SPD191IDIBQ76XXK

日揮ホールディングス 株式会社

世界トップクラスのプラントエンジニアリング会社。触媒やナノ粒子の機能材製造事業も展開。EPC事業の強化及び高機能剤製造事業の拡大に注力する方針。
売上高(百万円) 606,890
期末従業員数
7,876
本社住所 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-1
電話番号 045-682-1111
詳細を見る
代表者
代表取締役会長ChiefExecutiveOfficer(CEO) 佐藤雅之
設立年月日
1928-10-25
従業員数
7,876 人
上場年月日
1962-05-17
平均年齢
43 歳
平均年収
8,441,000 円
主要取引市場
東証プライム
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
200Picks
経営者の筋トレ発想で「罰ゲーム化」する管理職 昇進が遅く市場価値も低い、管理職のキャリア形成を変える処方箋
ログミー
|
部下のマネジメントや後任者の育成、トラブル対応に加え、リスキリングやハラスメント対策など、管理職の業務負担の増大が問題視されています。本イベントでは、『罰ゲーム化する管理職 バグだらけの職場の修正法』で著者で、パーソル総合研究所上席主任研究員の小林祐児氏が登壇し、管理職のあり方を見直し組織改革につなげる方法について語られました。本記事では、パーソル総合研究所による調査研究から、現場の管理職が...
526Picks
「空飛ぶ路線バス」Zipparが未来的でカッコいい!運転手不足の救世主になるか?
Diamond Online
|
路線バス運転手の過酷な労働環境を、働き方改革に導くかもしれない乗り物が現れた。その名もZippar。自動運転する都市型ロープウエー、いわば「空飛ぶ路線バス」だ。初期投資・運営費とも低コストで済む特徴と、実現に向けてクリアすべき課題について取材すると、日揮をはじめ大手企業がサポートする理由が分かった。
737Picks
【基礎】3分でわかる、「原発新増設」に走る理由
NewsPicks編集部
|
岸田文雄首相は、原発(紳士力発電所)の新設を含めた検討を始めた。SMRと呼ばれる小型モジュール炉など、次世代の原子炉のほか、アメリカやドイツ、イギリスなど海外動向も含めて今をアップデートする
439Picks
千代田化工、日揮も頼る数学者CEO。地味なプラントDXが熱い
NewsPicks編集部
|
プラントのDXを手掛けるスタートアップ、アレント(Arent)をご存じだろうか。今月、19億円の新たな資金調達を発表した。元々の顧客だった千代田化工建設や日揮ホールディングスなど老舗のプラント建...
87Picks
イスラエルのForsea Foodsが世界で初めて培養うなぎの試作品を発表
Foovo -フードテックニュースの専門メディア-
|
イスラエルの培養魚企業Forsea Foodsが培養うなぎの開発に成功し、初となる試作品を発表した。
141Picks
スシロー運営会社、廃食油を航空燃料に 日揮などと
産経ニュース
|
回転ずし店「スシロー」などを運営するフード&ライフカンパニーズ(F&L)と日揮ホールディングス(HD)、バイオディーゼル燃料製造のレボインターナショナル(京都市伏見区)など4社は5日に大阪市内で会見を開き、使用済み食用油を原料にした国産SAF(持続可能な航空燃料)製造で協力する基本合意書を同日付で結んだと発表した。スシローと居酒屋「鮨 酒 肴 杉玉」から排出される油を使う。日揮HDが約200...
2Picks
ダイバーシティ経営の取組事例を共有 県内企業・団体約50人が集まる 横浜市中区・横浜市西区・横浜市南区
タウンニュース
|
女性の活躍推進をはじめとするダイバーシティ&インクルージョン(D&I)推進の取組を発信するイベントが...
215Picks
「新型原子炉」開発競争が世界で活発化、日本勢が存在感を示すカギ
ニュースイッチ
|
脱炭素の流れを受け、原子力発電の有用性を再認識する動きが広がっている。日本では岸田文雄首相が「クリーンエネルギー戦略」の策定を表明。再生可能エネルギーとともに、原子力の技術開発を推進する。欧州では欧州連合(EU)が原子力を脱炭素に貢献するエネルギーに位置付ける方針を示した。原発への関心が高まる中、新型原子炉の開発競争も世界で活発化。日本勢は米国との協力関係の強化がカギとなりそうだ。(冨井哲雄...
2Picks
天ぷらを揚げた油で飛行機を飛ばす--持続可能な航空燃料の創造に挑む3社の情熱
CNET Japan
|
“1+1=2以上の力を生み出す「コラボ力」”をテーマに、業種や組織の垣根を取り払って新規事業にチャレンジし、結果を出しているオープンイノベーションの取り組みを紹介するオンライン・セッション「CNET Japan Live 2024」。2月22日は「天ぷらを揚げた油で飛行機を飛ばす!?日揮HD×コスモ石油×レボインターナショナルのSAF事業にみるコラボ力とは」と題し、持続可能な航空燃料(SAF...
60Picks
「持続可能な航空燃料」補完、ANAが始める「カーボンオフセット運航」の仕組み
ニュースイッチ
|
航空業界が脱炭素を急ぐ中、全日本空輸(ANA)など3社は1日、新たな仕組みで二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロにしたジェット燃料による「カーボンオフセット運航」を開始した。出光興産とINPEXがCO2排出削減量取引によって排出量を相殺した化石燃料をANAが購入して一部路線で1カ月使う。航空業界の国際団体が推奨する持続可能な航空燃料(SAF)は生産量が極めて少ない。今回の運航を通じ、SAFを...
3Picks
日揮HDのジェネラルカウンセルが語る、グローバル企業の戦略的法務の成功法 日揮グループのOne Legal Departmentがけん引する法務業務改革の軌跡と成果
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
日揮ホールディングス執行役員 ジェネラルカウンセルの鞍田哲氏が、同社の法務部門が取り組んできた法務業務改革の軌跡を語る。
2Picks
新たな骨再生材料のOCP量産化にJFCが成功 - サンプル出荷を本格化へ
TECH+
|
日揮ホールディングスグループの機能材製造事業会社である日本ファインセラミックス(JFC)は、骨の再生能力に優れ、生体吸収性が高い「リン酸八カルシウム(OCP)」の量産化に初めて成功したと発表。幅広い医薬品・医療機器製造会社との協業を見据え、OCPのサンプル出荷を開始したことを併せて報告した。 この発表に際して実施された記者会見では、JFCとともに長年にわたってOCPに関する研究を進める東北大...
4Picks
JAL、法人向けにSAF活用の新事業 CO2削減を証書化
Aviation Wire
|
日本航空(JAL/JL、9201)は、現在の化石由来燃料に代わる航空燃料「SAF(サフ、持続可能な航空燃料)」に関連した法人向けの新事業を4月から始める。SAFを活用することで創出されるCO2(二酸化炭素)削減の環境価 […]
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ