新着Pick
SPD01QJCKNPO0SZS
自動二輪車販売
SGP

自動二輪車販売 業界

シンガポール
業界一覧
>
小売
>
自動車関連小売
>
自動二輪車販売
自動二輪車メーカーと直接・間接的に特約店契約を結び、自動二輪車を販売する企業群。ただし、中古自動二輪車の販売を主とするディーラーは除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
43Picks
7インチの大画面タッチパネル付き。ネパールのEVバイク「Yatri Projec Zero」
ギズモード・ジャパン
|
Image:Yatrimorotcyclesネパール国外で技術を身に付けた精鋭が作る。最近は小さなスタートアップ企業が電動自動二輪の開発を始めることが多く、その波はネパールにも訪れています。Yatrimorotcyclesは、彼らが住んでいる環境を深く思いやり、大気汚染問題解決への小さな一歩としてEVバイクを作っています。この投稿をInstagramで見るProjectZeroPhotoby@si
423Picks
携帯型除菌剤で行政指導 「身に着けるだけ」根拠乏しく―消費者庁
時事ドットコム
|
二酸化塩素を利用した携帯型の空間除菌剤について、消費者庁は15日、「身に着けるだけでウイルス除去」などとうたった広告は根拠が乏しく、景品表示法違反(優良誤認)の恐れがあるとして、販売5業者に対し行政指導を行ったと発表した。同庁は「風通しのある場所では効果が得られない可能性がある」としている。
67Picks
デジカメ市場「七重苦」、3月の売り上げ半減で生死を分ける「新型コロナ後」戦略
BCN+R
|
デジカメ市場が七重苦にあえいでいる。3月の販売台数が前年比で50.0%と半減。販売金額は、48.3%と半減を上回る大幅な縮小に見舞われている。デジカメ市場は、もともとスマートホン(スマホ)の台頭による市場縮小に苦しんでいたが、10月の増税が追い打ちをかけていた。加えて、折からの新型コロナウイルス感染症拡大の影響が降りかかっている。スマホの台頭、増税と二つの要素に加え、大規模イベントの中止や延...
202Picks
OBも驚きの「副社長」廃止、トヨタ社長が後継者見極めに本腰
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車が次世代の経営層の育成を加速する。4月1日付けで副社長職を廃止し、豊田章男社長の下に置くすべての執行役員を同列にする。豊田社長との接点を増やし意思決定を迅速にするほか、後継候補にトップとしてのスキルや心構えを習得してもらう狙い。副社長職の廃止は、トヨタ自動車工業とトヨタ自動車販売が合併した1982年以来初めて。電動化や自動運転など事業環境が激変する中、聖域なき改革のギアを上げる。...
185Picks
普及には「可愛さ」も重要!ZMPの自動運転1人乗りロボ、販売を2020年5月から開始
自動運転ラボ
|
自動運転ベンチャーの株式会社ZMP(東京都文京区/代表取締役社長:谷口恒)は2020年2月23日までに、昨年7月に発表した自動運転の1人乗りロボット「Robocar Walk」を、より利用者から身近な製品名「RakuRo […]
22Picks
トヨタは「2030年危機」をどう乗り越えるつもりなのか?
ビジネス+IT
|
自動車の生産台数は2030年に向けて鈍化すると予測されている。CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリングサービス、電動化)による効率化や先進国の高齢化と人口減少による販売台数の減少が主な要因だ。そうした中だからこそ、日本産業界の雄であるトヨタ自動車(以下、トヨタ)の動向、グローバル戦略を分析することで、自動車メーカーが取るべき次のアクションが見えてくるはずだ。
12Picks
中国、自動運転車を「25年までに量産」 政策打ち出す
朝日新聞デジタル
|
中国政府は24日、自動運転車を2025年までに量産する目標を掲げた産業政策「スマート自動車創新発展戦略」を公表した。中国の自動車販売は、景気低迷や中古車販売の増加のほか、新型肺炎の拡大も加わり、厳冬…
15Picks
「自動運転の目」LiDAR内蔵のランプ開発へ 小糸製作所、米Ceptonの株式取得
自動運転ラボ
|
自動車用照明製造大手の株式会社小糸製作所(本社:東京都港区/取締役社長:三原 弘志)は2020年2月5日、「自動運転の目」と呼ばれるセンサーのLiDAR(ライダー)を製造・販売する米Cepton Technologies […]
364Picks
自動ブレーキ21年搭載義務付け 高齢者事故対策で国交省
共同通信
|
赤羽一嘉国土交通相は17日、国内メーカーが2021年11月以降に販売する新型乗用車(軽自動車含む)に、自動ブレーキの搭載を義務付けると発表した。
19Picks
【医師直伝】 実は市販薬にある『医者が出す風邪薬』6選。【2020年最新版】
note(ノート)
|
(この記事は2020年1月に最新版に改定・補足しています) こんにちは、医師・医療経済ジャーナリストの森田です。 今回は、実は薬局・通販で買える市販薬の中にも「医者が出す薬」がありますよ、の【風邪薬】編です。 まず、日本では薬の処方・販売の方法にもいろいろありまして、一類とか二類とか要指導医薬品とか処方箋医薬品とか、ややこしい。 そのへんのことは一旦置いときまして、今回は簡単に、 「いつも病...
367Picks
【解説】コンビニの増加が分ける、「自販機」業界の明暗
NewsPicks編集部
|
世界一の自動販売機(以下、自販機)大国と言われる日本。治安の良さも手伝い、道沿いやオフィス、駅などさまざまな場所に置かれている。しかし、その自販機が今、日本から減り続けている。日本自動販売システ...
21Picks
自動押印ロボットは法的にロックである
サインのリ・デザイン
|
ハンコを自動で押印してくれるという話題のロボットを取材しました。判例によって認められ、日本のハンコ文化と契約書の法的証拠力を支えてきた「二段の推定」のロジックが、今ディスラプトされようとしています。
147Picks
「練馬の農業はこれから面白くなる」自販機でトマトを売りまくる48歳農家が見据える“次世代の稼ぎ方”
文春オンライン
|
次から次へと客が来る、と書くと言い過ぎかもしれないが、何分かごとに人が立ち止まる。離れた地区からなのだろう、車で買いに来る人もいる。東京都練馬区でハウス栽培のトマトを販売する山口卓さん(48)の自動販…
825Picks
自動車各社がカーシェア強化 所有→共有で販売に影響も 無視できぬ存在
産経ニュース
|
大手自動車メーカーが同じ車両を複数の利用者が使う仕組み「カーシェアリング」への対応を強化している。トヨタ自動車は4月に新サービスの提供を視野に会社を設立。日産自動車は今月、主に電気自動車(EV)を使ったカーシェアを始める。海外ではカーシェアのための機能を備えた新型車も登場しており、将来は自動運転技術との融合も見込まれる。ただ車の共有が一般的になれば販売への影響も避けられないため、メーカー側は...
48Picks
自動運転、スマートグラス、サブスク…今後10年のためにアップルが進めていること
Business Insider Japan
|
・アップルは10年以上に渡って、iPhoneの製造と販売で数十億ドルを稼いできた。 ・では、iPhoneの次はどうなるのだろうか。それは大きな問題だ。 ・アップルは、スマートグラスから自動運転技術、さらには次のiPhoneに至るまで、いくつかのプロジェクトを進めている。 アップルは、今やユビキタス...
524Picks
ドイツ、2030年までに内燃エンジンを搭載したクルマの販売禁止を要求
Autoblog Japan
|
金銭的インセンティブによって無公害車の時代へ移行を進めようとしていたドイツだが、それで満足しているわけではなかった。予てから予想されていた通り、ドイツ連邦参議院は、2030年までに内燃エンジンを搭載した新車の販売禁止を求める決議を可決した。これにより、ドイツでは2030年以降、新車を買おうと思ったら電気自動
434Picks
ハンドルなしでも運転手がいなくとも、自動運転車で公道走行実験OK
ニュースイッチ
|
米ミシガン州で全米50州としては初めて、自動運転車について路上走行実験から利用、販売までカバーする包括的な規制を盛り込んだ州法が成立した。同州のリック・シュナイダー知事が9日、法律に署名した。ハンドルやブレーキペダルがない自動運転車や、人間の搭乗者がフロントシートにいない場合でも公道走行実験を許可するなど、自動運転の事業化を狙う企業に寛大な制度となっている。 ハンドルもペダルもなく、運転手を...
416Picks
完全自動運転車 17年後は4台に1台に 民間コンサルが試算
NHKニュース
|
17年後の2035年に世界で販売される新車のおよそ4台に1台が完全自動運転の車になるとする試算を民間のコンサルティング会社がまとめました。
277Picks
日本郵便、二重払いや無保険10万件 アフラック委託のがん保険 制度の不備が原因、現在も販売
西日本新聞
|
日本郵便がアフラック生命保険から委託され販売するがん保険を巡り、保険料の二重払いや無保険状態の契約が、2018年5月~19年5月で少なくとも約10万件に上ることが分かった。西日本新聞はアフラック社が日本郵便に提出した内部資料を入手した...
394Picks
”世界のYKK”を築き上げたシンプルだが最も難しい行動「土地っ子になれ!」
ニュースイッチ
|
第二次大戦後、国内製造業の中でもいち早く海外進出を始めたYKK。世界6極体制を掲げて71カ国・地域でファスニング事業を展開している。徹底した現地化をベースに、大手アパレルの国際展開に合わせて各地の事業会社が連携する戦略を進めてきた。近年は短いサイクルで流行の衣料を大量販売する「ファストファッション」への対応が新たな課題として浮上。それに対する体制強化を急いでいる。 YKK創業者の故・吉田忠雄...
自動二輪車販売 概要
シンガポール
オーストラリア