Picks
57フォロー
65フォロワー
田中康夫氏が横浜市長選出馬表明 IR誘致に反対
共同通信
神田 雄大Office Kanda
政令指定都市としては今、日本で一番大きいのが横浜市かな? 正直、神奈川県知事より裁量があるかもしれない横浜市長。 その選挙となれば、宣伝効果はある。 後に国政に進んだ市長も過去にいる。 でも、ゴーン氏の弁護士の郷原氏まで出てきて、市民としては正直、悪い夢をみているようです。 自公はもう林文子・現市長を支持しないとはっきりさせています。 小此木で一本化。 野党はもうめちゃくちゃ。 場末感がひどくて選挙に行く気が失せました。 IRのことより、パーソナリティで一番ましなのが、小選挙区では選挙に弱いけど、お父さんの地盤をついで国政一筋でやってきた小此木が相対的によくなる。 選挙弱いけど、スキャンダルもほぼない(ないことはないが)。 一応、通常国会が終わったところで衆議院議員も辞めて立候補して筋は通した。 そんでもって、神奈川県のまん延防止は継続。 投票率がかなり低くなる選挙に後から来る候補たちがどんどんしている。 正直、田中康夫にしても、横浜市大のセンセイ、郷原弁護士にしても選挙に負けて失うものがない。 どこまで本気なんやらと。 小此木は市長選、落っこちて秋の衆議院選挙で再度、立候補できるかと言ったら、まずできない。 法律的にはできるけど、そこまで自民党が党として甘くはない。 追記: 今回の図式が見えてきた。 港湾のドンと小此木の実家が仲が良い。 港湾関係者に利益をもたらさないIRは小此木にしてもおいしくない。 菅総裁も自分の選挙区に近いところで港湾関係者を敵に回したくないから、渋々、IR反対に向いた神奈川県連を許さらざるを得なかった。 あと郷原弁護士もゴーン氏の件があるから日産関係が多い港湾部では票を取れないことがわかっての出馬表明。 なんか、グダグダな選挙。 港北NT市民、田園都市線沿線市民なんかにすりゃどうでもよくなるわ。 IRと言うより港湾の縄張り争い。 田中康夫は内陸部の港湾と関係ない市民の票を当て込んでいるだろうけど。 ただ、それで市長になっても港のことをわからない市長なんて、議会をおさめられない。
31Picks
NORMAL