド予測などを紹介した。 具体的には、2030年ま […] The post 「2030年に新車販売の20%が自動運転車に」 ファーウェイ、2030年の中国市場を予測 first appeared on 自動運転ラボ.
12Picks
世界初の「空飛ぶバイク」、2023年発売へ!米企業、4,200万円を予定
自動運転ラボ
|
アメリカのベンチャー企業Jetpack Aviationが、「空飛ぶバイク」の販売開始へ大きく前進した。プロトタイプ機のフライトテストを成功させたことをこのほど発表しており、早ければ2023年にも機体の発売開始を計画して […] The post 世界初の「空飛ぶバイク」、2023年発売へ!米企業、4,200万円を予定 first appeared on 自動運転ラボ.
70Picks
トヨタの自動運転戦略とは?「e-Pallete」が戦略の軸
自動運転ラボ
|
世界の自動車販売において、独VW(フォルクス・ワーゲン)グループやルノー・日産・三菱アライアンスと首位を争うトヨタ自動車。リーディングカンパニーの1社として長年業界をけん引してきた実績は確かな信頼や技術力を築き上げ、20 […] The post トヨタの自動運転戦略とは?「e-Pallete」が戦略の軸 first appeared on 自動運転ラボ.
76Picks
アマゾン、約6700円の室温調整デバイス「Smart Thermostat」海外発表
Engadget 日本版
|
米アマゾンは音声アシスタント「Alexa」に対応したスマートサーモスタット「Smart Thermostat」を海外発表しました。 スマートサーモスタットとは部屋の温度を継続的に計測し、エアコンなど対応するスマートホーム製品と連携して室温などを自動調整できるスマートホーム製品です。米Googleも同様の機能を実現した「Nest Learning Thermostatシリーズ」を販売しています...
211Picks
一般道の自動運転、スバルが実用化へ…歩行者・信号をAIが識別
読売新聞
|
一般道でハンドルやブレーキの操作を人工知能(AI)が判断して車に運転を任せる「レベル2」相当の自動運転車を開発中のSUBARU(スバル)が、2020年代後半の販売を目指すことが分かった。高速道と比べ一般道でのレベル2は
1Pick
充電インフラの需要急拡大 NEV普及で、30年に市場30倍へ 中国・自動車・二輪車
NNA.ASIA
|
中国で「新エネルギー車(NEV)」向け充電インフラの整備が急速に進みそうだ。電気自動車(EV)などの普及に伴い充電設備の需要が高まっており、設備の不足が目立ち始めた。NEVの販売が今後も強く伸び続ける…
24Picks
自動運転レベルとは?定義・呼称を徹底解説!市販車はレベル3、バスはレベル4に挑戦
自動運転ラボ
|
自動運転レベルは、運転の主体や自動運転の技術到達度、走行可能エリアなどによって、「レベル0」から「レベル5」の6段階に分類されている。2021年9月現在、レベル3の機能を搭載した市販車の販売はすでに始まっており、レベル4 […] The post 自動運転レベルとは?定義・呼称を徹底解説!市販車はレベル3、バスはレベル4に挑戦 first appeared on 自動運転ラボ.
13Picks
自動車「脱炭素」規制めぐる米国 vs. 欧州の興味深い立ち位置
Business Insider Japan
|
二酸化炭素排出量の削減、いわゆる脱炭素をめぐる欧州の自動車業界の動きは、新車販売台数のマーケットにも反映され始めた。 欧州自動車工業会(ACEA)が公表したEU(欧州連合)27カ国の2021年上期における乗用車の新車販売台数のデータ(7月16日発表)の結果は興味深いものだった。 乗用車の新車登録台数...
16Picks
ホンダ「スーパーカブ」をEVにコンバージョン 「e-CUB」から見えるカスタム・バイクの未来形(バイクのニュース)
Yahoo!ニュース
|
2019年12月に東京都が2050年CO2排出実質ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」を公表し、乗用車や二輪車の“非ガソリン化”を目指すことが発表されました。
17Picks
約4,000万円!東大発テトラ、空飛ぶクルマの予約販売をいよいよ開始
自動運転ラボ
|
空飛ぶクルマを開発している東京大学発スタートアップのテトラ・アビエーション株式会社(本社:東京都文京区/代表取締役社長:中井佑)は2021年8月2日までに、eVTOL(電動垂直離着陸機)の新機種「Mk-5(マークファイブ […] The post 約4,000万円!東大発テトラ、空飛ぶクルマの予約販売をいよいよ開始 first appeared on 自動運転ラボ.
112Picks
酒店“提供停止”憤り…「断れば二度と注文来ない」
テレ朝news
|
4度目の「緊急事態宣言」が発出される東京。政府は、酒の販売事業者に対し、酒類の提供停止などに応じない飲食店との、取引の停止を求める方針を示しました。 ■酒卸売業「断れば、二度と注文来ない」  政府は、感染対策を強化するため、宣言の対象地域では、飲食店に酒の提供停止を要請。酒類提供に関しては、新たな一手も打たれます。  西村康稔経済再生担当大臣:「酒類販売事業者に対して、酒類提供停止に伴う休業...
12Picks
花王、AIを活用した「自動棚割りアルゴリズム」を開発し売場づくりの効率化に向けた実証実験を開始
デジタルシフトタイムズ
|
花王株式会社は、コンシューマープロダクツ製品の販売を担う花王グループカスタマーマーケティング株式会社と株式会社エル・ティー・エス(以下、LTS)が共同開発した、人工知能(AI)による自動棚割りア...
42Picks
火星に無人酸素生成工場を設置せよ:NASAのMOXIE実験が有人宇宙探査の未来を拓く
WIRED.jp
|
巨大な「重力の井戸」の底にある地球から宇宙へ物資を打ち上げるよりも、月や火星の資源を活用して必要な酸素や物質をつくりだすほうが理に適っている。いま火星では、96%を二酸化炭素が占める大気を電気分解して少量の酸素を抽出する実験が進行中だ。人ひとりが10分程度呼吸するだけの酸素はすでに生成できる。目指すは、帰還ロケット用の酸素を生成する自動システムを構築することだ。
43Picks
中国のイーロン・マスクが売る、EVメーカーを超越した「世界」
Forbes JAPAN
|
高級EVを手がけるNIO(ニオ)の販売戦略が面白い。次世代型電池の自動運転車を開発する一方、若い世代をサービスや体験型施設で虜にする。リアルな顧客にマーケターが迫る。中国新興EV市場でトップをひた走るNIO(蔚来汽車)。2014年に創業後、・・・
53Picks
「エンジンのホンダ」が示した覚悟、祖業を捨てても叶えたい夢
ニュースイッチ
|
ホンダが稼ぐ力の回復に向け、構造改革に大なたを振るう。生産体制を見直し不採算車種を絞り込むほか、栃木県真岡市の4輪車エンジン部品工場の閉鎖を決めた。並行して、国内の自動車会社として初めて世界で販売する全ての新車を2040年に電気自動車(EV)もしくは燃料電池車(FCV)に切り替えることを表明。新たなホンダ像の確立に向け、4輪事業の収益力強化と脱炭素化の両立を急ぐ。(江上佑美子、栃木支局長・小...
自動二輪車販売 概要
シンガポール
オーストラリア