Picks
21フォロー
11295フォロワー
テスラ車、半自動運転中に追突か 米当局が調査
共同通信
桃田 健史ジャーナリスト
事故時の写真など、現地メディア報道を見る限り、事故はフリーウエイではなく一般道で発生。かなりの速度から、前方停止車に対して、完全停止できるかどうかは、たとえ装備機能が適格に作動したとしても、衝突被害軽減という装備機能の本質から考えて、かなり無理がある。 こうした、ADAS(先進運転支援システム)を、自動運転とは呼ばない、という議論もある。 だが、今回のケースは、明らかに自動運転中に起きた、と表現するべき。 なぜならば、レベル1とか、レベル2といった自動運転を軸とした表示を、 世界各地の政府や警察当局、そして自動車関連での法規と技術案件について標準化・基準化を目指す国連・欧州委員会での各ワーキンググループでの協議で使っているからだ。 半自動運転という、今回の共同通信の表示も、けっして不適切とも言えない。 自動運転について、社会受容性が大きな課題であることは確か。 一方で、自動車業界含めて、各種自動運転の早期量産化を急いでいること。その必要性について、業界全体で「一度立ち止まって」考えてみるべきだと思う。 これは、私が定常的に自動車メーカー、および自動車部品メーカー大手の経営陣、自動車運転関連技術の開発責任者、そしてエンジニアらと、かなり踏み込んだ議論を直接している中で、強く感じることであり、常々、こうした皆さんに問いかけている言葉である。
53Picks
NORMAL