Picks
68フォロー
10931フォロワー
「戦後初の違憲選挙に」 野党が国会拒否に抗議
産経ニュース
清水 誠東京国際大学 教授
「憲法53条は、衆参両院いずれかの総議員の4分の1以上の要求があれば、内閣は臨時国会の「召集を決定しなければならないと定めている。」 法律には不備があるものである。法律で明確に禁じられているものをやったら法令違反であり、必要に応じた責任が問われる。しかし、法律が明らかに禁じていなければ、法律違反は問えない、それだけのことである。しかし、法令違反に問えなくても、法の意図に反しているかどうか良識に問えば、どうすべきかは明らかな場合はある。いつまでに国会を招集すべきという文言なければ、いつまでも国会開催せずにいても法令違反にはならないとしても、法律の意図に合致しているわけではない。私のような法律の素人ではない専門家の中にも、こと更に法律違反に問えないことを強調する人がいるかもしれないが、私には法律の意図に合致しない単なる屁理屈にしか聞こえない。  私には、衆議院の解散権が「首相あるいは内閣の専権事項」とまことしやかに語られることにも、同様に違和感を感じている。解散権は天皇にあるが、日本国憲法の意図からして、それを行使できないものとみなされている。その一方で、内閣が自分達に都合よく解散を決めても、法律によれば手続き上問題はないとされる。私は内閣が選挙情勢上の都合で解散を決めるとすれば、それは憲法の解散権には意図されていない乱用だと思う。
5Picks
マネタリーベース、8月平残は657兆円 過去最高の更新続く=日銀
Reuters
清水 誠東京国際大学 教授
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
“対面授業行われず”学生が明星大学を提訴
日テレNEWS24
清水 誠東京国際大学 教授
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1Pick
NORMAL