Picks
47フォロー
3フォロワー
コロナ禍で急増している「未経験IT就職」の実態
東洋経済オンライン
小笠原 豊和おおた開発効率化プロジェクト 代表
そもそもITとは何か、正しく認識されている人はどれだけいるだろうか。Information Technologyの略で日本語に訳すと情報技術となる。 大多数の方々はデジタルTVやら、インターネットやら、ITSやら、スマホやら、漠然としたイメージをされると思うが、ITがカバーする範囲は実はとてつもなく広いのが現状である。 開発であれば、商品構想→基本設計→詳細設計→実装→単体テスト→統合テスト→システムテスト→商品テストの工程があり、それぞれの工程で必要な専門技術が必要だし、生産以降も生産→販売→運用・保守→廃棄、とやはり各工程において専門技術が必要である。 ITを特別視されている方がいれば、それは大きな間違いである。他の技術領域と同列に扱うべきである。 そもそもITは情報をどのように活用して社会の諸課題を解決いていくか、が根本にあって、これらの解決手段としてインターネット、ITSなどの要素技術があることを忘れてはならない。 日本はIT後進国と言われているが、実はITに対する認識の差が各人で非常に大きいのが本当の問題ではないか。そこには、幼少期からのIT教育の遅れも含まれており、国全体として他人事として扱わず、自身の問題として認識することが重要である。
298Picks
NORMAL