SPD0MQWHUQH3QM44

日本銀行

日本の中央銀行で、日本銀行法による認可法人。政府が資本金の55%を出資。
本社住所 東京都中央区日本橋本石町2-1-1
電話番号 03-3279-1111
詳細を見る
代表者
総裁 植田 和男
設立年月日
1882-10-10
上場年月日
1983-11-01
主要取引市場
東証所属部無し
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
1045Picks
【最新】「金利ある世界」で住宅ローンはこう変わる
NewsPicks編集部
|
まず最近の住宅ローン金利がどうなっているかをチェックしていきましょう。変動金利はずっと下がり続けている一方で、固定金利はここ1、2年でじわじわ上がっている状況が続いています。2021年後半から始...
580Picks
2024年「円高が来る」、それは「どの程度の円高か」
東洋経済オンライン
|
年の瀬に為替の動きも慌ただしい。2024年こそアメリカの利下げが来て、日銀はマイナス金利を解除、だから金利差縮小で円高――というのが大勢の見方だが果たして。「金利の未来」と「需給の底流」から読み解く。
412Picks
植田日銀総裁、出口までの距離明確にせず-大規模緩和を維持
Bloomberg
|
日本銀行の植田和男総裁は19日の金融政策決定会合後の記者会見で、2%物価目標が実現する見通しの確度は徐々に高まっているとしながらも、出口までの距離については明確にしなかった。会合ではイールドカーブコントロール(YCC)を軸とした大規模緩和の維持を決めた。
1456Picks
【金利上昇は怖い?】いま知りたい住宅ローン「15のギモン」
NewsPicks編集部
|
住宅ローンがどういう仕組みで成り立っているかを理解するためには、銀行のビジネスモデルを見る必要があります。難しそうに見えて、実はとてもシンプルです。①まず銀行は、金融市場でお金を調達する。②その...
122Picks
実は日本では物価・賃金の好循環は起きていない~春闘ではなく中小企業を見なければ賃金の実態は解らない
現代ビジネス
|
物価と賃金の好循環が始まっていると言われるが、実際には、実質賃金は下落を続けている。賃金は、かけ声だけでは上昇しない。実質賃金の継続的な上昇は、生産性を高める地道な努力によってのみ実現する。
401Picks
日本人をさらに貧乏にする2024年「新紙幣」の盲点
東洋経済オンライン
|
日本銀行の発行する紙幣のデザインが来年の7月に新しくなる。この新紙幣の発行が意外なところに影響を与えている。真っ先にその影響を受けたのは出版業界。4年前に、新紙幣のデザインが発表された時、3人の伝記が…
57Picks
株価 史上最高値更新 株式市場で何が【経済コラム】
NHKニュース
|
【NHK】日経平均株価が、バブルの絶頂期につけた史上最高値を更新しました。日本企業の好調な業績や、企業の変革への投資家の期待などが…
495Picks
なぜ経済学者も政治家もバカになったのか?
東洋経済オンライン
|
経済学者と政治家は、いつからこんなにバカになってしまったのだろうか。それは、世界的にも第2次世界大戦後、徐々に進んでいる現象だ。日本ではとくに、高度経済成長が終わり、1980年代のバブルで加速化し、アベ…
351Picks
三井住友銀行 10年もの定期預金の金利を100倍に引き上げへ
日テレNEWS NNN
|
日銀の金融政策の修正を受け、三井住友銀行が、10年ものの定期預金の金利を現在の100倍に引き上げる方針であることが分かりました。
52Picks
〝失われた30年〟でも投資継続した人は資産2倍以上に 月1万円投資で1千万円超え
産経ニュース
|
東京株式市場で日経平均株価が22日、史上最高値を更新した。34年前に最高値を付けたときは、その後のバブル崩壊で株価は大暴落。日本人の投資に対する恐怖心を植え付け、今の貯蓄中心の資産形成につながったとされる。ただ、株価絶頂期から〝失われた30年〟の間も毎月1万円ずつ投資を続けた人と、同額を銀行に預金し続けた人で試算をすると、保有する資産額は2倍以上の差がついた計算になる。
373Picks
【元副総裁】円安からデータ分析まで、遠慮なく聞いてみた
NewsPicks編集部
|
岩田規久男氏は2013年、日銀の副総裁に就き、黒田東彦総裁とともに「黒田バズーカ」を放った。日銀による大規模な金融緩和、異次元緩和を始めた張本人だ。日銀がマネーの量を劇的に増やし、インフレ目標を...
208Picks
新NISAで「外貨投資に殺到、円安進む」説に対する微妙な違和感。資金の多くを握るのは高齢層なので
Business Insider Japan
|
日銀が2023年第3四半期(7~9月)の資金循環統計を公表した。 9月末時点の家計金融資産は2121兆円と過去最高を更新したものの、内訳の半分以上(52.5%)が「現預金(外貨預金除く)」という点では、20年以上前と変わらなかった【図表1】。 もちろん全く何も変化がなかったわけではなく、例えば、今回...
331Picks
日銀、長期金利1%超容認 わずか3カ月で再修正へ
毎日新聞
|
日銀は31日の金融政策決定会合で、大規模な金融緩和政策を修正した。長期金利の変動幅の事実上の上限を現在の1・0%から、一定程度超えることを容認する。日銀は7月会合で長期金利操作の運用を柔軟化したばかり。市場の長期金利の上昇が想定以上だったとみられ、わずか3カ月で再修正を迫られた。【加藤美穂子】
974Picks
【解説】日銀の「サプライズ政策」 識者たちの見解
NewsPicks編集部
|
日本銀行は19日~20日に開いた金融政策決定会合で、大規模な金融緩和の一部を修正すると決めた。これを受けて為替市場では一時、ドルに対し4円超も円高が進行。日経平均株価の下落幅は一時、800円を超...
477Picks
ウォール街、日銀ショックの世界への波紋見極め-深刻な影響も
Bloomberg
|
ウォール街をはじめとするあらゆる地域の借り入れコスト抑制に寄与した極めて異例な金融実験に乗り出してから7年、日本銀行は国内債券利回りに対する手綱を緩めつつある。これが、全米の金融取引および家計に深刻な影響を及ぼす可能性がある。
311Picks
GDP予測、日本は4位転落 23年にドイツが逆転、響く円安
共同通信
|
【ワシントン共同】国際通貨基金(IMF)は23日までに、2023年の日本の名目国内総生産(GDP)が...
84Picks
日本の住宅メーカーは「実家離れできない」米国人の独立を後押しできるか
クーリエ・ジャポン
|
日本の住宅メーカーは、需要が頭打ちとなった国内市場に見切りをつけ、米国進出に意欲的だ。「不況」と「労働力不足」という二大悪条件下で切磋琢磨してきた日本企業の参入は、米国の住宅事情に大きな変化をもたらすだろうと、英経済紙は指摘する。遺灰を大きな風船に入れて成層圏で散骨する「バルーン葬」、嚥下しやすい柔らかいビスケット、運転免許証を自主返納した高齢者向けの割引サービス──少子高齢化はこれまで、日本社会
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ