SPD2ICWQ7V2AB1K0

Novo Nordisk A/S

With roughly one third of the global branded diabetes treatment market, Novo Nordisk is the leading provider of diabetes-care products in the world.
売上高(百万円) 4,741,561
期末従業員数
66,015
本社住所 Novo Alle 1 Bagsvaerd Denmark
電話番号 +45 44448888
詳細を見る
代表者
Helge Lund (Chairman),Lars Fruergaard Jørgensen (Chief Executive Officer,President)
設立年月日
1931
従業員数
66,015 人
上場年月日
1981-07-09
主要取引市場
コペンハーゲン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
343Picks
【世界が熱狂】薬で「肥満」を治す時代に知っておきたいこと
NewsPicks編集部
|
太り過ぎを薬で解消する──。そんな製品が次々と登場している。肥満解消をサポートする大正製薬の「アライ」(一般名オルリスタット)が4月8日に発売される。お腹が太めな人の内臓脂肪を減らす薬として、ド...
281Picks
【実話】肥満薬が「一国の経済」を成長させている
NewsPicks編集部
|
100年の間、糖尿病薬メーカーとして比較的地味な存在だったデンマークのノボ ノルディスクが大躍進を遂げ、同国の経済を様変わりさせている。背景にあるのは同社が製造する2つの肥満治療薬、オゼンピック...
4Picks
肥満症治療薬「ウゴービ」による体重の減少は4年間持続する:研究結果
WIRED.jp
|
肥満治療薬「ウゴービ」の注射を週に1回続けた場合、最大で4年間体重を減らす効果が続くことが、長期的な臨床試験によって示された。しかし、患者が薬の投与を中止した場合、効果がどれだけ続くのかはまだわかっていない。
2Picks
紅麹問題で「サプリは食品だからクスリよりも安全」の嘘が露呈、機能性表示食品“厳格化”ルールの深謀遠慮 - 有料記事限定公開
Diamond Online
|
小林製薬の紅麹成分を含んだサプリメントで健康被害が発生した問題を巡り、消費者庁の専門家検討会は5月23日、機能性表示食品の制度を見直す提言案を取りまとめた。内容は制度を厳格化するものだが、そこには深謀遠慮ものぞく。
112Picks
30年ぶり肥満症の新薬販売 ウゴービ、食欲抑制作用
共同通信
|
肥満症治療薬「ウゴービ」の販売が22日、始まった。デンマークの製薬会社ノボノルディスクが開発し、昨年...
97Picks
肥満薬「ウゴービ」、心血管疾患にも効果 5年越しの大規模治験
Reuters
|
[コペンハーゲン/ロンドン 8日 ロイター] - デンマークの製薬大手ノボノルディスクは8日、肥満症治療の注射薬「ウゴービ」について、大規模な臨床試験(治験)で心血管疾患にも明らかな効果があることが示されたと発表した。
91Picks
米イーライリリーの肥満症治療薬、体重26.6%減 後期臨床試験で
Reuters
|
[27日 ロイター] - 米医薬品大手イーライリリーは27日、肥満症治療薬「マンジャロ」(一般名チルゼパチド)の後期臨床試験で患者の体重が平均で26.6%減ったと発表した。2型糖尿病ではない肥満または過体重の患者を対象に試験をした。
4Picks
イーライリリーの糖尿病薬「チルゼパチド」、中国で承認取得
Reuters
|
[上海 21日 ロイター] - 米製薬大手イーライリリーは21日、糖尿病治療薬「チルゼパチド」が中国規制当局より承認を取得したと発表した。デンマーク製薬大手ノボノルディスクの「オゼンピック」との競争が激しくなりそうだ。
49Picks
肥満症治療薬で躍進中のノボが日本をアジアで最初のターゲットにした理由 | 「日本も肥満問題とは無縁ではない」
クーリエ・ジャポン
|
デンマークの製薬会社ノボノルディスクが開発した肥満症治療薬「ウゴービ」が、国の承認を受けて日本国内での販売が開始された。ノボがアジアで最初の市場として日本を選んだ理由について、米メディアが日本法人の社長に聞いた。実は高い日本の肥満率肥満を病気と認識する人が少なく、肥満に対する偏見がある。それこそが、デンマークの製薬大手ノボノルディスクが、アジアで最初に肥満症治療薬「ウゴービ」を発売する市場として日
40Picks
減量薬ブームに商機、食品メーカーが新製品準備
The Wall Street Journal
|
デンマークの製薬大手ノボノルディスクの糖尿病治療薬「オゼンピック」や肥満症治療薬「ウゴービ」など人気の高い新薬は、食欲を抑えることで減量効果をもたらす。食品メーカーの一部はそれを好機と捉えている。  新興企業から業界大手に至るまで、...
6Picks
【米国株ウォッチ】イーライリリーの競合分析、アムジェンとの比較
Forbes JAPAN
|
米国の製薬会社イーライリリー株(ティッカーシンボル:LLY)の方が、競合のアムジェン株(ティッカーシンボル:AMGN)よりも、将来性を考えるとより良い選択だと私たちは考えている。両銘柄とも、肥満症治療薬市場に注力していることから、最近脚光を
47Picks
ウゴービの生みの親が強調「肥満が自分のせいだという考えは間違っている」
クーリエ・ジャポン
|
研究を続けられた理由──あなたが最初のGLP-1受容体作動薬である「リラグルチド」を開発したのは1997年のことでしたが、そのときはこんな大騒ぎにはなりませんでした。今回はどう違ったのでしょうか?それは減量できる度合いに関係しています。リラグルチドの場合、一人当たり平均8%の減量ができました。ですが、セマグルチドは17%も減量できたのです。リラグルチドを肥満症の薬として認可してもらおうとしたのは2
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ