SPD01SIPOCXSOPIU

株式会社 エーアイ

音声合成エンジンの研究開発から製品開発、販売、サポートまで展開。防災行政無線、マートフォン音声対話、コミュニケーションロボット、カーナビなど法人・個人向けで活用拡大中。
売上高(百万円) 634
期末従業員数
0
本社住所 東京都文京区西片1-15-15KDX春日ビル
電話番号 03-6801-8461
詳細を見る
代表者
代表取締役社長 廣飯伸一
設立年月日
2003-04-01
従業員数
0 人
上場年月日
2018-06-27
平均年齢
35 歳
平均年収
4,343,000 円
主要取引市場
東証グロース
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
425Picks
楽天、企業向けAIプラットフォーム「Rakuten AI for Business」--OpenAIと協力
CNET Japan
|
楽天グループは11月14日、AIプラットフォーム「Rakuten AI for Business」を2024年以降に本格的に提供することを発表した。
1Pick
KELA、生成AI環境のセキュリティを保護するソリューション「AiFort」
クラウド Watch
|
KELA株式会社は19日、生成AIセキュリティソリューション「AiFort(エーアイフォート)」を国...
2Picks
【おはようgamebiz(4/18)】ナイアンティック大幅増益、「FGO MART」レポート掲載、ネクソン『HIT : The World』リリース
Social Game Info
|
おはようございます。昨日2024年4月17日に掲載した主な記事は以下のとおりです。   【決算】 ■ナイアンティック、23年12月期決算は最終利益130%増の1億9100万円と大幅増益…『モンハンNOW』を23年9月にリリース ■サムスン電子、23年12月期決算は売上高9%減の1960億円、営業利益26%減の39億円と減収減益 ■音声合成のエーアイ、24年3月期の営業利…
80Picks
世界のテック企業はAIの急展開に対応できている? エヌビディアの荒稼ぎは続かないワケ
ビジネス+IT
|
2022年11月にChatGPTが一般公開されて以降、AI(人工知能)がインターネットやテクノロジーに携わる企業の最優先テーマとなっている。マイクロソフトの創業者であるビル・ゲイツ氏は、「AIはPCや携帯電話、インターネットと同じくらい革命的」だと考えている。それが事実なら、企業の製品やビジネスモデルの変革が目前に迫っていることになる。1,000億ドル以上の資産を運用する3人のポートフォリオ...
2Picks
音声合成のエーアイ、24年3月期の営業利益を5500万円→8100万円に上方修正…利益率の高い法人向け製品&サービス売上が増加
Social Game Info
|
音声合成のエーアイ<4388>は、4月15日、2024年3月期連結業績予想の上方修正を行い、売上高7億3400万円(前回予想7億2000万円)、営業利益8100万円(同5500万円)、経常利益8100万円(同5500万円)、最終利益1億0900万円(同8000万円)、EPS22.2円(同16.17円)とした。 ・売上高:7億3400万円(前回予想7億2000万円)・営業利益:8100万円(同5…
1Pick
KELA、生成AIセキュリティソリューション「AiFort」国内販売開始
TECH+
|
KELAは4月19日、生成AIセキュリティソリューション「AiFort(エーアイフォート)」を国内販売開始すると発表した。 ○「AiFort」の概要 「AiFort」は、生成AI /大規模言語モデル(LLM)をセーフティ、セキュリティ、プライバシーの3つの観点で保護するために、AIモデル学習用データセットや模擬攻撃などを提供する。開発から運用までMLOpsライフサイクル全般をカバーし、安全な...
158Picks
“デザインを理解するAI”でフロントエンド開発の自動化へ、Webサイト制作の変革目指すスタートアップ
DIAMOND SIGNAL
|
Tsunagu.AI (ツナグドットエーアイ)は「2025年にフロントエンド開発をすべて自動化する」という野心的な目標を掲げ、AIを活用したプロダクトの開発に取り組むスタートアップだ。 現在同社が展開している「FRONT-END.AI(フロントエンドエーアイ)」では“デザインを理解するAI”を通じて、従来はエンジニアが担っていたコーディング作業を自動化することを目指している。
1Pick
生コンの軟らかさAIで即時予測、パシフィックシステムの新システムの効果
ニュースイッチ
|
パシフィックシステムは人工知能(AI)を使って生コンクリートのスランプ値(軟らかさ)をリアルタイムで予測するシステム「PreSLump AI(プレスランプ・エーアイ)」のサブスクリプション(定額制)サービスを始めた。AIの深層学習(ディープラーニング)による画像認識技術により、ミキサー内部の生コンが練り混ぜられる画像を即時に解析して数値を予測する。定量的な品質評価が可能になり、コンクリートの...
107Picks
LiDAR開発企業の米AEyeがSPAC上場へ 「自動運転の目」を開発
自動運転ラボ
|
LiDAR開発のスタートアップ企業である米AEye(エーアイ)は2021年2月23日までに、SPAC(特別買収目的会社)上場について発表した。2021年第2四半期中にSPACのCF Finance Acquisition […]
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ