Picks
5フォロー
129フォロワー
ノーベル物理学賞に真鍋淑郎氏 二酸化炭素の温暖化影響を予測
NHKニュース
髙橋 和京都大学大学院 理学研究科
海洋と大気を結合した物質循環モデル、二酸化炭素の上昇が地球温暖化に影響することは容易に想像できますが、これを定量的に予測することは困難を極めます。 二酸化炭素の排出は人為起源に限らず、自然活動でも多くの循環が見られます。一体どんな理論で循環モデルを作ったのか、非常に興味惹かれるところであります。 わかりにくいかもしれませんが、私はとてつもなく興奮しています。 地球温暖化は割と惑星の中で自然な変動であり、温暖化はしていないという意見を持つ人というのはやはり一定数いるそうです。そのために何年も繰り返して世界中で気候を観測することで実態を捉えようという試みがなされてきたわけです。そしてそういった観測結果は紛れもない事実なわけで、どうしようもなく「地球の温度は上昇しているらしい」結果を導いています。ですが、温暖化は局地的に見れば寒冷化を引き起こす場合もあり、それが余計に温暖化の直感的理解を妨げる結果を生んでしまっているんだと思います。地球温暖化に興味がある人や懐疑的な人は是非とも調べてみてください。気候変動のレポートは定期的に出されています。それこそ温暖化に関係ないのではないかと思わないでもないような詳細まで調べられています。温暖化の原因があるから、それをなんとかすればいいよね、なんていう簡単な話ではないことだってわかるはずです。私たちの生活になくてはならない水すらも温暖化を促進させてしまうんです。
709Picks
NORMAL