SPD2PQVGT84R0X7W

Eli Lilly and Co

Eli Lilly is a drug firm with a focus on neuroscience, cardiometabolic, cancer, and immunology.
売上高(百万円) 4,800,134
期末従業員数
43,000
本社住所 Lilly Corporate Center Indianapolis Indiana United States
電話番号 +1 317 276-2000
詳細を見る
代表者
David A. Ricks (Chief Executive Officer,President,Chairman),Ruth Gimeno (President)
設立年月日
1901
従業員数
43,000 人
上場年月日
1970-07-09
主要取引市場
ニューヨーク証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
109Picks
企業のAI投資「急拡大」で72兆円市場へ、クラウドよりも優先、予算の割合は?
ビジネス+IT
|
生成AIの登場で、企業のAI支出がさらに拡大する見込みだ。米国大手企業では軒並みAI予算が拡大傾向であることが判明。一部では、クラウドコンピューティングよりも優先度が高い項目となっているという。また、アジア地域では北米よりもAI予算の拡大が顕著で、さらにAI人材のグローバルハブとして台頭しているインドでも国内企業によるAI支出・投資が増加した。各地域のAI支出動向を探ってみたい。
4Picks
イーライリリーの糖尿病薬「チルゼパチド」、中国で承認取得
Reuters
|
[上海 21日 ロイター] - 米製薬大手イーライリリーは21日、糖尿病治療薬「チルゼパチド」が中国規制当局より承認を取得したと発表した。デンマーク製薬大手ノボノルディスクの「オゼンピック」との競争が激しくなりそうだ。
91Picks
米イーライリリーの肥満症治療薬、体重26.6%減 後期臨床試験で
Reuters
|
[27日 ロイター] - 米医薬品大手イーライリリーは27日、肥満症治療薬「マンジャロ」(一般名チルゼパチド)の後期臨床試験で患者の体重が平均で26.6%減ったと発表した。2型糖尿病ではない肥満または過体重の患者を対象に試験をした。
108Picks
開発中のアルツハイマー病治療薬、進行を35%抑制=米イーライリリー
Reuters
|
[シカゴ 3日 ロイター] - 米医薬品大手イーライリリーは3日、同社が開発したアルツハイマー病治療薬「ドナネマブ」の後期臨床試験で、ドナネマブを投与した患者は薬効のない偽の薬(プラセボ)を投与した患者に比べて認知機能の低下が35%抑えられたとの結果を発表した。ドナネマブは臨床試験での全ての目標を達成し、アルツハイマー病治療の第2の有効治療手段になるとの期待が高まっている。
49Picks
肥満症治療薬で躍進中のノボが日本をアジアで最初のターゲットにした理由 | 「日本も肥満問題とは無縁ではない」
クーリエ・ジャポン
|
デンマークの製薬会社ノボノルディスクが開発した肥満症治療薬「ウゴービ」が、国の承認を受けて日本国内での販売が開始された。ノボがアジアで最初の市場として日本を選んだ理由について、米メディアが日本法人の社長に聞いた。実は高い日本の肥満率肥満を病気と認識する人が少なく、肥満に対する偏見がある。それこそが、デンマークの製薬大手ノボノルディスクが、アジアで最初に肥満症治療薬「ウゴービ」を発売する市場として日
6Picks
【米国株ウォッチ】イーライリリーの競合分析、アムジェンとの比較
Forbes JAPAN
|
米国の製薬会社イーライリリー株(ティッカーシンボル:LLY)の方が、競合のアムジェン株(ティッカーシンボル:AMGN)よりも、将来性を考えるとより良い選択だと私たちは考えている。両銘柄とも、肥満症治療薬市場に注力していることから、最近脚光を
34Picks
Google系列のAI創薬企業Isomorphic Labs、Eli LillyおよびNovartisと提携
ITmedia NEWS
|
DeepMindからスピンアウトしたAI創薬企業Isomorphic Labsは、製薬大手のEli LillyおよびNovartisとの戦略的提携を発表した。AI活用の新薬開発に取り組む。
1Pick
アンメットに応える画期的な減量効果の肥満治療薬 ノボとリリーの2強が世界を席巻(サンデー毎日×週刊エコノミストOnline)
Yahoo!ニュース
|
新型コロナウイルスの終息以降、株価拡大の「材料」が不足していたバイオ医薬業界に旋風が巻き起こっている。成人の肥満が増加の一途をたどる中で、画期的な体重減少効果を示す肥満症治療薬が今、市場を席巻して
169Picks
米イーライリリー、世界初の新型コロナ抗体薬の治験開始
Reuters
|
[1日 ロイター] - 米製薬大手イーライリリー<LLY.N>は1日、世界初となる新型コロナウイルス抗体薬の治験を開始したと発表した。新型コロナの入院患者を対象に安全性や忍容性(副作用への耐用性)を調べる。治験結果は6月末までに出そろう見込み。
28Picks
米FDA、イーライリリーの肥満症治療薬を承認 英国でも
Reuters
|
[8日 ロイター] - 米食品医薬品局(FDA)は8日、米医薬品大手イーライリリーが開発した肥満症治療薬「ゼップバウンド」(一般名チルゼパチド)を承認した。
25Picks
「肥満症新薬、適正使用を」 ダイエット目的に警鐘―学会提言
時事ドットコム
|
日本肥満学会は27日、デンマークの製薬大手ノボノルディスクによる肥満症への新治療薬「ウゴービ」を巡り、適正な使用を訴える提言を公表した。ウゴービは保険適用されて来年2月22日に日本で販売が始まる予定だが、「美容やダイエットなどの目的で用いる薬剤ではない」とした。
30Picks
エーザイの認知症薬「レカネマブ」承認はアルツハイマー征服への「やっと一合目」
WIRED.jp
|
アルツハイマー病の抗体薬「レカネマブ」が日本でも承認されたことは、患者とその家族や介護者に加え、認知症をめぐる社会の価値観をも変えていくはずだ。このほど大幅に加筆した『アルツハイマー征服』文庫版を上梓したノンフィクション作家、下山進に訊いた。
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ