Picks
60フォロー
1135フォロワー
【最前線】「アイドリング中」の脳は何をしているのか
NewsPicks編集部
奥山 輝大脳神経科学研究者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1236Picks
東大合格者の遠回りのようで効率的「理科学習法」
東洋経済オンライン
奥山 輝大脳神経科学研究者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
154Picks
脳インプラント装着の男性、コンピューター通じ「話せる」ように 米研究
CNN.co.jp
奥山 輝大脳神経科学研究者
先日、Neuralinkの「脳にチップを埋め込んだサルが、思考だけでゲームをプレイする」という記事にコメントしましたが、本質的には同様の技術の応用で様々なことが可能になります。 https://newspicks.com/news/5752633?ref=user_6497724 わたし達の脳は普段、「感覚入力(視覚や聴覚など)→脳内での情報処理(思考など)→行動出力(ゲームする、しゃべるなど)」という計算をしているわけですが、その中間にいる「脳内での情報処理」は、多くの神経細胞の複雑な活動で成り立っています。その活動はあまりに複雑すぎて、もはや暗号です。 近年になって、多くの神経細胞の活動を記録する神経科学の技術開発が行われたことと、深層学習を初めとしたコンピュータサイエンスの発展により、この「脳内での情報処理」の暗号そのものにアプローチすることが可能になりました。 ものすごく簡単に説明すると、多くの細胞の複雑な活動パターンを記録し(レコーディング)、そこにある暗号情報を読み解く(デコーディング)することで、脳が何を出力しようとしているのか(ハロー!としゃべりたいのか、ゲームでどう操作したいのか)を人間にわかる形で解釈できるようになったわけです。 とは言っても、まだ記録できる領域は多くても数領域(そのなかにも無数の神経細胞がいるわけですが…)で、現状の課題の一つは「果たして、脳内の数多ある神経細胞のどこまでを記録できるのか?」です。きっと、同時に記録できる領域が拡張すれば拡張するほど、紐解ける暗号はより複雑になり、記憶などの高次情報までもがスコープに入ります。 もう一つは、これまでは「情報処理→出力」に注目していたわけですが、「入力→情報処理」の方は制御できるのか?です。ここが可能になると、脳に人工的な感覚情報を入力することができるので、まさにマトリックスやソードアートオンラインの世界が可能になります。 わたし達の、思考も感情も行動も何もかもが、脳によって作り出されています。極論すれば、そう考えるこの思考でさえも脳が作り出しています。これから数十年で神経科学とコンピュータサイエンスがどのように協調的に発展していくのか、想像するだけで胸躍ります。
217Picks
ゲノム編集研究「登録制に」…WHO諮問委 通報制度推奨
読売新聞
奥山 輝大脳神経科学研究者
「普遍性」があると信じられてきたゲノム情報もCRISPR/Cas9の登場で、様々な動物種において簡便に書き換えられる時代となりました。その影響は当然ヒトにも及び、中国の賀建奎博士によるデザイナーズベイビー作成のニュースは記憶に新しいところと思います。それでは、どのようにして研究者コミュニティは、このような「研究者の暴走」を食い止めているのでしょうか。 研究の倫理的制約は、国の法律に従うだけでなく、所属機関(大学や研究所など)の規定するガイドラインを遵守し、さらに詳細な実験倫理面については所属機関の設置する倫理委員会の審査を通過する必要性によって担保されています。 さらにPracticalな面を挙げると、倫理規定は主に「研究予算獲得」と「研究論文発表」という側面で暴走を食い止めているとも言えます。どんな予算、どんな論文ジャーナルにも、必ずどのような倫理審査を通過しているかを明確に記載するコーナーがあり、その記載が不十分だと一発レッドカードで退場です。 ただ逆説的に言えば、「遵法的に倫理委員会を通過した」場合、このような抑止力が機能しなくなります。もっと具体的に言えば、アメリカよりも中国の方が一般的に倫理規定の制約は弱く、アメリカの研究者が行えない一部の研究が、中国でならば行えるという状況が続いてきました。 今回のWHOでの「登録性」、すなわち倫理規定の画一化は非常に有用だと思いますし、この流れに各国教育省や、Elsevier、Springer Nature、Cell Pressといったトップジャーナルを抱える出版社をどこまで従わせられるかが、実効性のキモになるように思います。
72Picks
突出した記憶力や数学力もつ「ギフテッド」 支援を検討
朝日新聞デジタル
五輪会場で飲酒禁止、販売も断念 組織委、コロナ対策で判断
共同通信
アルツハイマー薬、米で承認=世界初、エーザイが共同開発
時事通信社
奥山 輝大脳神経科学研究者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1032Picks
【山口揚平】教育で一番大事なのは「教育しないこと」
NewsPicks編集部
奥山 輝大脳神経科学研究者
成長のために、ロールモデルとなる「マスター」と、何でも相談できる「メンター」を作るというアイディアは、とても刺さるものがありました。 日本人は一般的に、「マスター兼メンター」のように、シチュエーションによって二つの顔を切り替えるのが苦手なので、確かにいっそのことモデルを二人設定する方が良いのかもしれません。(欧米の場合は、真面目な仕事の話をしていた直後に、突然笑顔になり、「Teru、ところで…」とプラベートの話を切り出される事がよくあります) また、メンターの連鎖という考え方にも納得です。研究業界においても、「ノーベル賞受賞者のラボの弟子からは、さらなるノーベル賞受賞者が出やすい」という傾向があります。 昨日の「天才性シリーズ前編」へのコメントの続きになりますが、私の前ボスのノーベル賞受賞者の利根川進先生は、腫瘍ウイルスの発見でノーベル賞を受賞したリナート・ダルベッコ先生の弟子で、どちらのラボからも多くの著名な研究者が生まれています(おそらく、細胞培養の経験がある研究者のなかで、赤い培養液の「ダルベッコ試薬」を使った経験がない方はいないはず)。 日本の教育機関では「教育者に対する教育」は主に、「ハラスメント防止」などマイナス面へのケアに主眼が置かれていますが、これからは「メンターシップ」のようなプラス面に対するレクチャーをシステマティックに行うべき時代なのかもしれません。
1149Picks
NORMAL