Picks
113フォロー
118フォロワー
香港高裁、抗議デモで歌われた楽曲の禁止認めず-政府の申請を却下
Bloomberg
小勝 周東京外国語大学院 博士前期課程学生
同記事の原題は「Hong Kong Loses Bid to Ban Protest Song in Free Speech Victory」であり、「表現の自由の勝利」としています。  プロテストソング「Glory to Hong Kong」は2019年の抗議運動の際、ある若者によって作曲され、デモを象徴する曲として歌われてきました。  2020年の国家安全維持法施行後は、同プロテスタントソングを公の場で歌う・演奏することは萎縮されてきましたが、街中のストリートミュージュンが突然、演奏をしたり、エリザベス女王が逝去された際、香港の英国総領事館の前に市民が集まり、この曲を歌うなど、「静かなる抗議」の手段として使われてきました。  同時に、この曲は2019年の文脈の中で、デモ隊にとって「新らしい国歌」のような側面を有していました。そんな中、コロナ禍が明けた2022年以降、香港で様々な国際スポーツ大会が開催されるようになったのですが、大会主催者側が香港代表チームの国歌を中国国歌ではなく、「Glory to Hong Kong」を誤って流してしまう事例が相次ぎました(YouTube でHong Kong national anthemと検索すると、トップはGlory to Hong Kongです)。香港行政政府および「香港は中国の一部に過ぎない」とする北京政府にとってはまさに、憂慮すべき事案であり、7人制ラグビーの国際大会「Seven Stars 」で同プロテストソングが流された際、香港政府は即時、激おこの声明文を公開しました。このような背景もあり、香港政府は裁判所に楽曲の使用禁止を求めたのです。  このように様々な背景があるGlory to Hong Kongですが、裁判所は政府側の申し入れを拒否する対応を取りました。しかし、まだ控訴審が行われることも十分考えられます。今後、同プロテストソング、ひいては香港の自由がどうなっていくのか、私たちは注視してゆく必要があるのではないでしょうか。 ・Glory to Hong Kong https://youtu.be/fPJESCpanq8 ・デモの最中で歌われたglory to Hong Kong https://youtu.be/dY_hkbVQA20
初の国歌侮辱罪案件で禁固3カ月
香港ポスト
小勝 周東京外国語大学院 博士前期課程学生
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3Picks
抗議デモ歌「香港に栄光あれ」 香港政府、使用禁止を裁判所申請
毎日新聞
小勝 周東京外国語大学院 博士前期課程学生
いやー、、、びっくりですね、、、 香港に栄光あれ(glory to Hong Kong)は2019年、ある若者によって作成され、多くのデモの現場で歌われてきました。 「シン・国歌」なんと言われるように、デモ隊にとっての国歌のような側面を有していたと指摘されることもあり、体制側は常に警戒感を持っていました。 このglory to HKは近年、2019年以外の様々なシーンで注目されており、例えば故エリザベス女王が逝去された際、香港の英国大使館前に多くの市民が集まり、この歌を歌いました。また、Seven Starと呼ばれる7人生ラグビーの国際大会にて、香港側の国歌が中国国家ではなく、glory to HKが流されたという出来事があり、香港政府が即時、激おこの抗議文をweb上に公開したことなどもありました。 2020年の国安法施行以降、公の場でこの歌を歌ったり、演奏するという行為は萎縮されてきました。しかし、そんな中でも、街中のストリートミュージシャンが突然、この曲を演奏したりと、音楽を通した静かなる抗議が行われてきました。 しかし、歌を歌う自由、そんな自由すらも香港から奪われていこうとしています。 民主はないが自由はある、そんなふうに謳われてきた香港。私たちはあと何回、大切なものが香港から失われてゆくことを見続けるのでしょうか?
2Picks
香港紙「時代論壇」に天安門事件追悼の祈祷文 牧師、神学者含む360人が賛同署名 2023年6月4日 - キリスト新聞社ホームページ
キリスト新聞社ホームページ - 「キリスト新聞」1946年創刊。キリスト教界の最新ニュースをお届けするキリスト教メディアサイト。教会・牧師・信仰・カウンセリングについての情報満載。キリスト新聞のご購読申し込み受付中!「キリスト新聞社の本」好評発売中!
小勝 周東京外国語大学院 博士前期課程学生
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2Picks
NORMAL