新着Pick
SPD04QPI2TH6738L

トヨタ自動車 株式会社

トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
愛知県豊田市トヨタ町1番地
0565-28-2121
詳細を見る
代表者
取締役社長 豊 田 章 男
設立年月日
1937-08-28
従業員数
372,636 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
39 歳
平均年収
8,516,000 円
上場市場
東証1部,名証1部,OTCピンクシート,ウィーン証券取引所,サンパウロ証券取引所(BRDR),シンガポール証券取引所(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ニューヨーク証券取引所(ADR),ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,フランクフルト証券取引所(ADR),ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所,メキシコ証券取引所(ADR),ロンドン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
148Picks
【斬新】パナ×トヨタは、「ローテク」のスマートシティで勝つ
NewsPicks編集部
|
パナソニックとトヨタ自動車が、住宅事業を統合し、プライムライフテクノロジーズを設立。狙うは、グーグルなども狙うスマートシティだ。AIやIot、自動運転、EVなどあらゆるテクノロジーを組み込んだ近...
16Picks
トヨタ 中国国内の全完成車工場で生産再開 生産体制は半分程度
NHKニュース
|
トヨタ自動車は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って操業を停止していた中国・成都にある工場の操業を24日に再開しました。…
5Picks
超希少なBMW「イセッタ」、乗ってみたらまるでバイク!家電メーカーが開発した面影も
ビジネスジャーナル
|
自動織機の自動車部から発展したのがトヨタ自動車である。創業者である豊田佐吉が発明したはた織り機が成功し、その後、自動車産業に進出して今に至る。SUBARU(スバル)は航空機産業から発展した。太平洋戦争時に軍用機や航空機エンジンを開発、それがやがて自動車の開発に進出することになる。...
7Picks
ハル研究所、トヨタのリハビリ支援ロボット 「ウェルウォーク WW-2000」のUXなどの開発に参加
Social Game Info
|
ハル研究所は、トヨタ自動車が開発・販売する、脳卒中などによる下肢麻痺のリハビリテーション支援を目的としたロボット「ウェルウォークWW-2000」の開発に参加したと発表した。藤田医科大学・客員教授 サイトウ・アキヒロ氏の指揮のもと、サイトウ氏が提唱するゲームニクス理論を応用して、同社は療法士が使用する操作パネルのユーザーインターフェースの実装、デザイン、音響制作を担当しているという。「ウェルウ...
29Picks
80代が購入する「孤独解消ロボット」のIntuition Robotics、トヨタ系列も出資
THE BRIDGE
|
※本記事は提携するVentureBeat「Intuition Robotics raises $36 million to bring AI companions to everyone」の抄訳になります。 イスラエル発のロボティクススタートアップ「Intuition Robotics」はシリーズBにて3600万ドルを調達したと発表した。リード投資家にはSaprx GroupとOurCrow...
18Picks
電池が欲しい!トヨタの調達先拡大が止まらない
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車と豊田自動織機は20日、ハイブリッド車(HV)用の新型電池を共同開発すると発表した。豊田織機が電池の製造を担い、全量をトヨタに供給する計画。搭載車種や電池の仕様・性能など詳細は今後詰める。HV市場の急速な拡大が予想されるなか、トヨタは電池の調達網を拡大する狙い。豊田織機は車載電池への参入で、自動車関連事業の底上げにつなげる。 豊田織機は今後3年程度で総額200億―300億円を投じ...
トヨタら、ハイブリッド車用の新型電池を共同開発
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
15Picks
テスラには本当に「10兆円企業」の価値がある? 専門家たちの見解
WIRED.jp
|
テスラの時価総額が日本円にして10兆円を突破し、1月末にはフォルクスワーゲンを抜いてトヨタ自動車に次ぐ世界2位の自動車メーカーになった。だが、生産目標の達成が危ぶまれるなど波乱の1年を過ごしてきたテスラにとって、この評価は「正当」なものと言えるのだろうか?
10Picks
トヨタと豊田自動織機、ハイブリッド車用の新型電池を共同開発
トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト
|
トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)と株式会社豊田自動織機(以下、豊田自動織機)は、急速な拡大が予想されるハイブリッド車(HV)の開発・市場投入に対応するために、HV用の新型電池を共同で開発し、トヨタのHVへの搭載に向け、今後、車種や電池の仕様・性能等について検討を進めていきます。
3Picks
トヨタ、中国国内の全完成車工場を再開
産経ニュース
|
トヨタ自動車は24日、新型コロナウイルスの感染拡大で稼働を停止していた中国・成都の完成車工場の生産を再開した。約1カ月ぶりに中国4カ所にある全ての完成車工場が稼働することになった。サプライチェーン(供給網)の停滞などから生産水準は半分程度にとどまっているという。
11Picks
トヨタ労使協議で管理職も前面に 社長「手応えない」
共同通信
|
トヨタ労使協議で管理職も前面に トヨタ自動車は19日、2020年春闘の第1回労使協議会を愛知県豊田市の本社で開いた。会合は、経営側と...
13Picks
太陽光と風力で海水から水素 世界初のエネルギー自給自足船
NHKニュース
|
トヨタ自動車の燃料電池を搭載し、太陽光や風力を利用して航海中に海水から水素を作り出すことで、世界でも初めてエネルギーの自…
14Picks
トヨタ春交渉2020 第1回 指定席を立った社長 管理職と向き合う
トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト
|
2月19日、午前9時。トヨタの2020年の労使交渉が幕を開けた。今年の労使協議会はいつもと明らかにようすが違う。社長の豊田章男がいつも座る“指定席”にいないのだ。
13Picks
トヨタが中国の2工場生産再開 稼働を抑制、マツダも
共同通信
|
トヨタ自動車は17日、新型コロナウイルスによる肺炎拡大を受けて春節明けの稼働を停止していた中国の長春と広州の工場の生産を再開した。いずれも稼働率を抑えており、生産台数は通常時の半分程度になるとみられる。マツダも中国・南京にある完成車工場の生産を再開した。
38Picks
国内ブランドの評価ランキング 12年連続でトヨタが首位 初ランクインは9社
ITmedia ビジネスオンライン
|
インターブランドジャパンが日本のブランドランキングを発表した。12年連続で首位はトヨタだった。2位はホンダ、3位は日産。セブン-イレブンなど9社が初のランクインを果たした。業界別に見ると、金融業界が伸び悩み、化粧品業界が成長。よりブランドの力を上げるために必要なものとは。
176Picks
トヨタ、中国3工場を17日以降再開 新型肺炎で停止中
朝日新聞デジタル
|
トヨタ自動車は15日、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大で操業を停止している中国国内の四つの完成車工場のうち、3工場を17日以降に再開することを明らかにした。 広東省広州市、吉林省長春市の各工場を1…
341Picks
"広告宣伝費ゼロ"のグローバルD2C企業、テスラモーターズのマーケティング戦略
note(ノート)
|
先日テスラモーターズ(Tesla Moters)の直近決算に関するStockclipの記事を引用したところ、予想外に反響がありました。一見すると多額のマーケティング予算を投下しているように思える当社が、広告宣伝費を1円も使っていなかったという事実には、相当なインパクトがあったと推察されます(トヨタの年間広告宣伝費は4,500〜5,000億円規模)。 近年D2Cブランドが話題になることも増えて...
11Picks
【WRC】第2戦ラリー・スウェーデン:トヨタが今季初勝利! エバンスがキャリア2勝目、19歳ロバンペラが初表彰台
jp.motorsport.com
|
WRC第2戦ラリー・スウェーデンは、エルフィン・エバンスが優勝。トヨタが2020年シーズン初勝利を挙げた。
40Picks
ベルトコンベヤーを捨てた スポーツカーづくりから始まるトヨタの「革命」
朝日新聞GLOBE+
|
村田久武 TOYOTA GAZOO Racing WECチーム代表の「突破する力」(前編)トヨタ自動車が新しい車づくりへの挑戦を始めた。レースやラリーでの車づくりのノウハウを最新スポーツカーに導入し、その生産ラインではベルトコンベヤー...
21Picks
「フィット vs ヤリス vs ノート」小型車戦争の勝者は?
ニュースイッチ
|
ホンダは、小型車「フィット」を約6年半ぶりに全面改良して14日に発売する。10日にはトヨタ自動車が同「ヤリス」の新モデルを発売したばかり。また年内には日産自動車が同「ノート」を全面改良する見込み。相次ぐ新モデル投入は、縮小傾向にある小型車市場の活性化につながるか。(取材=編集委員・後藤信之) 新型フィットは、消費者の潜在ニーズを探る独自の調査手法で「心地良さを追求した」と開発責任者の田中健樹...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ