新着Pick
SPD01QJCKNPO0SZS
自動二輪車販売
SGP

自動二輪車販売 業界

シンガポール
業界一覧
>
小売
>
自動車関連小売
>
自動二輪車販売
自動二輪車メーカーと直接・間接的に特約店契約を結び、自動二輪車を販売する企業群。ただし、中古自動二輪車の販売を主とするディーラーは除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
6Picks
GMは2030年までにCruiseの自動運転技術を用いた個人向け自動運転車を販売する意向
TechCrunch Japan
|
GMCEOのメアリー・バーラ氏は米国時間5月5日に行われた決算説明会の中で、同社の自動運転子会社Cruiseの技術を活用することにより、10年以内に自社の個人向け自動運転車の販売が実現するとの見方を示した。
19Picks
中国を代表するAI企業・百度(Baidu)、業界を牽引する自動運転技術は、どこまで進化しているのか。バイドゥ株式会社 張 成煥社長に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る
Digital Shift Times(デジタル シフト タイムズ) その変革に勇気と希望を
|
中国で検索エンジン市場最大手を誇り、グローバルでもGoogleについで二番手につける百度(以下、Baidu)。現在は、AIカンパニーとして、自動運転プラットフォーム、音声認識AIシステムの二つを...
52Picks
1000℃の火を5分間あてても穴が開かない「ガラス繊維不織布」はどう実現した?
ニュースイッチ
|
三菱製紙は電気自動車(EV)の二次電池パックや建材向けに、超耐熱ガラス繊維不織布を開発、6月にも市場投入する。1000度Cの火炎を5分間あてても穴あきや割れが生じないなど、高い不燃性、断熱性を持つ。耐火性のある他社のアルミナ繊維などに比べて価格を抑える。3年後には、年に数十万平方メートルの販売を目指す。二次電池周りなどには高温リスクがあるとされ、需要家の安全・安心ニーズに応えていく。 耐熱ガ...
21Picks
CO2排出量の半分を占める鋳造部品、頭が痛いアイシンはどうする?
ニュースイッチ
|
世界各国で温室効果ガスの排出を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」を巡る動きが活発だ。日本は2035年までに新車販売を全て電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)など電動車にする方針を示す。脱炭素社会に向け電動化が加速している。 事業環境が変化する中、アイシンはカーボンニュートラルに向けた長期的な計画を示した。30年度に全電動化対応商品の生産を二酸化炭素(CO2)フリーとし、50年度には...
141Picks
トヨタ・ホンダ・日産も本気を出した!自動車のオンライン販売はどこまで進む?
ニュースイッチ
|
新型コロナウイルス感染症の収束が見通せない中、自動車メーカー各社は販売店での対面を基本としてきた車の売り方を多様化している。オンラインでの商談や販売を強化し、接触機会の低減に取り組む。一方、自動運転など先進技術の搭載が広がり、新たな運転を体感する試乗の重要性も高まる。顧客の安全安心や利便性向上への追求は続く。(取材=西沢亮、日下宗大) ホンダは今秋に国内で4輪車のオンライン販売を始めるため、...
11Picks
コマツ、CO2排出半減へ「鉱山ダンプの動力源多様に」
日本経済新聞
|
建設機械業界に脱炭素の波が押し寄せている。コマツは2030年までに二酸化炭素(CO2)の排出量を10年比で5割減らす目標を掲げ、自社の事業活動だけでなく、製品の販売後に顧客が排出するCO2も削減する。目標実現への道筋をどう描くのか、小川啓之社長に聞いた。――脱炭素をどのように進めますか。「製品に加え、ソリューションで顧客の排出量を減らす。燃費改善の積み重ねや電動化、部品の再利用、ドローン測量
23Picks
欧州でもEVバイクの交換式バッテリーを標準化へ、ホンダとヤマ発など4社が協業
MONOist
|
ホンダ、ヤマハ発動機、オーストリアのKTM、イタリアのピアッジオ(Piaggio & C)の二輪車メーカー4社は、電動二輪車(EVバイク)や、欧州連合(EU)のUNECE規格に基づく車両区分でLカテゴリーに属する小型電動モビリティの普及を目的とした交換式バッテリーコンソーシアムの創設に合意した。
22Picks
「店舗群」が自ら移動!自動運転車で「次世代小売」、カギはDX
自動運転ラボ
|
物流分野におけるMaaS(Mobility as a Service)や自動運転技術の導入により、変革が訪れようとしている小売業界。ラストワンマイルを中心に「モノの移動」の在り方が大きく変わり、その影響は小売りの販売形態 […]
19Picks
EV化を目指すなら原子力の利用は不可避
原子力産業新聞
|
昨年10月26日の臨時国会招集日、初めての所信表明演説に臨んだ菅義偉首相は、「2050年までに温室効果ガス排出量を実質ゼロにする」と公式に宣言した。さらに、政府は「2030年代半ば以降は新車販売を全て電動車にする」との公約を掲げている。2019年度におけるエネルギー起源の温室効果ガス排出量は二酸化炭素換算で10億2,900万トンであり、このうちの20.1%に相当する2億700万トンが自動車を中心と
16Picks
Teslaの株価8倍を上回る「13倍」のNIO、新EV発表!自動運転センサー搭載
自動運転ラボ
|
中国の電気自動車(EV)メーカーであるNIO(ニーオ)は2021年1月11日までに、新たにラグジュアリーセダン「ET7」を発表した。販売開始時期は2022年初旬となる見込みだ。ET7には自動運転向けのセンサーなどが搭載さ […]
192Picks
アパレル業界の「価格」がおかしい…!「値引き」のウラで広がる“二重価格商法”
マネー現代
|
アパレルは慢性的な過剰供給にコロナ禍の販売不振が加わって叩き売り状態に陥っているが、たとえコロナが収束しても消費者の脳裏から「叩き売り」の記憶は消えず、「正価」への不信感を長く引きずることになる。コロナ以前からアパレルの「正価」は実勢価格と大きく乖離して、過半どころかブランドによっては大半が値引き価格で販売される「二重価格商法」が実態となっていた。こんなことを続けていては「正価」は値引き販売...
439Picks
東京都 新車の乗用車「2030年までに脱ガソリン車」方針固める
NHKニュース
|
世界的に「脱ガソリン車」の動きが広がるなか、東京都は、都内で販売される新車について乗用車は2030年までに、二輪車は2035年までにガソリ…
826Picks
自動車各社がカーシェア強化 所有→共有で販売に影響も 無視できぬ存在
産経ニュース
|
大手自動車メーカーが同じ車両を複数の利用者が使う仕組み「カーシェアリング」への対応を強化している。トヨタ自動車は4月に新サービスの提供を視野に会社を設立。日産自動車は今月、主に電気自動車(EV)を使ったカーシェアを始める。海外ではカーシェアのための機能を備えた新型車も登場しており、将来は自動運転技術との融合も見込まれる。ただ車の共有が一般的になれば販売への影響も避けられないため、メーカー側は...
497Picks
セグウェイ生産終了へ、販売不振 立ち乗り二輪車「夢の発明」とも
共同通信
|
セグウェイ生産終了へ、販売不振 【ニューヨーク共同】「セグウェイ」の名称で知られる立ち乗り電動二輪車の生産が来月15日に終了すること...
523Picks
ドイツ、2030年までに内燃エンジンを搭載したクルマの販売禁止を要求
Autoblog Japan
|
金銭的インセンティブによって無公害車の時代へ移行を進めようとしていたドイツだが、それで満足しているわけではなかった。予てから予想されていた通り、ドイツ連邦参議院は、2030年までに内燃エンジンを搭載した新車の販売禁止を求める決議を可決した。これにより、ドイツでは2030年以降、新車を買おうと思ったら電気自動
423Picks
携帯型除菌剤で行政指導 「身に着けるだけ」根拠乏しく―消費者庁
時事ドットコム
|
二酸化塩素を利用した携帯型の空間除菌剤について、消費者庁は15日、「身に着けるだけでウイルス除去」などとうたった広告は根拠が乏しく、景品表示法違反(優良誤認)の恐れがあるとして、販売5業者に対し行政指導を行ったと発表した。同庁は「風通しのある場所では効果が得られない可能性がある」としている。
434Picks
ハンドルなしでも運転手がいなくとも、自動運転車で公道走行実験OK
ニュースイッチ
|
米ミシガン州で全米50州としては初めて、自動運転車について路上走行実験から利用、販売までカバーする包括的な規制を盛り込んだ州法が成立した。同州のリック・シュナイダー知事が9日、法律に署名した。ハンドルやブレーキペダルがない自動運転車や、人間の搭乗者がフロントシートにいない場合でも公道走行実験を許可するなど、自動運転の事業化を狙う企業に寛大な制度となっている。 ハンドルもペダルもなく、運転手を...
自動二輪車販売 概要
シンガポール
オーストラリア