NewsPicksアカデミア
三戸政和「資本家マインドセット」

三戸政和「資本家マインドセット」

  • 登壇者 三戸 政和
  • 日時 11月29日(木) 19:00 - 20:30
  • 場所
    グローバルビジネスハブ東京(大手町)
    〒100-0004東京都千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティ グランキューブ3F
  • 人数
    210/ 定員 210
内容の確認をお願いします
キャンセルポリシー確認
キャンセル期限
11月22日 PM11:59

キャンセル期限を超えた場合はキャンセル受付ができなくなります

直前のキャンセルが度重なる場合、サービス向上のために事前確認のご連絡をさせていただく場合がございますのでご了承ください

参加の申し込みは締め切りました
キャンセル待ちの申し込みになります
キャンセルが発生した場合に、自動で確定します。
11月22日 PM11:59までに空き枠が出なければ参加できません。
キャンセル期限が過ぎています
申し込み後にキャンセルすることができません。
利用規約

※アカデミアプラン(月額5000円)にお申し込みいただくと、本イベントに参加できるほか、動画、書籍、雑誌などのコンテンツもお楽しみいただけます。詳細はこちらをご覧ください。

登壇者

イベント詳細

「サラリーマンこそ会社を買って、一人の経営者になるべきだ」

――こんな提言を一年前から続けているのが、ベストセラー『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』を著した三戸政和氏だ。

日本ではこの何十年と、ベンチャー起業の必要性が語られてきたが、現実にそれは簡単なことではない。

とりわけ日本ではゼロから立ち上げる「ゼロイチ起業」の難易度は高いのではないだろうか。

そんないま、三戸氏は身につけるべきは、発想を変え、失敗のリスクを冷静に計算し、そして行動する「資本家マインドセット」だと言う。

当日は三戸氏が投資ファンドのビジネスの現場で実践しているノウハウを広く開陳し、現在日本が直面する大きな課題、中小企業100万社が廃業するといわれる「大廃業時代」への一つの解決策を提示する。

<登壇者プロフィール>
三戸政和/日本創生投資 代表取締役社長

1978年兵庫県生まれ。同志社大学卒業後、2005年ソフトバンク・インベストメント(現SBIインベストメント)入社。

ベンチャーキャピタリストとして日本やシンガポール、インドのファンドを担当し、ベンチャー投資や投資先にてM&A、株式上場などを行う。2011年兵庫県議会議員に当選し、行政改革を推進。2014年地元の加古川市長選挙に出馬するも落選。

2016年日本創生投資を投資予算30億円で創設し、中小企業に対する事業再生・事業承継に関するバイアウト投資を行なっている。また、事業再生支援を行う株式会社中小事業活性の共同代表も務め、コンサルティング業務を行なう。

※当日は18:30開場、19:00開演になります。会場は混雑が予想されますので、お早めにお越しください。
※会場の都合により、20:00以降にお越しの場合はご案内致しかねます。予めご了承ください。