Picks
129フォロー
2981フォロワー
入社1年目で「仕事ができる人」は何をしているのか?
Diamond Online
井上 裕美日本アイ・ビー・エムデジタルサービス株式会社 代表取締役社長
昨年の一年目社員の皆さんもそうですが、今年の一年目社員の皆さんも、対面の機会が減ってしまいリモートワークでの仕事が多いと思いますので、見よう見まねでチャレンジしてみることの機会が少ないかもしれません。 一年目の時に何をしてきたか、(一年目だけでなく入社五年目くらいまでに何をしてきたかでも良いと思いますが)を振り返ってヒントにして情報を発信するということは、入社する立場に立ってみると、とても参考になりますね。 記載されていることに共感でしたが、何でもいいのでお願いされたことは全てやってみる(より好みしない)で、分からなくてもアウトプットを出し反応を示すことが大事で、自分でここまで考えたが分からないなら遠慮せずにどんどん聞いてみるということを繰り返しました。 最初は「分からないことが何か」が、わからない状態ですから、丸投げではなく、ここまで考えたがわからないのだというところまで突き詰めて、そこはスピーディに聞いてしまい1日でわからないことを残さないようにしておりました。 仕事の質を見極める前に、まずはなんでも実施してみる、そして全てに全力でとりかかってみることを始めました。与えられたタスクに無駄なことはなく、なんでもやってみることで、気がつかない間に色々なことを吸収しているものです。 また、リーダーや先輩の話し方、振る舞いもよく見ておりました。これが見よう見真似なのですが、いいなと思う振る舞いや話し方、考え方は自分に置き換えて実践できるか試してみる、そうすると自分色にカスタマイズされるのですが、自分のスキルになっていきます。 多くの人の情報を感じ取り、そこに自分のブレない軸を加えて、自分の価値を出していくといったところでしょうか。お客様から学ぶことも多々あります。 リモートワークで人をみるという機会が少ない中ではありますが、リモート会議の場であったり、チャットやメールなどのコミュニケーションの機会、デジタルツールを工夫して早いうちから色々吸収していただきたいですね。
309Picks
「雑談上手の共通点」三流は喋り続け、二流は聞くに徹する、では一流は?
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
マッキンゼー岩谷日本代表「DX人材不足、社内を見て」
日本経済新聞
井上 裕美日本アイ・ビー・エムデジタルサービス株式会社 代表取締役社長
DXを進めるために様々な業界の客様側もDX人材を必要とされ、構築実現する側も当然必要とします。特にテクニカルな面においては、今までのスキルに加えて変化の激しい技術ですから急務で求められる人財となり得るでしょう。 DXはゴールではなく手段ですので、今の状況を可視化し現段階からどこに向かっていきたいかを、組織全体で理解する必要があります。何をしたいかが曖昧なままDXに向かうのだとなっても、スキルも人材も身につかない状態になります。 デジタイゼーションで、まずはアナログになっている紙などをデジタルデータに。 デジタライゼーションで、組織内、企業内のユースケースを自動化であったりデータ分析により新しい価値体験を実現。 そして、デジタライゼーションを繰り返すことでも実現できますが、企業間を超え、業界を超えたデータの繋がりや組織をも含めた成功体験の繰り返しによる変革にて、デジタルトランスフォーメーションへ。 今どの段階にいて新たな価値を創り出すイノベーションを起こしたいかは、よりダイバーシティな意見と発想が必要となります。どうしてもダイバーシティというと、ジェンダー的な数値目標の達成に目的がいきがちになってしまいますが、真の意味でのダイバーシティの価値を理解し、世代やジェンダー、国籍であったり、様々な多様性を取り込んだ組織にて、経営そのものを考えられる構図を作り上げられるかどうかが勝者となると思います。
195Picks
時間に追われている人へ。「時間不安」を和らげる5つの方法
ライフハッカー[日本版]
コロナ禍就活がキャリア意識にどう影響? 2021年度入社の新入社員に調査
大学ジャーナルオンライン
心理カウンセラーが見た「自己肯定感を味方にできる人の共通点」
PHPオンライン衆知|PHP研究所
NORMAL