Picks
1306フォロー
36728フォロワー
TOEIC730点超なら試験免除「教員争奪戦」激化で
朝日新聞デジタル
小宮山 利恵子スタディサプリ教育AI研究所所長、東京学芸大学大学院准教授
文科省によれば、直近2019年度の公立小学校教員採用試験の平均倍率は2.7倍で過去最低。TOEIC等の試験結果によって通常試験の一部免除とのことですが、教員試験以前にそもそも「教員の仕事がブラック」というイメージが定着してします。そのため、そこを払拭すべく教員の働き方改革をする必要があるのではと考えます。と、同時に、教員の役割の明確化も必要です。 マージナルゲインの法則というものがあります。問題・課題が発生した時に、表層的なものを見るのではなくインサイトまで考えて、少しずつでも改善していき、最終的には課題を解決するという考え方です。 例えば、アフリカで子どもたちの学力低下が著しいという報告があった際、効果があったのは教科書を配布するのではなく、駆虫薬を各家庭に配布することでした。寄生虫によって子どもたちがやる気自体奪われており、それを解決することで学びや通学への関心を高めるといった効果が認められました。 ちなみに、TOEIC900以上私は持っていますが、テストで良い点が取れるのと実際に運用・活用できるのとは別です。TOEICに限らずテストはテストなので、受験回数を重ねる程出題傾向に慣れ高得点を取りやすく、また、ある程度テクニックで解ける部分もあります。
167Picks
NORMAL