Picks
426フォロー
33165フォロワー
ソプラノ歌手・森谷真理さん「私は、音楽と言葉で『何か』を伝える道具」
読売新聞
武井 涼子グロービス経営大学院大学/二期会 教授/声楽家
真理さんが主演されたドレスデン歌劇場はイタリアやフランスと並んでオペラが盛んなドイツの中でも格式最高の歌劇場の一つ。そこで蝶々さん…定番作品に近いオペラ…のタイトルロール(表題役)を歌われたのは快挙です。彼女はアメリカのマネス音楽院のご出身で、アメリカ最大のコンクール、メトロポリタン・オーディションでファイナリストとなり、今世界である意味最高と言ってよい歌劇場、メトロポリタン歌劇場に2008年に魔笛の夜の女王役でデビュー。その後ドイツで劇場付きの歌手を経てフリーで活躍されたあと日本に帰国されました。 アメリカの音楽教育は本当に言葉を大事にします。今やオペラ教育のメッカはアメリカ。イタリアに留学してもアメリカ人に習うほどです。今年は2年ぶりに7月24日からメトロポリタン歌劇場の副指揮者7名のうち2名が来日して、東京で第8回TIVAA、プロのオペラ歌手のためのワークショップが展開されます。本場の教育を受け、自分の学びのために真剣に歌う歌手はものすごく熱量が高い。8月5&6日のコンサートももちろんですが、どうやって曲を作り上げていくのかをショウとしてお見せする公開マスタークラスも聴衆が聞く耳を養うのに最高ですのでお見逃しなく!
4Picks
NORMAL