Picks
9018フォロー
10283フォロワー
吉村知事 変異株“家庭内感染ほぼ全滅…”(日本テレビ系(NNN))
Yahoo!ニュース
安田 隆之【おっちゃん♡】 自社オーナー社長兼PEファンド雇われ社長兼ŌGIRI☆倶楽部主筆
長めの(約6分)の報道ですがなかなか興味深いものでした。これを見てますます行政が何をやりたいのかがわからなくなってきました。 見出しの吉村大阪府知事による「変異株家庭内感染ほぼ全滅」という発言。これは見出しがややミスリーディングですよね。吉村知事の発言の趣旨は「変異株の家庭内感染が完全に撲滅できる」という意味ではなくて「変異株が家庭内に持ち込まれると全滅するしかない」という重大な警告です。家庭内感染の脅威をはっきり認めたのは立派だとは思いますが。 思い起こしてみれば変異株が猛威を奮っている欧州では日本では考えられないほど厳しいロックダウン=都市封鎖が行なわれていました。集会禁止や外出制限や移動制限や学校閉鎖など。それでも変異株による感染爆発を防ぐことは出来なかった。吉村知事の認めるように家庭内感染が要因だったからです。 そうだとすると吉村知事の発言に疑問を感じざるを得ません。 欧州の厳しいロックダウンによってすら防ぎきれなかった変異株による感染爆発は吉村知事も認める家庭内感染によってもたらされたものでした。ところがそれを承知の上で吉村知事を始めとする大都市圏の知事は「マンボー」による「飲食店への時短強制」と「飲食店への見回り監視」で対応しようとしている(いた)のです。 どれほど飲食店に感染防止政策の結果責任のすべてのケツ持ちをさせようとしても変異株ウイルスはそんな政策を忖度しません。厳しいロックダウンをしてすら感染爆発を防げなかった欧州を見れば飲食店にケツ持ちさせるのではなく「人流を抑えてひとびとの接触機会を減らし変異株を家庭内に持ち込むことによる家庭内感染の原因を減らす」ことと「ワクチン接種を進める」。この合わせ技しかないじゃないですか。 今後に注目です。
【削除されました】養殖物2021年4月12日(月)
note(ノート)
安田 隆之【おっちゃん♡】 自社オーナー社長兼PEファンド雇われ社長兼ŌGIRI☆倶楽部主筆
皆さま。こんばんはおはようございます。 アメリカ人がよく言うのですが「ピジネスパーソンにとって大切な知己は3種類ある」と。一人目は「弁護士」。二人目は「医者(または精神科医)」。ここまでは共通しているのですのが三人目の答えが分かれます。ひとつは「FP」。もうひとつが「ヘッドハンター」。 わたしは長くエグゼクティヴサーチ専門のヘッドハンターさんにお世話になってきました。サラリーマン時代はキャンディデイトとして。経営陣になってからはクライアントとして。長いヘッドハンターさんとはもう15年以上の付き合いになるんですよ。 そんな長い付き合いのある外資系ヘッドハンターさんから「ぜひ話をさせてほしい」という案件が舞い込んできました。わたしはすでにあるファンドさん出資の会社で社長をやっています。今まではいろんなお話があってもお断りしてきたんです。 でも今回ばかりは過去お世話になってきた義理もありヘッドハンターさんもわたしの事情は承知の上とのことでしたのでお話をお聞きしました。そのうえでクライアント企業さんのビジネスについていくつかアドバイスを差し上げたんです。わたしの関与しているファンドさんのビジネスとも自社ビジネスとも競合しませんから純粋にアドバイスがお役に立てばいいかなと思ったんですよ。 クライアント企業さんはまあまあ知られ始めた外資系飲食チェーン。現在は欧州系ファンドの傘下です。今後の日本市場開拓に向けてはFC展開に大きな機会点がある。いやゆるクリティカルマスを超えるにはそこがポイントだからといくつかのソリューションをお伝えしたんです。 そうしたら。先方企業さんがわたしと直接話したいということになって。とうとうビデコンで面談することになってしまいました。ロングリストからショートリストに載ってしまったわけです。うーん。困りました。義理立てした結果おかしな感じで板挟みになりそうで。やっぱりちゃんと言わなきゃいけませんね。 こんなぱっとしないいい歳こいたおじさんにもお話をいただけるのはありがたいことなんですけどね。
「まん延防止措置」適用後初の週末を迎えた大阪・ミナミの街は
関西テレビ
NORMAL