新着Pick
コロナ飲み薬の使用勧告=メルク開発―米当局諮問委
時事通信社
高橋 義仁専修大学 商学部教授
メルク社の抗ウイルス薬の有効性は従来株に対し30%にとどまるため「そもそもの有効率から」反対する委員が多かったことが伺えますが、オミクロン株に対しても理論的に有効率があまり変わらない可能性がある抗ウイルス薬を緊急に準備したいという意図をもったFDA諮問委員会の勧告だと思われます。(抗ウイルス薬は一般にヒトの細胞分裂に障害を与える可能性があり、飲み薬との軽い表記は気になります) オミクロン株は、従来の新型コロナウイルスからの変異部位が30程度と多く、これがコロナウイルスがもつスパイクタンパクに大きな変化を及ぼすと言われており、その結果ヒトの細胞との結合力に変化が現れやすいことから、今回のような変異部位が多いとされる変異株にはワクチンを作り替えたほうが良い場合があると指摘されています。約2カ月前、ビオンテック社もそのようなワクチン開発の必要性を指摘していました。 「2022年半ばまでに新型コロナの新たなワクチンが必要になるかもしれない — ビオンテックCEOが指摘」(Business Insider 2021年10月6日) https://newspicks.com/news/6244802?ref=user_1310166 メルク社やファイザー社がFDAに緊急使用許可を申請している抗ウイルス薬は、一般にコロナウイルスの増殖にかかわる酵素(ポリメラーゼや3C様プロテアーゼ)を阻害する化合物として開発されたものです。 (新型を含めてすべての)コロナウイルスは遺伝子を構成するタンパク質を特定の部位で切断して増殖していきますが、これを阻害するのが抗ウイルス薬の働きであり、オミクロン株にも同様に「(コロナウイルスの増殖の際の阻害)効果を示すはず」との観測をもっているのだと思います。 米ファイザー社CEOのCNNのインタビューからもその趣旨の発言が確認できます(英語)。 「Pfizer expects COVID-19 antiviral to work against omicron」(Hospital Review 2021年11月29日) https://www.beckershospitalreview.com/pharmacy/pfizer-expects-covid-19-antiviral-to-work-against-omicron.html
48Picks
【解説】Twitterの新CEO、パラグ・アグラワルとは何者か
NewsPicks編集部
蛯原 健リブライトパートナーズ 代表パートナー
典型的なインド人移民1世の上澄み秀才で自ら海を渡り功なり名を遂げてビッグテックのベリートップ登り詰めた。ここまではもはや知らない人はいないほどたくさん他にもいる。が、この人が決定的に他と違う点が一つある。抜きん出て若い点だ。 他のインド移民経営者の着任時の年齢よりもひとまわり以上若い。未だに37歳。その点超が付く程の個としての優秀さを物語る。 ただし、かと言ってアメリカ企業に想像しがちな外部登用でもスピード出世でもない。そこは他のビッグテックを継いだ2代目、3代目同様に10年Twitterに勤め上げた人物。 これが重要です。「永年勤め上げる」 クックもピチャイもナデラもジャシーも例外なく全員みな10年以上勤め上げて会社から愛し愛されベリートップになる。逆に言えばその点をしっかり習ったドーシーは優秀だろう。逆に言えばこれが日本企業含めて他にはできてない米国ビッグテックの強みで他の弱み。その点で日本のオーナー系名門、天下の孫、柳井、永守みな失敗している。抜きん出た存在である彼らですらそれを踏襲しないという点についてわたしはかねがね不思議に思っている。 なおインド人経営者・起業家がなぜこれほど統計的有意に多いのか、そのあたりは以前こちらのNewsPicks インタビューにまとまっています。 https://newspicks.com/news/4168145
232Picks