Picks
9017フォロー
10283フォロワー
【削除されました】養殖物2021年4月11日(日)
note(ノート)
安田 隆之【おっちゃん♡】 自社オーナー社長兼PEファンド雇われ社長兼ŌGIRI☆倶楽部主筆
皆さま。こんばんは。花冷えでしょうか。朝晩は真冬並みの寒さですね。 先日の削除スレで「カルミナ・ブラーナ」が聞きたくなって新しいCDを買ってしまうのはいつも「春」だと書きました。ふと思い立ってわたしのショスタコーヴィチ購入は「冬」じゃないかと思ってAmazonの購入記録を調べてみたんですよ。 そしたら。今までにショスタコーヴィチのCDを買ったのは見事に冬ばかりだったんです。ううむ。これはなぜなのか?確かに真夏のくそ熱い夜にショスタコーヴィチの楽曲は聴きたくない。たとえばショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲は。しかし真冬の鈍色の雲が空を覆うような日にこそ似つかわしいかもしれません。 AmazonはCRMが進んでいることで知られています。真冬の寒い日にショスタコーヴィチのCD新盤をオススメされたら即買いしちゃうと思うんですがそこまで進んでいないのかまだそのような経験はありません。「この商品を買ったひとはこんな商品を買っています」欄でびっくりするようなけったいなモノをオススメされることはありますけど。 さて。小林研一郎さん指揮の「カルミナ・ブラーナ」。明日には到着しそうです。楽しみです。
【新型コロナ】川崎の社員寮でクラスター 部屋に集まり、ゲームや飲食
神奈川新聞社
安田 隆之【おっちゃん♡】 自社オーナー社長兼PEファンド雇われ社長兼ŌGIRI☆倶楽部主筆
・・記事「感染経路が分かっているのは家庭内感染13人、陽性者の接触者15人」・・ な?家庭内感染を軽視するのはなぜなんでしょうか?主要な感染経路はどこ?「病院と高齢者施設」そして「家庭内」なんですよ。 飲食店からは締め出され路上飲みは非難されて。残るのは家飲みしかないじゃないですか。家飲み需要でアサヒなんちゃらとかいう缶ビールが欠品になるほど売れているんですよ? 結果に対する寄与度の大きい原因を潰してこそ結果が変わる。どんな企業であれ組織であれそれぐらいのことは知っています。経営者の皆さんならばコスト削減を考えればすぐにわかりますよね?「家族5人が揃って感染」などと聞きますけどそれって家庭内クラスターですよ? 以下わたしの提案です。 家族揃って食事しない。家族が揃って食事する場合は飛沫防止シートやアクリル板を食卓に設置する。食事中も食べるときだけマスクを外しそれ以外はマスク着用のマスク会食(™吉村知事)を徹底する。 食事以外でもリビングなどではマスク無しで家族間の会話はしない。帰宅時の手洗いのほかトイレのあとも毎回手指消毒する。家族で風呂に一緒に入らない。家族で同じ寝室で寝ない。夫婦間のセックスはマスクを着用する(できれ夫婦ともにラバースーツ着用などで新たなレパートリーを開拓することが望ましい)。 え?そんなことできないですか?だから飲食店にすべてのぐどぐどのケツ持ちをさせるんですか?なにか間違っていると思います。
3Picks
東京“まん延防止” 街の人の声は
日テレNEWS24
安田 隆之【おっちゃん♡】 自社オーナー社長兼PEファンド雇われ社長兼ŌGIRI☆倶楽部主筆
小池都知事はマンボー発令に伴って「不要不急の外出は控えて」と今まで以上に強調しています。 インタビューに答えているひとたちが善意(悪意はないという意)なのは分かります。しかしそもそも「通勤客」=サラリーマンにマンボーの是非についてインタビューしている時点でおかしいと思えってわたしは思うんですよね。 マンボーの目的は「いかにひととひととの接触を減らすか」つまり「いかに人流を減らすか」でしょう?いまはなぜか人流抑制政策の不徹底のぐどぐどのすべてのケツ持ちを飲食店が引き受けているわけで通勤客もその視点で話してますよね?しかし「いかに飲食店の利用者を減らすか」では本来の政策目的は達成できません。記事の通勤客もその対象なんです。ビジネス街ではむしろ人流のメインターゲットのはずなんですよ。 ところで。多くの企業は三月決算です。これから二ヶ月ほどは決算の締め業務に忙殺される時期です。そして六月には株主総会を控えているんですよ?記事の通勤客のような(おそらくは)上場企業の本社勤務のサラリーマンの出勤は増えますよ?大企業の本社での決算締め業務はリモートなんぞでは絶対にできやしませんから。彼らだって出社せざるを得ないんです。 さらに追い打ちをかけるのがマンボーです。マンボーの発令そのものが多くの企業の今4月から始まる今年度予算の組み直しを余儀なくさせるからです。しかも再来月に株主総会もあるんですよ?上場会社は業績予想も発表しなきゃなんないんですよ?予算の策定ってどれぐらいたいへんか知ってます? この決算のタイミングでの業務量に加えてマンボー発令による予算組み換え業務の増大によってさらにサラリーマンの出社は増えます。企業本社の集積するようなビジネス街の人流はさらに増えることでしょう。 小池都知事のマンボー発令での「外出を控えて」という掛け声が虚しく響きます。
2Picks
【削除されました】養殖物2021年4月9日(金)
note(ノート)
安田 隆之【おっちゃん♡】 自社オーナー社長兼PEファンド雇われ社長兼ŌGIRI☆倶楽部主筆
皆さま。こんばんは。昨日の夜は時ならぬ篠突く雷雨。ひどい目に遭いました。さて今日は音楽(オーディオ?)ネタです。興味のない方には「何じゃそれ?」かもしれませんが。 さいきん急に「カルミナ・ブラーナ」が聴きたくなってしょうがない。数独をやっていてもラン&ウォークをやっていても頭の中で冒頭の有名な「お〜ふぉるとぅな〜べる〜とるな〜すたとぅ〜ばりなびりすぅ〜」が鳴っているんです。止まらないの(クラシックに興味のない方もたぶん知っているぐらい有名な曲です)。 どうせ聴くなら新しいCDを買おう。そう思ってAmazonの購入履歴をチェックしたら(・・というか正直に告白するとCDの枚数が多すぎて実は自宅のどこに購入済みのCDが収蔵されているのかよくわからんので重複買いのおそれがあるのだ。笑・・)。 なんと!今まで「カルミナ・ブラーナ」のCD3枚の購入次期というのがぜんぶ見事に「春」だったんですよ!わたしは春になると「カルミナ・ブラーナ」がむしょうに聴きたくなる!これはどう考えても偶然ではない!まあ確かに真夏や真冬にぴったりとは来ない曲のような気はしますが理由は不明です。 わたしは音楽好きですがオーディーマニアでもあるのでどんなに名盤と言われても録音が悪いのはダメなんです。この曲のようにフルオケと混声フル合唱とバリトンとテノールとソプラノ独唱の曲となると大概は録音がごちゃついていることが多い。「カルミナ・ブラーナ」で名盤とされるのはオイゲン・ヨッフムがバリトンの名手フィッシャー・ディースカウを招いてベルリン歌劇場管弦楽団を率いて録音したものなんですがいかんせんあまり録音がよくないんですよね。たいがいのベト9なんかもそうですが。わたしはオケと合唱の前列で独唱がくっきりと定位して浮かび上がってほしいんです。 そんなこんなで小林研一郎さんの日本フィル盤がEXTONから出ているのでそれを買おうというのがいまの第一選択です。EXTONって録音が基本的に良いんですよね。 皆さま。良い一日を!
「コロナより絆」広がる自主飲み・路上飲み 「2密」は避けられず 夜間の人出増加、感染者数と連動
産経ニュース
安田 隆之【おっちゃん♡】 自社オーナー社長兼PEファンド雇われ社長兼ŌGIRI☆倶楽部主筆
・・東京駅周辺の繁華街を巡回している70代の男性巡回員は「こんなんじゃ感染が広がるのも当たり前だよ」・・ まっとうに「屋外飲み」を批判したければ東京都の巡回業務の下請け警備会社のアルバイト爺さんの口を借りるような姑息な真似をするんじゃないよ。署名記事で堂々と社論として言え。 さて。このように記事は時短営業をしている飲食店がはねた後の「屋外飲み」に焦点を当てて批判したいようだが。ならば聞くが「家飲み」ならばよいのか? ・飲食店での飲み会→批判される ・屋外の飲み会→批判される ・自宅での家飲み→なぜか素通り その是非はともかくとして記事の危惧する感染拡大の視点からは(わたしはすごくおかしいと思うし反対だが)結局のところ「どんなTPOであれ同居家族以外との飲食はするな」というのがこの記事から導かれる理路であり正論であり伝えるべきメッセージじゃないのか。 読者を慮ってか広告主を気遣ってかは知らん。ずばりと「飲食店だろうが屋外だろうが家飲みであろうが飲み会をするな」と言えない。それどころか「屋外飲み」についてすら「東京都の巡回員のアルバイト爺さん」の口を借りてしか批判できない。 何なの?意味ねえからすっこんでろ。
「陰謀説」は“普通の人”こそハマりやすい? 驚きの調査結果 騙されないためには「免疫を」と専門家 〈AERA〉
AERA dot. (アエラドット)
安田 隆之【おっちゃん♡】 自社オーナー社長兼PEファンド雇われ社長兼ŌGIRI☆倶楽部主筆
・・秦准教授「知識が高い人のほうが陰謀論を信じやすい傾向がある」・・ 陰謀説(論)といえば副島隆彦さんの右に出るひとはいないでしょう。もはや巨魁といっていい。 そんな副島隆彦さんと元外務省分析官の佐藤優さんという博覧強記のふたりの対談本があるんですよ。そんなもんもう中身を読む前から面白いに決まってます。実際に何が面白かったかというと……論客ではあるが常識人である佐藤優さんが副島隆彦さんの狂気にタジタジとなるという実にカオスな展開が繰り広げられているわけです。 しかし佐藤優さんと副島隆彦さんはウマが合ったのでしょうか。おふたりの対談の続編が出ているんですよね。冒頭の「知識が高い人のほうが陰謀論を信じやすい傾向がある」というのが佐藤優さんにも当てはまったとはさすがに思いませんけど。 「知識が高い人のほうが陰謀論を信じやすい」かどうかの真偽については留保します(わたしは「承認された知の体系」=「教養」を大事にする教養主義者なので信じない)。しかし知的好奇心を刺激するという点はわたしも同感です。なぜならば陰謀論は複雑で分かりずらい物事をそんな「確立された教養」からズラした観点で単純化して分かりやすく説明するから。それが気持ちいいんですよね。そういう意味ではわたしは信じないけれども好きではある。 副島隆彦さんだけじゃなく高橋五郎さんとかわたし好きだもん^o^ 天皇家の有する莫大な金塊が世界経済を支配してるんですよ。そしてそれをバチカンが運用してるんですよ。凄くないですか?わっはっは。
【削除されました】養殖物2021年4月5日(月)
note(ノート)
安田 隆之【おっちゃん♡】 自社オーナー社長兼PEファンド雇われ社長兼ŌGIRI☆倶楽部主筆
皆さま。こんばんは(ですよね?やっぱりこの時間だと) 昨日今日とドライブに出かけていました。とはいっても自社店舗の臨店を兼ねてお隣の千葉県なんですけど。 東関道ではだいたいいつもガラガラの酒々井PAで休憩するんですがそこで気になったのがいわゆる「トナラー」問題。クルマ以外でもスポーツジムのランニングマシーンなどで「トナラー」がいるようですが駐車場でもあるんですよ。クルマに乗らない皆さんには「ナンノコッチャ?」だと思いますので説明しますと「がら空きの駐車場でわざわざ自分のクルマの隣に駐車するクルマ」のことを指します。 乗り降りがしにくくなる。ドアパンや接触で傷つけられたくない。だから「すぐ隣には停められたくないのでわざと離れた不便な場所にポツンと停めておいたのに買い物や食事を終えて車に戻ったら他のロットはがら空きなのにすぐ隣に他のクルマがピタッ。え?なんで?」。そんな怪奇現象が「トナラー」問題です。 わたしの愛車くんは二台ともクーペなので片側ドアが一枚なんですよ。つまりドアがでかいの。開けるときにスペースが必要なの。隣にピタッと駐車されるとお互いに気を遣うので自分は不便でもできるだけ隅っこのロットに停めるようにしているんです。それなのに他の停めやすい場所が空いているにもかかわらずわざわざ隣に停めるクルマがいる。だいたいがミニバンです。 でもなんでなん?不気味です。 一説によると隣にクルマがあったほうが駐車しやすいとか言うんですよね。でもそれってつまり駐車がクソ下手っぴーなクルマが自分のクルマを目印に隣に駐車するということです。とんだ災難の元です。そのような他者の不安感を惹起する行為に自覚がないということはすなわち「トナラーはある種の認知機能の欠如が原因だ」という説を読んだことがあるのですが。いったいどうなんでしょう?
【削除されました】養殖物2021年4月3日(土)
note(ノート)
安田 隆之【おっちゃん♡】 自社オーナー社長兼PEファンド雇われ社長兼ŌGIRI☆倶楽部主筆
皆さま。こんにちは。 昨日は復活祭前の金曜日「グッドフライデー」でアメリカはお休みの日です。 その昔わたしはモービルという会社で働いていました。一時期は本社のモービルコーポレーションに在籍していた時期があったんですよ。アメリカの祝日は日本のそれとはまったく違うのでじゅうぶんに注意したつもりなんですが初めて経験するグッドフライデーでは失敗しました。 会社がバージニア州にあってワシントンDC近くに住んでいたんですがクルマで会社に向かおうとするとふだんは大渋滞のDCに向かう反対車線のハイウェイががら空き。会社に着くとパーキングががら空き。オフィスに入るとひとがいない。たまたま来ていた別部署の社員に「今日は休みだけど何しに来たの?」と言われて初めて気づきました。 アメリカ本社時代の休日といえばもうひとつ思い出があります。ある日上司とのランチで「明日は日本の建国記念日なんですよ」と言ったら彼はこちらがびっくりするくらいすごくびっくりして「それは大事な日だ!おまえは明日は休みにしな!」と言われたことがありました。彼らはアメリカの独立記念日をとても大事にするんですが「国の始まり」に対する考え方の違いを感じましたね。 今日はロドスタRFくんの屋根をオープンにして遊んできます。
新入社員が知っておきたい、ブラック企業によくある「要注意フレーズ」4選――新入社員へのメッセージ
文春オンライン
安田 隆之【おっちゃん♡】 自社オーナー社長兼PEファンド雇われ社長兼ŌGIRI☆倶楽部主筆
内容に異論はないのですが。 入社式のタイミングで今さらそんなこと言われても・・というのが正直なところではないでしょうか?面接ハウツーを教えるのもいいんですけどわたしは大学の就職部のセミナーだとか就活塾でこそこういうブラック企業を見抜く技を伝授するべきだと思うんですよ。 たとえば大学の就職部の掲示板に張り出されている「求人票」。企業もさすがに求人票には堂々とウソは書けない(罰せられます)。この記事の各例に限りません。そもそも求人票の見方も自分たちの権利も就活生は知らないんです。 たとえば「みなし残業制」で無制限に残業させられたりしないか。「1か月単位の変形労働制」で「週休2日制」と求人票に書いてあったときに「最悪のケース」を想定して自分の勤務形態を読み取ることができるか。あるいは「1年単位の変形労働制」はどうか。さらには「裁量労働制」の「専門業務型(みなし時間制)」と「企画業務型」はどうか。 あるいは従業員の平均年齢と勤続年数からその企業の若年層の退職率を読めるか。そして自分が退職しようとするときに自己都合退職の雇用保険の待機期間を知っているか。最後にもしも会社と揉めたときに誰に相談に行ったらいいか。その相談に行く際にどんな資料や情報を持っていけばいいのか。 そういうことをすべて承知のうえで就活生が就職するのはいいんです。創業者の「5年でマザーズ上場!」という威勢の良い掛け声に感銘を受けて渋谷の雑居ビルの一室のスタートアップ企業で昼も夜もなくがむしゃらに働く。これはこれで構わない。 でもそれを知らずに入社して長時間働いて休みもなくてボロボロになって身体も心も壊して辞めようと思っても雇用保険もすぐにはもらえないから生活が維持できない・・そういう事例を増やしたくない。 就活生ができるだけブラック企業に近づかないように自衛することはきるんですよ。彼らにその知恵を持たせてあげたいと切に願います。
NORMAL