SPD1L6ZGW4W65NWV

双日 株式会社

総合商社。ニチメンと日商岩井が母体。航空、自動車、化学、石炭分野などに強み。アグリビジネスへの参画が特徴。注力事業の1つが肥料。東南アジアでの化成肥料の製造・販売で高いシェア。石炭事業では、、豪州・ミネルバ炭鉱で総合商社として唯一、オペレーションも含めた炭鉱経営を行う。
売上高(百万円) 2,414,649
期末従業員数
20,669
本社住所 東京都千代田区内幸町2-1-1
電話番号 03-6871-5000
詳細を見る
代表者
代表取締役会長CEO 藤本昌義
設立年月日
2003-04-01
従業員数
20,669 人
上場年月日
2003-04-01
平均年齢
41 歳
平均年収
12,085,000 円
主要取引市場
東証プライム
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
768Picks
大手商社「30歳で年収2000万円」を捨て、シゴデキ若手が辞めていく。商社アルムナイ会の最深事情
Business Insider Japan
|
近年、アルムナイ会(卒業生コミュニティ)を立ち上げる企業が増えている。平均年齢42歳・平均年間給与2000万円に迫る、日本を代表するエリート組織である総合商社も、もちろん例外ではない。 一般的にアルムナイ会は、人手不足を背景に「カムバック採用」の手段とされることが多い。 しかし、複数の大手商社OBら...
243Picks
総合商社双日が挑む「正解がない」ビジネスへのアプローチ
 変化が激しく、先の見えない時代。特に未知の領域でのビジネス立ち上げはマーケットやターゲット、収益性の見極めが難しく、事業創出のハードルは一層高くなる。 クリーンエネルギー中心へと転換し、経済社...
49Picks
92兆円のバイオ市場どうつくる。双日が米「合成生物学」パイオニア、日本展開へ業務提携
Business Insider Japan
|
双日がアメリカの「合成生物学」ベンチャーGinkgo Bioworks(ギンコ・バイオワークス)と業務提携を結び、同社の研究開発サービス(バイオファウンドリサービス)の日本展開を共同で進めていくと発表した。 ギンコ・バイオワークスは、2021年5月に総額175億ドルのSPAC(特別買収目的会社)との...
691Picks
【新規事業】「我が社でやる意味」を問う会社は、つまらない
「優れた発想と強い覚悟さえあれば、会社はお金を出します」 新規事業創出プロジェクト「Hassojitz(発想×双日)」についてそう断言するのは、総合商社である双日の代表取締役社長、藤本昌義氏だ。...
264Picks
大手総合商社「双日」本社などを不正競争防止法違反の疑いで家宅捜索 警視庁
テレ朝news
|
大手総合商社「双日」に警視庁が家宅捜索に入ったことが分かりました。  警視庁は、不正競争防止法違反の疑いで、東京・千代田区にある大手総合商社「双日」の本社に先週、家宅捜索に入りました。  捜査関係者によりますと、双日の30代の男性社員が去年夏ごろ別の大手総合商社から転職した際に、営業秘密を不正に持ち出した疑いがあるということです。  警視庁は、この男性社員の自宅にも家宅捜索に入りました。  ...
225Picks
双日、風力発電計画を中止 地元の反対受け、北海道
共同通信
|
総合商社の双日は17日、北海道小樽市と余市町で計画していた風力発電事業について、小樽市が生態系への影...
160Picks
「世界トップ500社」から日本企業が激減 米誌が分析する“失われた30年”の本当の理由
クーリエ・ジャポン
|
米経済誌「フォーチュン」が8月、2023年版の世界企業番付「フォーチュン・グローバル500」を発表した。日本は41社が名を連ね、国別の企業数では第3位となったが、その存在感は低下しつづけている。なぜ日本企業は勢いを失ったのか、同誌記者が考察した。世界を圧倒した日本企業の「衰退」米誌「フォーチュン」が、全世界の企業の売上高ランキング「フォーチュン・グローバル500」をいまのような形で初めて発表したの
482Picks
なぜ「商社」こそ、新規事業をやるべきなのか
「その新規事業案で、独立する覚悟はあるか?」 この問いかけから始まるのが、総合商社である双日が、2019年に始めた新規事業創出プロジェクト、「Hassojitz(ハッソウジツ)」だ。プロジェクト...
433Picks
【楠木建×双日トップ】No.1は、目的じゃない。コロナでも変わらぬ商社の本質
 新型コロナウイルスの打撃により、様々な業界が大きな変化を余儀なくされている。そんななか、「商社の役割は変わらない」と語るのは、総合商社・双日の代表取締役社長である藤本昌義氏だ。 その真意とは何...
346Picks
【独占】経営トップが語る「ロイヤルHD×双日」の裏側
NewsPicks編集部
|
2月15日、ロイヤルホールディングスは大手商社の双日と資本業務提携を発表した。双日は、ロイヤルの株式の約13%を取得する予定で、これにより筆頭株主になる見込みだ。外食企業の優等生とされてきたロイ...
69Picks
カフェチェーンに殴り込み!双日が狙う新金脈
東洋経済オンライン
|
総合商社の双日はヨーロッパでトップのブランドとタッグを組んで、カフェチェーン市場に本格参入した。双日などが設立した合弁会社は10月6日、世界40カ国以上で展開する「コスタコーヒー」のフラッグシップ店「CUR…
641Picks
【3月予告】南場、三木谷、藤田、堀江。「4大起業家」が登場
NewsPicks編集部
|
オリックス シニア・チェアマンの宮内義彦氏【3月5日(土)スタート。毎日掲載、全27回】 オリックス元会長・宮内義彦氏の仕事人生は、日綿實業(現双日)から幕を開けた。米国の大手リース会社と提携。...
126Picks
もうすぐ実用化?空飛ぶクルマの事例7選:大阪府・三重県・延岡市・JAL・ANA
ビジネス+IT
|
先行する欧米に続き、日本でも具体的な活用が検討されてはじめた 空飛ぶクルマ。実用化が進む中で新たな市場が形成されつつある。こうした条件を踏まえ、いま空飛ぶクルマビジネスに関わる企業たちが急速に製品・サービス構築に向け動き始めている。本記事では、空飛ぶクルマにおける主要プレイヤー、注目の事例をまとめて解説する。
2Picks
【再配信決定!】ユニリーバ・ジャパンとサントリーHDの法務責任者が語り合う法務部門の未来 動画番組「ザ・ガーディアンズ~法務部門編~」【6月26日(水)10時配信】
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
法務ほど「守り」と「攻め」のバランスの取り方が難しい領域はありません。ビジネスの信用や評判を守る一方で、リスクを適切にコントロールしながらその成長を加速させるために併走する―。グローバルな競争環境が激化するなか、この一見すると相反する課題を両立させた法務部門こそが求められます。日本企業が世界の並み居るライバルに伍して戦うために求められる、経営パートナーとしての法務部門の在り方を考えます。
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ