Picks
2フォロー
1323フォロワー
異常な円安をすぐ止めるにはどうすればいいのか
東洋経済オンライン
山岡 浩巳フューチャー株式会社 取締役兼フューチャー経済・金融研究所長
小幡先生の通常のご見解は理論的にも傾聴に値する点が多く、また、今回敢えて極端なご意見を述べておられるであろうことを承知の上で、元オペレーション担当の立場から、いくつか申し上げます。 まず、本来オペは金融政策上、極力透明に、恣意性を排して行うべきものです(中銀界では「オペが口を効いてはいけない」と言います)。金融政策は政策委員会が決定すべきものであり、あくまで事務方であるオペレーションデスクがオペのタイミングだけでなく、介入の金利水準まで勝手に判断してしまうことは、政策の透明性を損なうだけでなく、政策への民主的コントロールの観点からも大きな問題を孕みます。 また、「10年物金利ペッグ」は、理論的には「短期金利ゼロを10年間約束する」ことに近い(だからこそ出口が困難でありどこの中銀もやりたがらない)わけで、そこからの出口を考える上で、年限を「短縮化」(10年→5年→2年)してはどうかという意見が出るのは、理屈の上ではわからなくもありません。一方で、日本の国債市場は10年カレント物の流動性が圧倒的に厚く、他の年限の流動性は相当に低いため、年限を短縮化していった場合、イールドカーブが不安定化するリスクが大き過ぎると思います。 また、「インザマーケット」で政策を実施する金融政策当局として、示した政策枠組みの中で市場参加者が利潤最大化を目指す行動を採ることも、当然予想すべきことといえます。中央銀行の政策目的は物価の安定であり、特定の投機筋をペナライズすることではありません。
332Picks
「インフレはサプライズ」どういうこと?
NHKニュース
サマーズ氏、FRBは高インフレの重大さ認識を-景気後退リスク
Bloomberg
山岡 浩巳フューチャー株式会社 取締役兼フューチャー経済・金融研究所長
サマーズさんの指摘はもちろん尤もですし、自らの債務として通貨を発行している中央銀行の責務がその価値の安定(→物価の安定)であること自体は、広く共有されていると思います(デュアルマンデートとされる米国も、中長期的な雇用最大化は物価安定を通じて実現されると説明されています)。 サマーズさんの指摘でより複雑な論点を含むのは、中銀の物価予測です。世界的に中銀が物価予測を数値で出すようになったのは比較的最近のこと(日本は2000年)です。これにはもともと、以下のような課題が意識されていました。 一つは、短期金利操作という政策手段を持つ中銀が「インフレが続く」という情報発信をすれば長期金利に上昇圧力をかけかねないため、そういう情報発信はしにくいのではないかという論点です(もちろん、だからといってバイアスのかかった予測を出していると、中長期的に予測への信認を失ってしまいます)。 もう一つは、民間も中銀も予測は間違えるということです。今回の米国でも、多くの民間も予測を間違えたわけですが、民間はしばらく黙っているという手を使えても、当局者はそういうわけにはいきません。 これらへの特効薬がない中、「中銀は自らの予測の不確実性も良く説明した上で、政策対応の側で十分な機動性を確保すべき」と誰もが言いますが、これ自体決して簡単ではありません。サマーズさんはこれらの論点はもちろん全てご存知のはずで、痛い所を突くなあと感じました。
22Picks
NORMAL