Picks
0フォロー
39フォロワー
自分の存在意義と成長が実感できる場所、マッキンゼー
松本 拓也マッキンゼー・アンド・カンパニー(パートナー、マッキンゼーデジタル所属) パートナー
マッキンゼー・アンド・カンパニーでデジタル部門のパートナーを務めている松本拓也です。弊社ではデジタル変革(DX)の本質を「全社的な企業文化の変革」として捉え、クライアントトップの経営課題を解決するために、戦略の立案に留まらず施策の導入をハンズオンで支援させていただき、売上・利益など目に見えるインパクトをもたらすことに尽力しております。この1年間で日本を含むグローバル全体で1,200社のDXを支援させて頂きました。 多くの日本企業においてDXは道半ばの状態です。停滞、あるいは頓挫しているケースも少なくありません。その背景には日本企業に共通するいくつかの課題が足枷となって阻んでいることが影響しています。その一方で、アフターコロナと空前のDXブームという現況は、日本の失われた30年を取り戻すための大変革を断行する最大の機会が訪れているとも言えます。 この最大の機会に、全社変革という難題に対してデジタルコンサルタントとして我々と一緒に挑んでいただける仲間を募りたいと思い、今回の記事を出させていただきました。ご興味ある方は是非応募していただければと思います!
501Picks
NORMAL