Picks
164フォロー
898フォロワー
「私、メンタル強いから」はもうやめよう。メンタルには強いも弱いもない。あるのは個人の中でのグラデーション
ハフポスト日本版
松田 琢磨拓殖大学商学部国際ビジネス学科 教授
この記事を読んで思ったのは,アカデミアのことでした(※).世の中にはどうしても生き残った人の意見ばかりが出てきますが,一度振り落とされた私としては”publish or perish”の,perish側をどうしても想像してしまいます.「生き残れなかった」人であっても,消えた後に生き続けなければならないわけですから. (※ たぶん,記事で挙がったサイボウズ以外の多くの企業や役所も当てはまるでしょう) パワハラ型の指導教員や体育会系の研究室に当たらなかったとしても,大学院生やポスドクの方を中心にメンタルを潰されてしまう事象は,研究者の方ならまず一度は見たり,話に聞いているでしょう.私も大学院でもメンタル潰されてしまったり,時に命にかかわる事例も聞きました.どうしても論文が書けなかったり,テニュア付きの就職ができなかったりすると「自分が無能ではないのか」とさいなまれやすくなりますし. こういう方々が調子を損なったままで再出発するのは難しいですし,潰されるリスクがゼロではこれが日本の研究や経済活動を阻害しているというのは強く思います.いい大学を出て官庁やらいい企業に入った方でも同様でしょう.「メンタルヘルスの問題を放置すると莫大な経済損失を生むリスクがある」ということですね. 振り落とす側が寄り添う必要はないと思いますし,寄り添うこともできない(そういう人だから競争に勝てている側面はありますし)と思います.だからこそ適切にメンタルヘルスについての知識が広がって,こういう人たちが適切に対応できるようになっていくこと,社会的な仕組みが確立して広く知られるようになることを強く望みます.それは日本社会にとってもいいことであるはずです.
213Picks
NORMAL