Picks
71フォロー
141フォロワー
菅首相、自宅療養の新方針撤回せず 「丁寧に説明する」
産経ニュース
岩崎 剛典コンテンツ工房テクスチュア 代表
この問題については、賛成反対のどちらが正しいか、私は知識も経験も不足しており、分かりません。 ただ、ここまで問題視される大きな原因は、首相の説明の下手さ、メッセージ発信スキルの低さがあると思います。 実際に会見映像を見ると彼はほぼ表情が無く、ボディランゲージも皆無と言って良いでしょう。 さらに発する言葉も曖昧で抽象的なものが多く、そのくせ定型的表現も多く、視聴していて苦痛を感じるほどです(まあ私は人の話を聞くのが苦手なのでちょっと点が辛いですが)。 首相のメッセージ発信能力の欠如に加えて、理由はわかりませんが、支えるべき閣僚や官僚が、やるべきことをまるでやっていないようにも感じます。つまりチームとしてに政府が機能不全を起こしており、それによって行政システム全体も極端に能力が低下しているのではないかと懸念しています。 菅氏個人の、他者からの意見を退ける資質と、日本の行政の持っている縦割りや教条主義といった弱点が、最も悪い時に最も悪い形で現出してしまったのではないでしょうか。 コロナ禍自体より、対応できる柔軟さを欠いた行政システム、および野党政治家の紋切型批判、マスコミの定見の無い報道、そしてネットの混沌とした現状。 こうした現状を勘案すると、以後どのような対コロナ政策も、どんどん機能しなくなっていくのではないかと感じてしまいます。
179Picks
日医など9団体が緊急声明「感染爆発避けるため、危機感共有を」
毎日新聞
岩崎 剛典コンテンツ工房テクスチュア 代表
危機感の共有は大切ですが、緊急事態宣言を全国にという意味が分かりません。反対です。理由は、現在の政府や官僚ではそれを機能させ感染を抑え込む施策を実行する能力がなく、混乱だけが拡大すると思うからです。 現在でも結局は飲食店の時短営業と大規模なイベント中止など、すでに効果が薄くなった対策が中心ですから、ここで対象を全国に拡大してもどれほどの効果があるでしょうか。 一方で経済的ダメージは計り知れません。特に小規模事業者は、ヘタをすると壊滅的打撃を受けるのではないでしょうか。 しかし、全国規模での緊急事態宣言について反対する理由の最大のものは、現在の政府によるコロナ対策に不信感が拭えないからです。感染者の激増は前から予想できたことなのに、「人流は減っている」という言葉だけで何もしてこなかった現政府と官僚の、一体どこをどうすれば信頼できるというのか、私には分かりません。 そして続々出る政治家の愚行。野党も含め全ての政治家が実は国民に馬鹿にされつつある状況ではリーダーシップの発揮のしようがありません。 医師会の中川会長も、確か会合出席が暴露されて批判されました。どうしてあの時に辞任しなかったのか。そんな人に何を言われても、白けてしまうのは私だけではないでしょう。 こんな状況で全国に緊急事態宣言を出したところで、ただ混乱がさらに拡大し、休業補償も滞り、おそらく私たちが感じている不信は軽蔑や絶望へ変わってしまうでしょう。
125Picks
小山田圭吾さん 五輪開会式の楽曲担当辞任 過去に同級生いじめ
毎日新聞
岩崎 剛典コンテンツ工房テクスチュア 代表
私も中学時代虐めにあって、今でも彼らを許していません。一人は家業の会社を潰し、もう1人は大病を患いました。それでも許していません。ザマアミロとさえ思っているしそう思った自分を反省することもありません。 だから小山田氏が責任を取る云々については、個人の覚悟であるし、良いとも悪いとも言いません。 ただ、どうして誰も検証しないのか。 若い頃は露悪的自慢をしたがるものです。その際に話を何倍もにしたり、他人がやったことをさも自分がやったように言ったりするものです。 だから小山田氏がいくらインタビューで話して、謝罪もしたとしても、それだけで公に糾弾する、特に政府関係者がなんだかんだ言うのは、それは筋が違います。 誰か調べたのか。本当に小山田氏が話した通りなのか。被害者や家族、当時の友人や教師に調査したのか。 した上での批判糾弾であれば、まず仕方がないところでしょう。だがしたのか? 調べたのか? それは私が知らないだけでしょうか? 私がバカなのでしょうか? それとも調べもせず情緒的に騒いでいるだけなのでしょうか? 一般人やネット民の話ではありません。小山田氏を批判している官房長官など政府首脳陣のことです。 批判しないまでもなぜ調べないのか? 文科大臣はただ座って曖昧な表情を浮かべています。彼は動いたのでしょうか? 1ミリでも身体を動かしたのでしょうか? 小山田氏のやったことは本当であれば許せない行為です。 だがそれとは別の意味で、もし私の懸念が現実であれば、それは(大仰かも知れませんが)政府の知的退廃が遂にルビコン川を渡った証拠であるとさえ、私は考えています。
611Picks
NORMAL