Picks
28フォロー
1647フォロワー
【メディア規制】消された「中国版note」
NewsPicks編集部
遠藤 直紀株式会社ビービット 代表取締役
もともと、中国で民間企業が情報発信をしようとすると、厳しい監査を受け、承認を受ける必要がありました。 しかし、その中でも、TikTokのバイトダンスが抱えるニュースアプリ「今日頭条」などは、たまにバンされながらも、逞しく巨大な中国市場に情報を提供してきました。 上海など中国の大都市に在住する日本人向けの情報誌も、民間企業が運営してきました。 ・上海ジャピオン https://shvoice.com/ 今回の新規制は、これまで可能だった民間資本が、情報発信をできなくなるような厳しい内容になっています。 ・非公有資本はニュースの取材、編集、発信業務に従事してはならない ・ニュース機関への投資、設立、経営を禁止する。通信社、雑誌社、テレビラジオ局、テレビラジオ制作者、インターネットニュース企業などを含む ・経済、軍事、外交、重大社会、文化、科学技術、衛生、教育、スポーツ、その他政治関係、世論や価値観の動向にかかわること、事件の実況配信などの事業に関与してはならない ・海外事業者の発表したニュースを輸入してはならない ・ニュース世論領域におけるフォーラム、サミット、表彰イベントを開催してはならない 自由な発言ができることを当然視している日本人にとっては、信じられない規制です。今後、この規制強化が中国社会にどのような影響を与えていくのか、しっかり把握していきたいです。
205Picks
三菱商事発のMCデータプラス、知られざる“ユニコーン級"バーティカルSaaS企業とは
ITmedia ビジネスオンライン
NORMAL