Picks
260フォロー
268フォロワー
小山田圭吾さんの“いじめ自慢”記事は「間違った行為」。ロッキング・オン・ジャパン編集長が謝罪【声明全文】
ハフポスト日本版
【マレーシア】強化制限令で大半が操業停止[経済] 感染対策尽力の産業界から不満
NNAアジア経済ニュース
大野 好弘帝京マレーシア株式会社 取締役社長
強化制限令の発効される前日は、ショッピングモールの人出も大きく、交通量もコロナ前に戻ったようでしたが、昨日発効日は急激に人出が減りました。 私のいる地域は強化制限令から外れていますので、ジョギングなどは許可されていますが、強化制限令の地域はそれも不可。 私は日本に留学する生徒に、日本語と基礎教科を教える準備教育課程学校の雇われ経営者です。 卒業生の大半は日本の大学、専門学校に進学します。 昨年は日本の国立大学の大半が、受験は渡日が必要であったため、行きたい大学の受験ができず、オンライン受験が可能な地方の国立大学に進学した生徒、同様な私立大学進学に代えた生徒、私立大学の授業料が払えず進学を諦めた生徒が多くいました。 また大学や専門学校に合格しても、まだビザが出ないため大半がマレーシアに足止めされています。 マレーシア政府の予算もコロナ対応に振り向けられており、毎年国内外の新規大学進学者への奨学金は2万人に支払われますが、今年は1万1千人まで削減されています。 企業活動への制限だけでなく、これから進学しようとする生徒にも大きな影響があります。 またこのような制限令の影響は今後も残り、大学新卒者の就職にも大きな影響が出るはずです。
5Picks
【必見】もう観た?プロピッカー激推し「名作ドラマ」10選
大野 好弘帝京マレーシア株式会社 取締役社長
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
458Picks
NORMAL